「分別と多感」ジェイン・オースティン

Catégories: /

 [amazon]
サセックス州の旧家で大地主のダッシュウッド家の当主は、生涯独身を通すものの、晩年には甥のヘンリー・ダッシュウッド夫婦とその3人の娘たちを呼び寄せて同居し、幸せに過ごします。しかし亡くなる時、ヘンリーたちに全財産を譲るのではなく、一旦ヘンリーに全てを譲るものの、ヘンリーの死後はヘンリーの先妻の息子であるジョン・ダッシュウッドとその4歳の息子・ハリーがその財産を受け継ぐように遺言していたのです。そしてその1年後。ヘンリーが亡くなると、ジョン・ダッシュウッドの妻・ファニーが何の予告もなしに子供と召使を引き連れて屋敷に乗り込んできて、ダッシュウッド夫人と3人の娘はたちまちのうちに居候の立場となってしまいます。

ジェイン・オースティンの初の長編作品。この作品の題名の「分別」はダッシュウッド夫人の長女・エリナーのことで、「多感」は次女・マリアンのこと。ぱっとしないながらも誠実で頭の良い青年・エドワードに恋をする理性的なエリナーと、母娘が屋敷から引っ越した先で出会った情熱的で気品のある美男子・ウィロビーに恋をする情熱的なマリアンの物語です。
エリナーとマリアン姉妹の恋は、始まった当初はどちらも上手くいきそうに思えるんですけど、それで本当に上手くいってしまったら話は終わってしまうわけで(笑)、実際には紆余曲折。邪魔をしようとする人もいるし、それ以上に勝手な憶測で話を進めたり広めたりしようとする人が多くて大変! これじゃあ、上手くいくものも上手くいくはずありません。周りから固めるという手ももちろんありますけど、エリナーとマリアンにとっては大きなお世話。周囲の人に迂闊に触れて欲しくない微妙な時期というのもありますしね。
読んでいて一番思ったのは、よくこれだけ欠点だらけの登場人物を集めたなーということ。恋にのぼせ上がったマリアンは正直見苦しいし、エリナーが惹かれるエドワードはほんとぱっとしないし... ウィロビーも単なるお調子者。マリアンに惹かれるブランドン大佐はせっかく落ち着いた人物のように描かれているのに、華やかな美人であるマリアンに惹かれていること自体、どうなんですかー。他にも下世話だったり、上品ぶってるだけだったり、相手に無関心だったり、退屈だったり、自己中心的だったり、やけにケチだったり、みんなそれぞれに相当辛辣な描き方をされています。そんな中で1人常に冷静なエリナーは、欠点がないというよりも、逆に人間味を感じられない存在だったり...。でもそういった18世紀の人々が実は現代と何も変わりない、というのがまた楽しいんですよねえ。面白かったです。(ちくま文庫)


+既読のジェイン・オースティン作品の感想+
「自負と偏見」オースチン
「エマ」上下 ジェイン・オースティン
「分別と多感」ジェイン・オースティン
「マンスフィールド・パーク」ジェイン・オースティン
「ジェイン・オースティンの手紙」ジェイン・オースティン
「説きふせられて」ジェーン・オースティン
「ノーサンガー・アベイ」ジェーン・オースティン

+既読のジェイン・オースティン関連作品の感想+
「ジェイン・オースティンの読書会」カレン・ジョイ・ファウラー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「分別と多感」ジェイン・オースティン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.