2007年度読書総括

Catégories:


あっという間に今年もあと2日! いよいよ年末も押し迫ってきたという感じですね。年々1年があっという間になるような気がしてる私ですが、その中でも12月はさすがの速さです。でも師でも走るんだから、私みたいな凡人は一層走ることになるわけで、仕方ないか。(笑)
さて、Ciel Bleuでは、これが今年最後のエントリになります。最後のエントリは、ブログになってから恒例行事となっている今年度のマイベスト本の記事。(ちなみに2004年度のはココ、2005年度のはココ、2006年度のはココ
2007年度のマイベスト1は、「愛はあまりにも若く」(C.S.ルイス)になりました~。(画像とタイトルが違いますが、同じ本です)C.S.ルイスは何冊か読んだんですが、これは本当に良かった。同じC.S.ルイスで、「マラカンドラ」「マラカンドラ」「サルカンドラ」の別世界3部作も、すごく良かったんですけどね~。
そして2位から5位は、下記の通りです。

2.「湖の麗人」ウォルター・スコット
3.「オシァン ケルト民族の古歌」
4.「ニューヨークの魔法使い」「赤い靴の誘惑」シャンナ・スウェンドソン
5.「ルリユールおじさん」いせひでこ

     

それではみなさま、今年1年間お世話になりまして本当にありがとうございました。来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さいませ。

 
まだアレン・カーズワイルの「驚異の発明家の形見函」の感想をアップしてないんですけど、感想を書くのがすっかり面倒になっちゃったので(笑)、今年はこれで打ち止めにしてしまいます。(そちらの感想も、いずれアップするつもりですが)
2007年度の総読書数は、今の時点で427冊。例年よりも多分50冊ほど少ないです。というのは、今年の秋はなんだかあんまり「読書の秋」じゃなくなっちゃったせい。いえ、本も普通に読んでたし、私にとって「読まない」というのはあり得ない選択肢なんですけど... 読書に対する比重が若干軽くなってたかな、という感じ。で、何の秋だったかといえば、まずは「音楽の秋」でした。去年始めたサックスも相変わらず習いに行ってるし、そちらもものすごく楽しいんですが、家にいる時はまずピアノ。秋口からショパンのワルツをさらってたら、あまりブランクを感じないぐらい指の感覚が取り戻せたので、次は同じくショパンの「別れの曲」を。これも昔やった曲のおさらいなんですが、指が動きはじめたらますます練習に身が入ちゃいました。大体ショパンとベートーベンを中心に練習してたかな。いやあ、ベートーベンの音って今更ながら綺麗ですねえ。弾きながら、うわっ、キレイ... と、妙に感動してしまいました。それも人の演奏を聴いててもあんまり思わないような部分で。(笑)
ああ、またピアノが習いたくなっちゃう。
ということで、クラシックのCDもかなり聴きました。ピアノが入ってるものがメインですが。(でもクリスマスだけはヘンデルのメサイア~♪)
後は物作りを色々と。石けんとか蔵書票とか、そのためのハンコとか。その絡みもあって、今一番やりたいのはカリグラフィー! いえ、本当は子供の頃からずっと興味があるんですが、アルファベットよりもまず日本語の文字を何とかしろとセルフ突っ込みで、一応日本語の字の方を先に練習中... 全然上達してないですけど。そして寒くなってきたら編み物も始めちゃったし。(とは言っても、さすがに時間のやりくりがやりたいことに追いつかないので、どれもまったりペースです)

...ええと、話がすっかりズレましたが...
下に挙げたのは、今年読んだ本のマイベスト、6位から20位までの作品です。いつもよりも若干ですが(笑)、絞れました! この辺りは順位はあってないようなものです。ここに書いたのも読んだ順番だし。そもそも選び方からして、結構イイカゲンですし。(汗)

「ファーシーアの一族」1~6 ロビン・ホブ
「カレワラ」上下 リョンロット編
「吟遊詩人トーマス」エレン・カシュナー
「プークが丘の妖精パック」キプリング
「世界のはての泉」上下 ウィリアム・モリス
「沈める都 イスの町伝説」シャルル・ギヨ
「ギリシア悲劇II」ソポクレス
「マラカンドラ」「マラカンドラ」「サルカンドラ」C.S.ルイス
「柘榴のスープ」マーシャ・メヘラーン
「逆転世界」クリストファー・プリースト
「夢野久作全集1」夢野久作
「雪沼とその周辺」堀江敏幸
「須賀敦子全集」須賀敦子
「1/4のオレンジ5切れ」ジョアン・ハリス
「木苺通信」竹下文子


                             

今年はギリシャ・ローマ系の神話や古典作品、あとケルト神話系の作品、叙事詩を重点的に読もうと思って臨んで、それに関してはまずまずの進み具合でした。読みたい本はまだあるんですけど、絶版本も多いのでなかなか難しいんですよね。続きははまた来年。来年はゲルマン・北欧神話系をもっと読みたいし、今までちょっと我慢していたペルシャ系にもそろそろ手を出そうかと思ってます。これまたどちらの分野も絶版本が異様に多そうなのだけど。
去年から始めたハヤカワ文庫FTの読破計画はあんまり進んでません。今年は主に200番台を読もうと思ってたんですけど、結局50冊ちょっとしか読めてなくて。まあ、これは来年ぼちぼちといきます。このFTが失速した頃からは、新潮クレストブックスを結構読みました。とは言っても既読は既刊本の丁度半分ぐらいなので、まだまだですが。
読了本の中には読み物以外の本は入ってませんし、読み物でも入ってない本が多少あります。たとえば「正史三国志」は拾い読みばかりしてて1冊通して読んでないし、あと、先日戴いた服部まゆみさんの追悼冊子とか...、古いユリイカのアーサー王とかケルト関係の特集記事とか。(これが結構読み応えあるんですよー) 今年買った本で結局読みきらなかったのは、20冊ぐらいかな。でもこのほとんどは北方謙三さんの「水滸伝」なので、まあまあいい感じで読めたのではないかと思っています。(「水滸伝」は、全部出たらまとめて読みます!) あと、たらいまわし企画・第31回「積読の山も誇りと本の虫」で挙げたテニスンの「Idylls of the King」は、まだ半分ぐらい。今年中には読了したかったのにな。来年に持ち越しちゃいました。来年も引き続き頑張りまーす。

| | commentaire(16) | trackback(1)

Trackbacks(1)

2007年度読書総括 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 今年読んだ本は205冊、ここ数年では一番読まなかった年になりました。  本を読 » Lire la suite

Commentaires(16)

四季さんこんにちは
今年は本もたくさん紹介していただきましたが、それ以上に色々とお世話になりました。ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いしますね。
それにしても四季さんのベスト20全然わからないし・・・。しかも
「例年よりも多分50冊ほど少ないです」
「例年よりも多分50冊ほど少ないです」
「例年よりも多分50冊ほど少ないです」
・・・・。むー。
え~っと。一応私は最高記録で360冊ほど読むことができました。かなり四季さんのおかげです♪来年は全然自信ないけど。。。
ではではよいお年をお迎えくださいね★

やぎっちょさん、こんにちは~。
いえいえ、こちらこそ多方面に渡ってありがとうございました。
オススメした本も全部読まれたようで! ありがとうございます。しかも「タルト・タタン」も~。
その時にメールしたかったんですけど、すっかりタイミングを逸してしまいました… すみません。

ベスト20は全然分からなくていいです。多分あんまりやぎっちょさんの好みではないと思うので…(^^ゞ
50冊ねー、その分他のことしてたんですねー。別に冊数はいいんですけど、時間にしたらどのぐらいなんだろう?
読む時間と感想を書く時間だから、結構まとまった時間になりますよね。(笑)
やぎっちょさんも、自己記録更新すごいじゃないですか!
充実した読書ライフでしたか~? 来年もお互いにいい本に出会えるといいですね。

ではでは、良いお年をお迎えくださいね。
来年もどうぞよろしくお願いします。^^

例年より少なくて427冊!?
ひえ~~~。
私はブログを始めてから今まで読んだ本が
ちょうどそれくらいかも…(^^;
それに四季さんがあげていらっしゃるベスト20の中で
読んだことがあるのは「雪沼とその周辺」だけという…
四季さんほどの読書家が1位にあげていらっしゃるのは
どんな本なのか気になります。
ギリシア神話を読んでから読んだ方がいい作品なのでしょうか?
>家にいる時はまずピアノ。
ピアノはいいですよねえ。
私も最近、ピアノ、弾いているので気持ち、わかります。
ベートーヴェンは何をお弾きになるのですか?
私は弾けもしないのに、第九のピアノ譜(リスト版)を
買っちゃいました~。
年末、生放送される東急ジルベスターコンサートは
四季さん、ご覧になります?
>石けんとか蔵書票とか、そのためのハンコとか。
ああ、それも楽しそう♪
蔵書票はどんな感じなのでしょう?
拝見したいです~。
>時間のやりくりがやりたいことに追いつかないので、どれもまったりペースです
ねー、やりたいことがたくさんあるとどれを優先したらいいのか
困っちゃいますよね。
四季さんがおっしゃる通り、まったりやるのが一番ですね。
さて、今年もいろいろとありがとうございました。
来年も引き続き、仲良くしてくださいませ。
それではよいお年を♪

四季さん、こんにちは!
やはり四季さんの恒例のマイベストは気になりますし、結果を拝見しているだけでわくわくさせられますね。
しかしこれだけの冊数を読まれながらさらに他の趣味にも時間を割いていらっしゃるご様子にびっくりしてひっくりかえりそうになりますが、「四季」さんは実は春さん、夏さん、秋さん、冬さんの四人の女性によって構成されるユニット名なんだと気づいちゃったわたくしです。
来年もご活躍楽しみにしておりまするー^^

四季さん、お久しぶりです~
今年はケルト系でお世話になりました。
「顔を持つまで」が1位なんですね。読んでみようかなぁ・・・色々な方の1位を読んでみるのもおもしろそうですよねー
また来年もよろしくお願いします♪

こんばんは。先日は、年末の御挨拶に来てくださってありがとうございます!

今年は音楽の秋でしたか~。
サックス習われているんですか、すごいですね!で
しかもピアノまで!うちは、ピアノ、もう手入れしていないので、まともには使えなくなって、もったいない状態ですー。

それにまだ他の趣味まで。
本当に素敵ですね、四季さんって♪

そんなに多趣味でおられて、
本も400冊以上読まれてるなんて、
すごすぎます!

ベスト本の中で、「ルリユールおじさん」を私も読んでました。
ちょっとうれしかったです。
だって、400冊以上の中の四季さんのベスト本なんですもんね。

では、また来年もどうぞ宜しくお願いします。

四季さん、こんばんわ。
四季さんの読まれる本のジャンルの広さには驚かされます。
私は今年、近藤史恵さんの魅力について教えてもらったのが印象的です。
「タルト・タタン~」や「サクリファイス」は早く読みたいですが、
他のシリーズもまだ読み切っていないので楽しみです。
1年間お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

四季さん、こんばんは~♪
私にとって今年はお会い出来たのが本当に嬉しい出来事でした。

だから、毎年ながらの本当にすごい読書量も、本のセレクトの素晴らしさも、実際お会いした四季さんの雰囲気・・・深い湖の様な静寂と美しさを湛えてらっしゃる・・・だから心から頷けます。
とても尊敬しています。(*^。^*)

LINさんもおっしゃってますが、ベートーヴェンのピアノソナタは何をされたのかしら。
粒立ちが「わ~綺麗!」とおっしゃるのも分かる気がします。
以前、月光の3楽章を「もう一度あの速度で弾きたい」とおっしゃてましたが、それかなぁ・・
テンペストの3楽章が有名ですが、1楽章も私大好きですが・・・
ショパンと言えば、彼のピアノソナタも曲数は少ないですが本当に素晴らしいですよ。
私は3番が好きです。良かったらまた練習してみて下さいね。ベーとヴェンとはまた魅力があります。
音楽の話になってしまいましたが、本のことは来年もいっぱい教えてください。
未読のものが多いので一つずつ参考にさせていただきます。
「カレワラ」は曲が好きです。物語はそれで知りました。紹介されている記事を読ませてもらって読んでみたくなりました。
来年もどうぞよろしくお願い致しますね。
良いお年をお迎え下さい。

>LINさん
1位の本は、確かにギリシャ神話が元ネタなんですが
全部じゃなくても、キューピッドとプシュケーの話さえ知っていれば大丈夫です。
あのね、ギリシャ神話でも北欧神話でも他の神話でも、
多神教の神様たちの姿って妙に人間くさいことが多いじゃないですか。
それもまた1つの楽しみではあるんですけど、この作品では、そういう描き方ではないんです。
ああ、本来神とはこうあるべきだよね… と深く感じ入ったという点で1位になりました。
とは言っても、どんな神が描かれてるのか?という興味で読んでも
実際にはなかなか出てこないので、イライラしちゃうかもしれませんが。(笑)

ピアノは、ほんといいですよねえ。
以前はジャズピアノをやろうとしたこともあるんですが、ジャズはサックスで十分。
ピアノでは、私はクラシックの方が性に合うみたいです。
それだけにジャズピアノが弾けるなんて、もうほんと羨望の眼差しです!
あ、ベートーベンはソナタですよ。「月光」とか「悲愴」とか。
第九のピアノ譜ですか! リスト版となると難しそう~。
でもでも、頑張って弾いてくださいよ~。
私が弾けないのに欲しいピアノ譜は、ラフマニノフのピアノ協奏曲ですねえ。
子供の頃に習ってた先生がラフマニノフをお好きな方で
毎年のように、先生が妹さんとラフマニノフの連弾するのを聞いてたので
別格の憧れの存在なんです。結局1曲も弾いたことがないのですが。(別格だから手が出せないという話も)
東急ジルベスターコンサートはどうしようかな。それよりバイロイト音楽祭2007の「パルジファル」かも。
なんと言っても、聖杯伝説ですし!(笑)
(でも当日はバタバタしてしまって、それどころじゃないような気もします)

えっ、蔵書票ですか。
ええと、じゃあ、先日お友達にクリスマスカード代わりにプレゼントしたものを…
http://ciel.relieur.net/archives/photos/exlibris01.jpg
早速本に貼ってくれたそうで、画像を送ってくれたので。ここに自分で名前を書き込むようになってます。
これは大きめなんですけど、私が普段作って使ってるのは、4.5cm x 6cmぐらい。
5パターンぐらい作って本によって使い分けてます。すっごく楽しいです~。

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
良いお年を♪

>kyokyomさん
おおーっ、気づかれましたか。さすがkyokyomさん。そうなんです、実は4人のユニットなんです!
…って、そんなわけはないんですけど…(笑)
でもそのアイディア、いいですね。今までも「四季1号が本を読んで、四季2号が感想を書いて」なんて冗談で言ってたんですけど
この名前だし、せっかくだから、そのアイディア頂いちゃいます!
「春」が本を読んで、「夏」がサイト管理、「秋」がその他趣味全般、「冬」が実生活関係ということで、よろしくです~♪

来年もどうぞ引き続きよろしくお願いいたしますね。
来年はあんまり記事を削除しまくっちゃダメですよ~。(笑)
良いお年を♪

>のんさん
こちらこそ、色々とありがとうございました!
先日「タネローンを求めて」の感想がアップされてるのを見て
ああ、ムアコックもよまなくちゃなあ、と改めて思い出してしまった私です。
いやあ、読みたい本って後から後から泉のように湧いてくれるので、なかなか読みつくせないですね。(笑)

来年も、こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください♪

>えびすけさん
そうなんですよ、今年はすっかり音楽の秋でした~。
サックスはそれほど長く習ってるわけじゃなくて、ちょうど2年ぐらいかな。
まだ全然上手くないんです。まだまだ思うような音が出ないし…
逆にピアノは小学校から高校の終わりまでやってたんですけど、こちらはブランクが長すぎて。(笑)
でも、拙いなりにも弾いたり吹いたりしてるだけで、すごく楽しいです~。
ほんと1日1日があっという間で、やりたいことが思う存分やれない状態なんですが
でも1つずつ、その時その時で楽しんでやってます。^^

「ルリユールおじさん」、えびすけさんも読まれてましたか!
しまった、絵本のところはあまりちゃんとチェックしてませんでした…
いやあ、このラインナップでこの本を入れるのはどうなんだろう?とも思ったんですけど
やっぱり大好きだったので入れちゃいましたよ。
すっかり宝物状態です。^^

こちらこそ、来年もよろしくお願いいたしますね。
良いお年を♪

>ia.さん
いや、もう濫読というか何というか…
数年前はミステリ一辺倒で、それがしばらく続いてたんですが
3年前ぐらいからファンタジーを読むようになって、それから神話、あとはワケ分かりませんー。(^^ゞ
ファンタジーや神話は子供の頃から大好きだったので、単に戻ったとも言えるんですけどね。循環してるのかも。(笑)
で、ミステリの波が去った時に読まなくなってしまった作家さんも結構いるんですが
近藤史恵さんは、その中で読み続けてる貴重な作家さんの1人なんです。
もうほんと大好きで!
ベスト20には入れませんでしたが「サクリファイス」は本当に良かったし、「タルトタタン」もすごく和むので~
ia.さんもぜひぜひ読んでくださいね。^^

また来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えくださいね♪

>ワルツさん
えええええっ、それはワルツさん、褒めすぎです!!>深い湖の様な
もうほんと、ただの本好きですから~。本のセレクトも単に趣味に走ってるだけですから~。(大汗)
あ、時間のやりくりだけは、ちょっと自信があるんですけどね。それぐらいですよ、取り柄といえば!(笑)
でもでも、ワルツさんにお会いできたのは本当に嬉しい出来事でした! 本当にありがとうございました♪

ベートーベンは、LINさんのところにも書きましたが、「月光」と「悲愴」なんです。
あ、「粒立ち」と言うのですね。1つ覚えました。^^
ベートーベンの曲って、なんだか妙に手抜きを感じることもあるんですけど(笑)、でもやっぱりいいですね。
でも実はまだ仕上がってないという…
これが満足いく出来になったら、ぜひ「テンペスト」も練習してみますね! ショパンのソナタも。
ショパンのソナタは全然弾いたことがないんです。3番ですね。教えて下さってありがとうございます~。φ(.. )メモメモ

「カレワラ」は、曲もとても素敵ですね。
今年はシベリウス没後50年のメモリアル・イヤーだったのに、あまりCDが発売されなくて残念でしたが…
…あ、私が知らないだけだったりして。(汗)
ええと、ワルツさんは確か岩波文庫版の「カレワラ」をお持ちでいらっしゃるんでしたよね…?
その後、読まれましたでしょうか。
慣れないと読みにくいかもしれませんが、読みやすくリライトされたものより、こちらの方がずっと面白いと思うので!
もしまだ読まれてなければ、ぜひぜひ楽しんで下さいね。^^

こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
良いお年を♪

四季さん☆いつもお世話になってます
昨年の四季さんのベストを参考にして読んだ「悪童日記」がわたしの今年のベストに入りました。
今年のベストも是非とも追っかけてみたいと思います。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m

P.S.すいません、トラバするところを間違えてしまいました。(^^ゞ

Rokoさん、こんにちは~。あけましておめでとうございます。
「悪童日記」がベストに入りましたか! それは嬉しいなあ。
でもあれは本当にいいですよね。うふふ。
今年のベストは去年よりもマニアックなのが多いので、どうだろう…って感じですが
それでもきっと楽しめるのも混ざってると思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますね。
トラバ、よければもう一度お願いできますか?
こちらからも送らせていただきます~♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.