「不機嫌なメアリー・ポピンズ」新井潤美

Catégories: /

 [amazon]
たったの一言口をきいただけで、出身階級が分かってしまうというイギリス英語。そして外見について何らかの評価を下す以前に、その人間の属する階級を無意識のうちに考えてしまうというイギリス人。文学作品を読めば、登場人物の住んでいる場所や読む新聞、食べる物、言葉遣い、仕事や学歴などの情報から階級がはっきり読み取れるようになっているといいます。なので文学をテレビや映画など他の媒体に移す時は、階級とアクセントが切っても切り離せない問題。イギリスの階級にはアッパークラス、ミドル・クラス、ワーキング・クラスという大きな分け方がありますが、この本では特にミドル・クラスを「アッパー・ミドル」「ミドル・ミドル」「ロウアー・ミドル」と分けて、その観点からイギリスの文学や映画を論じていきます。

いやあ、面白かった! 著者の新井潤美さんは小学校時代からもっぱら海外で教育を受けた方のようで、イギリスのアッパー・ミドル・クラスやロウアー・ミドル・クラスの寄宿学校も経験されてるんですよね。イギリスの階級を肌で感じる生活を送ってきた方だけに、具体的な例を挙げての説明にはとてもリアリティがありました。私もイギリス人作家の作品は今までも結構読んでますが、細かい階級について知らずに読んでいた部分が多かったので、ものすごく勉強になりましたー。しかも最近、ジェイン・オースティンの作品を何作か立て続けに読んだところでしたしね。それらの作品で一貫して描かれているアッパー・ミドル・クラスの人々や、同じ階級内でも微妙な上下関係とやそのこだわりぶりがとても良く理解できて面白かったです。なんで「エマ」で、主人公のエマが私生児のハリエットをそれほど引き立てていたかも分かったし、そもそもなんでそういう設定が使われていたかも分かったし。
それにそういった作品に出てくる住み込みの女性家庭教師(ガヴァネス)、メアリー・ポピンズみたいな乳母(ナニー)、そして「レベッカ」の主人公がしていたようなコンパニオンの話もすごく面白かったです。「ガヴァネス」は良家の子女を教育する仕事。「コンパニオン」は裕福な独身女性や未亡人の身の回りの世話をしたり、話し相手になるという仕事。通常、アッパー・ミドル・クラスかそれ以上の階級の独身女性が、家の事情などによってやむを得ずつく仕事で、普通の使用人よりも一段上の存在なのだそうです。それに対して、両親の代わりに子供を躾ける「ナニー」はワーキング・クラスやロウアー・ミドル・クラス出身者が一般的で、自分自身が教わったこともないマナーや話し方を仕込まなければならなかったのだそう。映画の「メアリー・ポピンズ」では、メアリー・ポピンズがやけに優しくて愛想が良くて違和感だったんですけど、やっぱり本のつっけんどんなメアリー・ポピンズこそが典型的な「古き良きナニー」だったんですねっ。
どの章もそれぞれに面白くて、ここには書ききれないぐらい。この本の中では、文学作品だけでなくて、そこから映画化された作品のことも例に挙げて、その階級へのこだわりがどんな風に反映されているか(あるいはされていないか)なんていう考察もあって、本好きさんだけでなく、映画好きの方にも楽しめる1冊なのではないかと♪

取り上げられている文学作品
I.ラヴ・コメディ今昔...
  「エマ」(ジェイン・オースティン)、「ブリジット・ジョーンズの日記」(ヘレン・フィールディング)(オースティン「高慢と偏見」も)
II.働く女たち...
  「ジェイン・エア」(シャーロッテ・ブロンテ)、「メアリー・ポピンズ」(P.L.トラヴァース)、「レベッカ」(ダフネ・デュ・モーリア)
III.階級と男たち...
  「大いなる遺産」(チャールズ・ディケンズ)、「眺めのいい部屋」(E.M.フォースター)、「コレクター」(ジョン・ファウルズ)
IV.イギリス人が異世界を描けば...
  「タイム・マシン」(H.G.ウェルズ)、「時計じかけのオレンジ」(アントニー・バージェス)、「ハリー・ポッター」(J.K.ローリング)
V.マイノリティたちのイギリス...
  「日の名残り」(カズオ・イシグロ)、「郊外のブッダ」(ハニーフ・クレイシ)

これらの作品を元にして作られた映画も併せて取り上げられています。(平凡社新書)


+既読の新井潤美作品の感想+
「不機嫌なメアリー・ポピンズ」新井潤美
「階級にとりつかれた人々」新井潤美

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「不機嫌なメアリー・ポピンズ」新井潤美 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

不機嫌なメアリー・ポピンズ イギリス小説と映画から読む「階級」posted wi » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん☆こんばんは
「階級」ってのは、本当に分かり辛いですよね。
でもこれが分かると、イギリスものの理解度が高まるんだろうなぁって思いました。
「時計仕掛けのオレンジ」ってイギリス映画だったんだ!って、この本を読んで始めて気がつきました。(映画を観たのは何年前だぁ?)

Rokoさん、こんにちは~。
以前、イギリスの中流階級のおじさんと話していた時に
ワーキングクラスのパーティに呼ばれた時の苦労話(?)を聞いたことがあるんです。
その時も、明らかな階級意識にびっくりさせられたんですが
この本を読んで、ものすごく納得できちゃいました。

あ、「時計仕掛けのオレンジ」はイギリス作家の原作なんですけど
映画を撮ったキューブリックはアメリカ人ですしね。
元々イギリス版の本とアメリカ版の本は、結末が違っていたんですって。
作者は映画の出来にかなり不満だったようで、その辺りの話も面白かったです。
Rokoさんも機会があればぜひぜひ♪

こんにちは、
興味を直撃してくれるような内容だったので読んでみました。
複雑というかなんというか、著者の出身階級まで考えて読むなんてとても出来ない…
英国文学も奥が深いですね。
あとがきに「この国の文学には独特の意地の悪さ」があると書いてあったところには英国小説を読むたびに感じていたことだったのでわが意を得たりと笑ってしまいました。
オースティンにしてもけっこうキツイことが書いてあったりするんですよね。
ひさしぶりにためになる(?)新書を読みました。ご紹介ありがとうございます。

nyuさん、こんにちは!
わあ、nyuさんの興味を直撃だなんて、なんだか嬉しいなあ。
ほんと英国文学も奥が深いですね。
登場人物だけでなく、著者の出身階級だなんて。
でもこの本を読んで、今までなんとなーく頭に引っかかってた部分に
実はちゃんと意味があったことが分かったし
読み取るべきツボが少し分かったような気がしましたよ。
…とは言っても、原書に直接当たるんならともかく(相当の英語力が必要ですが)
訳者さんに知識がなければ、日本語に現れないという部分も結構ありそうですが…
いずれにせよ、知らずに読むより知って読む方がずっと楽しめますよね。

英国文学の独特の意地の悪さは、大好きです。
もっと理解を深めて楽しんでいきたいものですね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.