「ある家族の会話」ナタリア・ギンズブルグ

Catégories: / /

 [amazon]
トリノ大学の医学部教授だったユダヤ系イタリア人・ジュゼッベ・レーヴィと、ミラノ生まれの母リディアの間に、5人きょうだいの末っ子として生まれたナタリア・ギンズブルグ。ムッソリーニの台頭と共に反ファシスト運動に一家全体で巻き込まれ、そのリーダーだったレオーネ・ギンズブルグと結婚、しかし後にその夫をドイツ軍によって殺されることになった、イタリアを代表する女流作家の自伝的作品。

今年の読書1作目は、イタリア文学から。須賀敦子さんの本を読んでいたら、無性に読みたくなった本なんですが、やっぱり面白かった!
前書きにも、何一つフィクションはないと書いてある通りの自伝的な作品... というか、言ってしまえばナタリア・ギンズブルグの家族の話なんです。ごく普通の家族の話なら、まあ面白い話も1つ2つあるでしょうけど、それほどのものではなさそうなところなんですが、これが面白いんですねえ。行儀作法に厳しくて短気で、自分の嗜好を絶対だと信じていて、山やスキーなど自分が好きなものを家族にも強要する父。一見ものすごく横暴なんですけど、どこかピントがずれててなんだか可笑しい人。そして買い物が好きで楽天的で、いつまでも少女のような母。きょうだいは兄が3人に姉が1人で、父譲りで唯一山が好きになった長男のジーノ、文学者肌で常にお洒落なマリオ、母と姉妹のように仲の良い美しいパオラ、まるで勉強しなかったのに、立派な医者になって家族を驚かせるアルベルト、そしてナタリア。1つの家族の話が淡々と描かれてるだけなんですが、その家族の歴史とムッソリーニのファシズムの時代、そして第二次世界大戦の時代が重なることによって、思わぬ重さを見せることになります。ナタリアの家族も反ファシズムの運動家として警察に追われたり、実際に投獄されたり、彼女の夫となるレオーネ・ギンズブルグに至っては獄死してしまうわけなんですが、ことさらに悲壮感があるわけでもなく、家族の絆の強さを強調しているわけでもなく、ましてやファシズムを攻撃することも全くないんです。あくまでも淡々と描かれていきます。でも、すごく雄弁に伝わってくるものがありました。
ただ、肝心なナタリアのことについては、最低限しか触れられてないのが残念。自分のことはあまり書きたくないにしても、もうちょっと、ねえ、という感じ。レオーネ・ギンズブルグと結婚した後のことについては、もちろん触れられてるんですけど、少女時代のナタリアについてもうちょっと読みたかったなあ。(白水uブックス)


+既読の須賀敦子翻訳作品の感想+
「インド夜想曲」アントニオ・タブッキ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「ある家族の会話」ナタリア・ギンズブルグ

+既読の須賀敦子作品の感想+
「トリエステの坂道」須賀敦子
「本に読まれて」須賀敦子
「ヴェネツィアの宿」「コルシア書店の仲間たち」須賀敦子
「こうちゃん」須賀敦子・酒井駒子
「須賀敦子全集1」須賀敦子
「須賀敦子全集2」須賀敦子
「須賀敦子全集3」須賀敦子
「須賀敦子全集4」須賀敦子
「須賀敦子全集5」須賀敦子
「須賀敦子全集6」須賀敦子
「須賀敦子全集7」須賀敦子
「須賀敦子全集8」須賀敦子

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ある家族の会話」ナタリア・ギンズブルグ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.