「カザルスへの旅」伊勢英子

Catégories: /

 [amazon]
南仏ピレネー山中、カタロニアの小さな村プラドに住んでいたチェロ奏者のパブロ・カザルス。スペインの内戦が激しくなり、一層強くなるフランコの独裁から逃げるように亡命したカザルスは、パリに住むこともできなくなった晩年を、このプラドの村で過ごすことになります。あらゆる権力に背を向け、平和と愛のためだけに弓を手にしたというカザルス。そんなカザルスを追う旅の記録が表題作「カザルスへの旅」。あと、芸大の大学院時代に自分探しのためパリへと飛び出した「パリひとり時代」、絵本を勉強している画学生たちと東北・遠野へと旅立った「もうひとつの旅」、そして幼い子供の頃と再会する幻想的な掌編「はこだて幻想」の全4編が収められた本。

去年の暮れに「ルリユールおじさん」「絵描き」を読んで以来、すっかりハマってしまった伊勢英子さん。続けて「旅する絵描き パリからの手紙」「グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」を読んで、昨日も「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」と読んだわけなんですが、今日読んだのは、今年の始めに掲示板でぽぷらさんに教えて頂いた「カザルスへの旅」。これは、少女時代の伊勢さんのチェロの師であった佐藤良雄氏の、そのまた師であったカザルスに自分も魅せられてしまった伊勢さんが、カザルスに出会うために出た旅の記録。これだけで1冊の本になっているのかと思ったら、他の旅の記録も一緒に入っていて驚きましたが... でも全ての共通項は「チェロ」。そして一番強く印象に残ったのは、やっぱり表題作「カザルスへの旅」でした。

でもこれを読んでいて一番残念だったのが、私がパブロ・カザルスの演奏を聴いたことがないこと! 名前は知ってるし、もしかしたら耳にしたことはあるのかもしれませんが... ちゃんと意識して聞いたことがないんですよね。チェロという楽器もとても好きなのに。演奏を知ってるのと知らないのとでは、きっと感じられる深みも全然違ってくるんだろうなあ... と思いつつ、それでも伊勢英子さんの筆を通して出会ったカザルスに魅了されました。彼の弾いたチェロの音が想像できるような気がしてくるほど。この情景は、伊勢英子さんの絵本「1000の風・1000のチェロ」でも出会うことができるんでしょうね。この絵本は、阪神淡路大震災復興支援チャリティー「1000人のチェロ・コンサート」を描いたものだそうなのだけど。
先に「グレイ」の2冊や「マキちゃんの絵にっき」で、伊勢さんのおうちのことを読んでいたこともあって、この2週間の旅が伊勢さんにとってどれだけ大きなものだったか、痛いほど分かる気がします。結婚しても、2人の子の母親になっても、伊勢英子さんはあくまでも伊勢英子さんでしかいられなかったんですね。夫と2人の子供を置いていくことで実家のお母様にも相当非難されたようですが、それでも行かずにはいられなかった、そんな誤魔化しようもない思いがこの本を通じて溢れ出してくるようです。手作りの旅なので、途中で思わぬ回り道をすることもありますし、時には失敗することもあるんですが、その一歩一歩が大きく光ってるし、旅先で出会う人1人1人がとても印象的。特にクレモナでのマエストロとの出会いには驚かされますが... それ以外の人々もそれぞれにくっきりと鮮やかでした。
やっぱりカザルスの曲を聞いてみなくちゃいけないですねえ。聴くなら、バッハの無伴奏チェロ組曲がいいかな?(中公文庫)


+既読の伊勢英子作品の感想+
「ルリユールおじさん」「絵描き」いせひでこ
「旅する絵描き パリからの手紙」伊勢英子
「グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」伊勢英子
「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子
「カザルスへの旅」伊勢英子
「はじまりの記憶」柳田邦男・伊勢英子
「1000の風 1000のチェロ」「雲のてんらん会」いせひでこ
「空のひきだし」いせひでこ
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ
「大きな木のような人」「ルリユールおじさん」いせひでこ
「にいさん」いせひでこ
「ざしき童子のはなし」「よだかの星」「風の又三郎」「水仙月の四日」宮沢賢治・伊勢英子

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「カザルスへの旅」伊勢英子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

「カザルスへの旅」!遥か大昔に紀行文かと間違って読んで、カザルスが世界的チェリストの名前だと知って驚いた記憶があります。
あの伊勢さんの作品だったんですね!今頃そうと知って、またまた驚いてます。
四季さん、教えていただいてありがとうございます~。
カザルスの演奏は、一度聴いたことがあったような。「これが!」と思って感激した記憶が。

「ルリユールおじさん」繋がりで、私も再読したくなりました。
いま教育テレビ朝のテレビ絵本の後半が「ルリユールおじさん」なんですよ。
確か明日朝の放映が最後回だったと思います。

七生子さんは読んでらっしゃいましたか!
そうなんですよー。あの伊勢さんの作品なんです。
これも素敵な本ですね。
あ、七生子さんはカザルスの演奏を聴かれたことがあるんですね。いいなあ。
私も今度聴かなくては!!

教育テレビの朝のテレビ絵本の番組って、全然知りませんでした!
そうなんだ~、「ルリユールおじさん」をやってるんですか。
調べてみると、色んな方… 幅広い分野の方が朗読されているようですね。
明日が最終回だなんて、いいことを伺いました。
ぜひ見てみたいです。ありがとうございます!!

これ、伊勢さんの著書で最初に読んだ本です(それ以前に挿絵などは
見ていたのかもしれませんが)大学生のころで、楽器を始めていたころで
「カザルス」という文字にひかれて読んだのでした。
そっかー。すでに二人のお子さんがいたのに、おいて(^^;;
旅立ったんだったのですね。そのへんのことはもううろ覚えです。
なんだか、常に何かにつきうごかされるようにして動いている人だな、
なんて思った記憶があります。
文庫で買って手元においてあるので読み返してみたくなりました。
カザルスはやっぱり無伴奏チェロ組曲でしょう♪
あと、小品で「鳥の歌」です。

おおー、これが伊勢さんとの出会いでしたか。
「カザルス」にひかれたとは、瑛里さんらしいです!
そうそう、既に2人のお子さんがいらしたんですよ。
しかもまだ保育園に通ってるような小さい頃だったみたい。
そりゃ、お母様だって色々言いたくもなるでしょうね。
…ここで、「ののしられた」という言葉が使われていて
それが読んでいて実はとてもショッキングでした…
でも行かずにはいられなかった気持ちも、すごく伝わってきて。

カザルスは、やっぱり無伴奏チェロ組曲ですか。
じゃあ、早速それを探してみまーす。
バッハは元々好きなので、とっても楽しみ♪
あとは「鳥の歌」ですね。こちらも探さなくては!
教えて下さってありがとうございます~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.