「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
ラング世界童話集が復刊し始めました!
これはヴィクトリア女王時代に、アンドルー・ラングが世界各地の伝承文学からよりすぐりの作品を子供たちに提供しようと編纂した古典童話集。子供の頃に好きだったんです~。最初に日本語訳を出したのは東京創元社で、これがなんと1958年のこと。その後いくつかの出版社から出されたようで、私が持ってるのは偕成社版。全12巻のうち6~7冊持ってて、未だに祖母の家に置いてるんですが、大人になってから「川端康成訳」に気づいてびっくりだったし、そもそもこういう童話集は大好きなのに、なんで子供の頃に全部買ってもらっておかなかったんだろう!と、後から随分後悔したものです。今からでも欲しいな、なんて思ったりもしたんですけど、気がついたらアマゾンの中古で1冊1万円以上の高値がついてたりして、すっかり諦めてたんですよね。そしたら今年東京創元社から復刊されることになって! これから隔月1巻ずつ刊行されるんですって。嬉しい~。
私が持ってるのはソフトカバーで、しかもその上にぺらっとしたカバーも何もない簡易バージョンで、値段も相当安かったみたいなんですけど(笑)、今回復刊された本を見てびっくり。全然違ーう。表紙の色はタイトルに合わせてあるし、本国のオリジナル版についていたというヘンリー・J・フォードによる絵が使われていて、とても素敵です。

そして久々に読んでみて。いやあ、懐かしい。北欧の伝承童話集「太陽の東 月の西」でお馴染みの話が予想以上にいっぱい入っていてびっくりです。あと多かったのは、オーノワ夫人。このオーノワ夫人についてはあまりよく知らないんですけど、17世紀末のフランスの女流作家。オリジナルの童話を創作していたのか、それとも採取していたのかは不明ですが... どちらかといえば、オリジナルっぽい雰囲気かな。
子供の頃は原典なんて気にせず読んでたし、既に知ってる話も当然のように普通に読んでたんですけど、今改めてそういうのを意識しながら読み返してみると、面白いものですね。この童話集の最初の日本版が刊行された時、日本で手にしやすい作品や日本の昔話を除外して、改めて12冊に編み直されたのだそう。この2冊の巻末を見てみるとグリム童話が全部省かれてて、それもまた私には良かったのかも。いや、グリムもいいんですけどね。でもグリムよりも北欧系の方が好きだったし。
隔月1巻ずつの復刊で、来月には「みどりいろ」が刊行されます。楽しみ~。これを機会に全部読もうっと♪(東京創元社)


+シリーズ既刊の感想+(東京創元社版)
「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編
「みどりいろの童話集」アンドルー・ラング編
「きいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ももいろの童話集」アンドルー・ラング編
「はいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「むらさきいろの童話集」アンドルー・ラング編
「べにいろの童話集」アンドルー・ラング編
「ちゃいろの童話集」アンドルー・ラング編
「だいだいいろの童話集」アンドルー・ラング編
「くさいろの童話集」アンドルー・ラング編

+シリーズ既刊の感想+(偕成社文庫版)
「みどりいろの童話集」「ばらいろの童話集」アンドルー・ラング

| | commentaire(8) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「あおいろの童話集」「あかいろの童話集」アンドルー・ラング編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(8)

わあ、色の童話集が復刊されているのですね!
小学生の頃、わたしも偕成社のものを愛読していました。
復刊されたものは、本当に全く雰囲気が違って不思議な感じですー。

わあ、涼さんも偕成社のものを愛読されてましたか~。
お仲間ですね♪
復刊された本は、前のに比べてあんまり立派なんでびっくりですよ。
本の厚みや重さが全然違うんですもん。(笑)
訳が変わっちゃったのがちょっぴり残念ではありますが
復刊されるのは素直に嬉しいので、せっせと読むつもりです。^^

四季さん、さすがお詳しいですね。
ファンタジーは苦手ながら、某所からの献本にて読んでみました。
(「あかいろの童話」のみ、なんですけれど…)
川端康成訳では、一体どんな風に訳されているのでしょうか。
読んでみたい気がします。
新編集でさえ全12巻となると、なかなか手が出ません。

ましろさん、こんにちは~。
おおっ、献本ですか。いいですねえ。
でも確かにこの本を12冊となると、手を出しにくいかもですね。
私が元々持ってる本は一回り小さいし、厚みも今回の1/2~1/3ぐらいなんですが
今回のこの本は立派なので、威圧感がありますし。(笑)
川端康成訳ね、今手元にないので比べられないんですが
とても読みやすかった記憶があります。
さすがに50年経って古めかしいからと、今回新訳が出たそうですが
本当にそんなに古めかしかったかどうか…
せっかくだったのに勿体ない気がしますね。

はじめまして。
従姉から譲り受けた、昭和30年代刊行のものを読んでいました。
私も復刊投票していたので、とても喜んでいたのですが、
ふたをあけてみてガッカリしました。
 
完全復刻じゃないんですよね。
訳者も違うし。
差別的だから外した、という作品の中にこそ
読み返したいものが多かったのでますます残念。
 
最近の傾向の、読者に媚びたような”つくられた”物語ではなく、
作家のプライドがあり、
言葉狩りに影響されていない正しい日本語だからこそ、
復刊を望んだのに。
 
手塚治虫作品は作中に”差別的”と批判される表現もありながら
そのまま復刊がされています。
なぜラングの童話集はそれができなかったのか。。。
 
本当に残念でした。。。

通りすがりさん、はじめまして、こんにちは。
ほんと、訳者が変わってしまったのはとても残念ですね。
あのまま復刊しても、なんら問題はなかったと思うんですが
このシリーズも、今の新訳ブームの煽りを受けてしまったということなんでしょう。
何でもかんでも新訳にすればいいってものじゃないのに。
本当は、これを機に新しく買いなおそうかなと思っていたんですが
結局古い版を手放せなくなってしまいました。(笑)

そのまま復刊されているといえば、
手塚治虫作品もそうだし、あと江戸川乱歩なんかもそうじゃないですか?
きちんと比較したわけではないですけど
新版にも差別的用語が結構沢山あった覚えがあります。
そういうところに拘らざるを得ない立場の人がいるのも分かりますが
作品自体の価値とはまた別問題ですよね。

ただ私の場合、今自分の家に古い版を置いているわけではないし
そちらを読んでから結構時間が経ってしまっているので
古い版と今の版で、どんな風に取捨選択が変わってるのか確認できなくて。
いずれきちんと読み比べてみたいです。

はじめまして^^ 
昭和30年代発刊のポプラ社の全15巻をシミだらけにしつつも未だ現役で愛読中です。σ(^-^)
少し大きくなってから後ろの「解説」の原書の挿絵をわくわくしながら見ていたので、今回原書の挿絵での復刊と聞いて期待大だったのですが、役者が変わってしまったのですね(><)
とりあえず図書館ででも読んでみて購入するか検討してみます。

うさくまさん、はじめまして。
お返事がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
書き込み、ありがとうございます。^^

わあ、全15巻すべて持ってらっしゃるなんて羨ましい!!
私は新訳と旧訳と、きちんと読み比べてはいないんですけど
川端康成訳にとても愛着があったので、今回の新訳は本当に残念で…
いえ、新しい訳も決して悪くないんですけどね。
旧訳版は、一度読み始めたら止まらないようなところがありましたけど
新訳にはやっぱりそこまでの力がないような気がするんですよねえ。
早く旧訳を再読したいです~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.