「ベン・ショットの英国博覧記」ベン・ショット

Catégories: /

 [amazon]
カメラマンでありデザイナーでもあるベン・ジョンソンは、雑学コレクター。毎年クリスマスになると友人たちに贈っていたちょっとした冊子は、じきに1冊の本としてまとめられ、100万部を超えるベストセラーになることに... ということで、いまむるさんに教えて頂いた本でーす。全ページものすごい雑学のオンパレードなので「読んだ」とはちょっと言い難いんですが、一応最後まで目を通したので...(笑)
ええと、こういう本はどうやって紹介すればいいんでしょう? アマゾンのこの本のページを見ると、本の掲載項目の一部が紹介されていたので、それをそのままコピペしてしまうと

チャールズ皇太子の偽名、結婚記念日の贈り物、英国国歌、ノアの方舟の仕様、シャーロック・ホームズ・シリーズに登場するベーカー・ストリート・イレギュラーズとは?、英国流「天下分け目の戦い」とは?、ビートルズのアルバム『サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』ジャケットに登場する人物リスト、英国のビッグマック仕様、ケンブリッジ対オクスフォードのボート・レース歴代戦績、歴代ボンド映画の敵・女・車、ボウタイの結びかた、コックニーのアルファベット、英国ブラのサイズ、チェス用語、コーヒー・ショップで使うスラング、サリーの巻き方、エモーティコン、英国硬貨仕様、複合語の複数形、矛盾する語句例、男女交際略号、占いの種類、人の名前を冠した食べ物、花ことばの歴史、英国サッカーチームのニックネーム、ワールドカップ優勝国と決勝戦のスコア、フリーメーソンの階級、英国競馬レース・グランドナショナル歴代優勝馬、ヘンリー8世の妻、英語の回文、有名な馬の名前、狩りのシーズン、アイルランドの決闘体系、円卓の騎士、編み物の略号、有名な臨終の言葉、有名な左利きの人、ロンドンの地下鉄、ミス・マープル・シリーズの殺人方法、マティーニの作り方、医学略語、英国諜報部について、英国軍の階級組織、よくスペルを間違える単語、英国歴代君主、ヴィクトリア時代の服喪、さまざまな殺人の呼び方、タイタニックの積荷詳細、英国パスポートの文言、英語の早口ことば、結婚にまつわる迷信、ワインボトル用語、外国語由来の英単語など

もちろん全部が全部興味のあることってわけじゃないんですけど、でも面白いです。いやあ、これはほんと凄いですよー。隅から隅まで雑学だらけ。「そんなこと知っててどうする?」って言いたくなるようなことから「へええ、そうなんだ!」まで、取り上げられている事柄も様々。それにやっぱり英国人向けですからね。そのまんま訳しても分からない部分が多いだろうと、訳注もさりげなく充実してます。でもこれを日本語に訳すのは本当に大変だったでしょうね。
一気に読むより、何かの折にふと手にとって開いたページを読むというのが正しい読み方かと。本国英国では、飲食物に関するトリビアの第2弾と、スポーツとゲームに関する第3弾が出て、そっちも人気だそうです。(日経BP社)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ベン・ショットの英国博覧記」ベン・ショット へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

わあわあ、立て続けにどうもすみません、えっへへへ。
もう、これね、何の脈絡とか関連性もなしに次から次へとね、それだけで私は笑えます。
「フリーメーソンの階級はなー」とか言って一度だけ家人に自慢気に語った事あります(笑)

いや、もうほんとすっごいですね、この本。
フリーメイソンの階級があんなにあるとは知らなかったですよぅ。
ああいう秘密組織(一応)の中のことってなんかワクワクしちゃいます。
見ながら、へええ、親方って結構下の方なのね… なんて思ったり。(笑)
えへへ、どちらの本もそれぞれに楽しかったです。
また何かいい本があったら教えてくださいね!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.