「こもれび村のあんぺい先生」「にこりん村のふしぎな郵便 」「トチノキ村の雑貨屋さん」「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子

Catégories: /

    [amazon]
つるばら村のシリーズはこれまでに読んだ6冊だけなんですけど、茂市久美子さんの本には「○○村の△△さん」というタイトルが多くって、しかも「ゆうすげ村」といえばつるばら村のお隣の村なので、どこからどこまで関係してるのか分からなくて結局全部借りてしまいました。でもどうやら全然関係なかったみたい。ゆうすげ村の話にもつるばら村のことは全然出てこなかったし、他の3冊も同様。「にこりん村のふしぎな郵便」は、つるばら村シリーズよりも先に書かれてるし、他の3冊もつるばら村の1冊目と2冊目が書かれる間に書かれているので、まだつるばら村の話がシリーズになるなんて全然思ってなかったのかもしれないけど.、なんか勿体ないなー。
この中で一番好きだったのは、こみねゆらさんが挿絵を描いてらっしゃる「こもれび村のあんぺい先生」。これは、都会の大学病院に勤めていたあんぺい先生が、過疎化でお医者さんがいなくなってしまった「こもれび村」のお医者さんになりに行くという物語。絵も綺麗だし、つるばら村の最初の3冊に一番雰囲気が近くて好きでした。「にこりん村」と「トチノキ村」はぐっと対象年齢が下がる感じだし、「ゆうすげ村」はまあいいんだけど、つるばら村の後半3冊と同じような感じ。もちろん元々児童書なので、そんなところに文句を言っても仕方ないんですが(笑)、つるばら村の最初の3冊は大人が読んでも楽しいファンタジーだと思うので、どうしてもそういうのを期待しちゃうんですよね。(あかね書房・ポプラ社・あすなろ書房・講談社)


+既読の茂市久美子作品の感想+
「つるばら村のパン屋さん」「つるばら村の三日月屋さん」「つるばら村のくるみさん」茂市久美子
「つるばら村の家具屋さん」「つるばら村のはちみつ屋さん」「つるばら村の理容師さん」茂市久美子
「こもれび村のあんぺい先生」「にこりん村のふしぎな郵便」「トチノキ村の雑貨屋さん」「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子
「風の誘い」茂市久美子

+既読のこみねゆら関連作品の感想+
「妖精王の月」「歌う石」「ドルイドの歌」O.R.メリング
「夏の王」「光をはこぶ娘」O.R.メリング
「夢の書」上下 O.R.メリング
「空とぶじゅうたん」1・2 新藤悦子・こみねゆら
「こもれび村のあんぺい先生」「にこりん村のふしぎな郵便 」「トチノキ村の雑貨屋さん」「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子
「風の誘い」茂市久美子
「仏蘭西おもちゃ箱」こみねゆら

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「こもれび村のあんぺい先生」「にこりん村のふしぎな郵便 」「トチノキ村の雑貨屋さん」「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.