「トルコの幸せな食卓」細川直子

Catégories: /

 [amazon]
20時間近く列車に乗って初めてトルコを訪れ、何はともあれ腹ごしらえをと街に出た時に入った食堂で食べたトルコ料理の安く美味しかったことに感動したという細川直子さん。テーブルに積み上げられたパンはパリッと香ばしく、噛み締めるほどにほんのり甘さが広がり、バットに盛られた料理の中から選んだ野菜と肉の煮込みも、暖かく優しい味がしてとても美味しくて、それでたったの300円。「食べものが安くておいしい国は、きっといい国に違いない」と感じた細川さんは、その後イスタンブールの旅行代理店に勤務しながら10年以上暮らすことになり、今もトルコと日本を行ったり来たりの生活なのだそう。「トルコのなにがそんなに気に入ったの?」という問いに「食べもの」と答えるほどの食いしん坊・細川直子さんのトルコ案内。

もう、なんて美味しそうなんでしょう! フランス料理、中華料理と共に世界三大料理に数えられることもあるというトルコ料理の魅力が圧倒的な勢いで伝わってくる本です。これは、細川直子さんが心底美味しいものが好きな方だからなんでしょうね~。あとがきに「料理研究家ではなくいわゆるグルメでもない私が、トルコ料理のことをどれだけ正確に伝えられるか自信はなかった」とありますが、これだけ美味しそうなら十分でしょう! もうほんと、読んでるとどれもこれも食べたくなっちゃいます。おなかがすいてる時に読んだら、ものすごくキケンな本かも。そしてその食べ物を通して見えてくるトルコの人々も、とても暖かくて魅力的なんですよね。確かに料理の安くて美味しい国には悪い国はないのかも! なんて気になってきます。トルコにはなかなか行けそうにないけど、せめてトルコ料理はまた食べに行きたいなあ。
巻末には代表的なトルコ家庭料理6品のレシピもあるので、試してみるのも良さそうです。(洋泉社)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「トルコの幸せな食卓」細川直子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは。
これまた素敵そうな本ですねー!
最近、日々、四季さんのブログを読んでは、図書館の蔵書をチェック
している気がします。笑
これまた「トルコの幸せな食卓」そのものはないようなんですが、他
の二冊があるようなので、そちらを借り出してみようと思います。

風邪の具合はいかがですか?
お大事に!

つなさん、こんにちは。
この本、良かったですよ~。
ほんと美味しそうだし、読んでて楽しくなってきちゃいます。
この本がそちらの図書館にないというのは、すごく残念ですが
他の2冊もきっと面白いんじゃないかな?
作者の人徳というのも大きそう。私も読んでみたいです。
うふふ、トルコの本が続いてますしね。
つなさんを日々刺激してるだなんて嬉しいです♪

風邪はかなり良くなりました。ありがとうございます。
「砂漠の宝」の感想も書きましたよ!
そちらにお伺いいたしますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.