「アイスランド・サガ スールの子ギースリの物語」

Catégories: /

 [amazon]
久々の北欧物です。アイスランド・サガ。
アイスランド・サガとは、アイスランドに広く語り継がれてきた散文の物語のこと。「サガ」とはまさに、「語られたもの」を意味する言葉なのだそうです。キリスト教が広まった12~13世紀頃に同時に文字で書くということも伝わって、それまで口伝で語り継がれてきた物語が古北欧語で書き残されるようになり、そのうちでもある程度の長さをもつ文学作品が「サガ」と呼ばれるようになったのだそう。同じくこの地方の「エッダ」が神話や英雄伝説を集めているのとは対照的に、サガではどうやら基本的に全くの架空の出来事が扱われることはなかったようですね。、歴史的・社会的な出来事を脚色するというケースがほとんどだったみたいです。
そしてこの「スールの子ギースリの物語」のギースリも、10世紀に実在した人物。ノルウェーで騒ぎを起こしてアイスランドに植民し、964年に再び殺人のかどで追放刑に。その後10年以上生き延びて、最後に殺されるまでの物語となっています。...なんて書くと、まるで極悪非道な犯人の逃亡録みたいなんですけど(笑)、全然そんなことありません。そもそも追放刑にされちゃう原因となった殺人は、義兄弟の敵討ちなんですから! 私がこれを読んでいて思い出したのは、「判官贔屓」という言葉でした。ギースリって、なんだかまるで源義経みたいですよぅ。1人の英雄が、なす術もなく運命に弄ばれ滅びていく... そしてその「滅び」に美学があるといった感じ。ヴァイキングといえば血生臭いイメージがあるし、実際この作品の中でも血生臭い争いの場面が多いんですけど、思いがけないほど強い哀切感が漂っているのにはびっくり。
サガも色々読んでみたいのだけど、なかなか本がないんですよね。とにかく絶版が多くて。その中でも特に読みたいのは、谷口幸男さんの「アイスランドサガ」なんですけど、これも絶版だし、市内の図書館にはないし、アマゾンの中古もすごい値段がついているのでなかなか... あ、今「アイスランドサガ 中篇集」なんて本を見つけたんだけど、これはどうなのかな? でもこれも図書館にはないのよねえ...。(三省堂)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「アイスランド・サガ スールの子ギースリの物語」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.