「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
マキちゃんはおとうさんとおかあさん、1つ年上のおねえちゃんのマエちゃんと4人家族。横浜にはやさしいおじいちゃんとおばあちゃんがいて、保育園にはおともだちがいっぱい。でもマキちゃんは、おなかのいちばんでっぱったところよりすこし上のあたりに、ときどき、そうっと風がふいているような気がすることがあるのです... という「マキちゃんの絵にっき」と、伊勢英子さんの家にいるのは、シベリアンハスキーのグレイと、プレイリードッグのぶう。ぶうの可笑しくも可愛らしいしぐさや行動を見ているだけで幸せになれそうな、観察日記「ぶう」。

どちらも、伊勢英子さん自身による挿絵がたっぷり詰まったエッセイ集。あ、でも「マキちゃんの絵にっき」は挿絵なんですけど、「ぶう」は絵の方が多くて、エッセイマンガといった方が近いかも。どちらもとても暖かい本です。
「マキちゃんの絵にっき」は、お仕事が忙しいお父さんとお母さん、おねえちゃんのマエちゃん、やさしい保育園の先生たちといった周囲の人々が保育園に通うマキちゃんの視点から描かれています。マキちゃんは、本当はもっとお母さんと一緒にいたいんですけど、お母さんは絵の仕事で忙しいんですよね。もっと絵本を読んで欲しいし、もっと遊んで欲しい... でもそういうのをちょっとずつ出しながらも、それでも引き際を心得ているところが不憫ながらも可愛い~。そしてマキちゃんの寂しさをしっかり感じていて、マキちゃんに悪いなと思いつつも、忙しい時にマキちゃんがぐずぐずしてると不機嫌になるし、おねしょをしていると怒ってしまうし、忙しくなると寝る前の絵本の読み聞かせを省略して、ついつい仕事に没頭してしまう伊勢英子さんの姿も透けて見えてきます。結局、自分のペースでしかいられないんですよね。なんか分かる気がするなあ。
そして「ぶう」の方は、プレイリードッグのぶうの話。リスの仲間のプレイリードッグは、ペストや野兎病などの感染症を媒介するとして現在は輸入禁止となっているそうですが、体長30cmぐらいの薄茶色をした可愛い動物。そのぶうのイラストがこれでもかというほど収められていて、それがまたぶうの一瞬一瞬の表情を見事にとらえていて、むちゃくちゃ可愛い! いかにぶうが伊勢家で可愛がられていたか、毎日の様子を見守られていたか、手に取るように分かります。でも単に「可愛い可愛い」だけでなくて、生き物につきものである「死」をも直視させるところが、伊勢英子さんの本の特徴なのかもしれないな。(中公文庫)


+既読の伊勢英子作品の感想+
「ルリユールおじさん」「絵描き」いせひでこ
「旅する絵描き パリからの手紙」伊勢英子
「グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」伊勢英子
「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子
「カザルスへの旅」伊勢英子
「はじまりの記憶」柳田邦男・伊勢英子
「1000の風 1000のチェロ」「雲のてんらん会」いせひでこ
「空のひきだし」いせひでこ
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ
「大きな木のような人」「ルリユールおじさん」いせひでこ
「にいさん」いせひでこ
「ざしき童子のはなし」「よだかの星」「風の又三郎」「水仙月の四日」宮沢賢治・伊勢英子

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.