「恥辱」J.M.クッツェー

Catégories: / /

 [amazon]
デヴィッド・ラウリーは、2度の離婚歴のある52歳の大学教授。性的欲望は人一倍強いものの、これまではかなり上手く処理してきたつもり。しかし週に1度会っていた娼婦と会えなくなったのがきっかけで、大学の20歳の教え子に強烈に惹かれ、半ば強引に肉体関係を持つことに。ところが彼女にはたちの悪いボーイフレンドがいたのです。デヴィッドはセクハラで告発されて、追われるように大学を去ることになります。そして、しばらく娘のルーシーが経営する農園に身を寄せるのですが...。

J.M.クッツェーという人は全然知らなかったんですが、ノーベル文学賞を受賞した作家だったんですね。そのクッツェーが2度目のブッカー賞を受賞したという作品。
大学での描写があんまり自然なので読み始めた時はうっかりしてたんですが、これはアパルトヘイト撤廃後の南アフリカが舞台の作品なんですよね。それがものすごく肝心要というか、それがなければ成り立たない作品。大学という、いわば白人社会の中でぬくぬくと過ごしてきた大学教授も、一歩外に出ればそこはアフリカ。大学では、ちょっとカッコをつけて、セクハラの査問会でも下手な言い訳なんて全然しないで自分の行動に自信を持ってるデヴィッドなんですが、その大学という砦から一歩外に出れば、そこは黒人社会なんです。娘のルーシーの農場に滞在している時に起きた事件や何かで、彼はそのことをイヤと言うほど思い知らされることになります。大学でのセクハラと農場での事件は一見違うものに見えるけれど、実は同じなんですね。強者と弱者の立場が入れ替わっただけ。結局、デヴィッドは徐々に黒人社会に隷属させられている自分に気づくことになるし、その結果、彼好みの「若くて美しい女との関係」とはまるで違う価値感の幸福を手に入れることになるし...
淡々と書いているようでいて、読後感は意外と濃厚な作品でした。そういえば、私が小学校の時の友達に、お父さんの仕事の関係で何年か南アにいたという子がいたんです。その頃のことだから、日本人は名誉白人という立場だったはずだし、彼女の家に遊びに行くと実際、欧米人の家みたいでカルチャーショックを受けたものですが(笑)、それでも色々なことがあったようです。その頃も色々な話を聞かせてくれたんですが... その後私も彼女も引越してしまって、今は音信不通になってしまってるんですよね。仲良かったのになあ。とても残念。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(8) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「恥辱」J.M.クッツェー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

辛くなる一方、楽にもなるだろう。 ものごとが過酷になることに、 ひとは慣れる。  ひとは驚かなくなる。  このうえなく辛かったことが、 またいち... » Lire la suite

Commentaires(8)

こんばんは
J.M.クッツェーの作品初めて手にしましたが
『恥辱』ってタイトルちょっと ドッキリしませんでしたか?
慧は少なからず二の足を踏みそうになりました・・

今は彼の作品もう少し読んでみようと 思っています

四季さんは 本書以外は読まれましたか?

慧さん、こんにちは!
確かにドッキリさせられる題名ですね。
ハヤカワepi文庫は大好きでほとんど読んでるんですが
手に取る時、やっぱり躊躇っちゃいましたよー。
でも実際に読んでみたら、「そのもの」といった感じのタイトルですよね。

他の作品にも興味はあるんですが、まだ読んでないんです。
南アフリカを舞台にした作品が多いのかなと思ったんですが
そうでもないみたいですね。どんな感じなんだろう…
他の作品を読んだら、ご報告しますね!

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいております。

主人公の人生は下りっぱなしなのですが、意外におじさんがしぶといのが面白かったです。
他者を呪うでもなく、やけっぱちになるでもなく、自殺するでもなく、恥辱にまみれながらも淡淡と生きていくという選択。
日本だと、他の選択が多いような気がするのですが、それがアフリカの風土なのかなあと。
行ったことがないので、あくまで想像でしかないのですが。

ふくろう男さん、はじめまして!
いつも読んで下さってるなんて、ありがとうございます。

ほんとこのおじさんはしぶといですよね。
大学を辞めさせられた頃は虚勢を張ってるだけかと思いましたが
そうではないですよね。
日本人だと「もう生きてはいけない…!」になりそうなとこなのに
どんなことが起きても、淡々と自分の運命を受け入れていっちゃう。
意外と生命力が強いのがびっくりです。
それがアフリカなんでしょうか。面白いですね。

四季さん、はじめまして。
今日クッツェーの恥辱を読了して、頭をがつん、となぐられたような衝撃が消えず、ググっていたら四季さんのBLOGに行き着いた次第です。
池澤夏樹さんが出している世界文学全集に所蔵されている『鉄の時代』も不思議で面白かったですよ。
不治の病に冒されている老女が、延命治療を拒否して、奇妙な同居人をもちながら、孤独に生きていく話です。少し、『恥辱』の大学教授の生き方と通ずるものが感じられます。。。
その他の書評ものぞかせてもらいましたが、古今東西の良書を網羅されているようで、素敵です。白水uブックや須賀敦子のファンでおられるということで、勝手に親近感を抱いてます。(笑)
またちょくちょく伺いたいと思います。^^

Amiさん、はじめまして。コメントありがとうございます~。
「恥辱」読まれたのですね。これ、すごいですよね。
私はこれまでアフリカが舞台の文学はほとんど読んだことがなかったので
もう本当にインパクトが強かったです。最後まで目が離せなくて。

池澤夏樹さんの世界文学全集も気になってるんですけど、まだ全然なんです。
「鉄の時代」も良かったのですね~。φ(.. )メモメモ
今度探してみますね。不思議で面白いとは、それはぜひ読んでみたいです。
わあー、親近感を抱いて下さったとは嬉しいです。
読んでみたい作品はいっぱいあるんですが、数が多すぎてなかなか…
このハヤカワepi文庫や白水uブックスは追いかけようと思ってますが♪
いつでもまたお気軽にいらしてくださいね。^^

こんにちは!リスポンスありがとうございます。^^
私はバックグラウンドにあまり注意を払わずにストーリーの展開だけでぐいぐいと引き込まれて最後まで読んでしまいました。
でも、四季さんが指摘されているように、舞台はアパルトヘイト撤廃後の南アフリカなんですよね〜!
確かに思い返してみると、支配階級であった白人と、彼らに抵抗したネイティブとの間に未だに横たわる溝も読み取れますね。。。
例えば、大学教授が娘の住む農村を訪ねたときなど。娘が隣に住むペトラスと結婚することに関して、二人が意見を戦わせますが、白人である大学教授と土地の人間との間に全く異なった論理が存在することを教えてくれます。
そう考えてみると、この複雑な事情を抱えた南アフリカのこと、興味深い現代作家がまだまだ存在するのかもしれませんね〜。

ハヤカワepi文庫、初めて聞きました!
私は単行本で読んだので。。。
すごく面白そうです。
今度図書館で探してみたいと思います♪

Amiさん、こんにちは~。
あ、私も最初はバックグラウンドのことは全然考えてなかったんです。
でもそうやって読んでると、途中でものすごく違和感が…
そうか、アフリカだったのか! と気づいてようやく納得したのでした。(笑)
そうそう、彼と娘の間にも全く異なった論理が存在してますしね。
あと白人社会とネイティブの社会の力関係の逆転とかね、色々ありますよね。
これが普通に白人社会で起きる出来事だったら、そこまでのインパクトは感じないというか
普通に男が女で失敗した話になっちゃうんですけど、それだけじゃないわけで。

ハヤカワepi文庫、いい作品が揃ってると思うんですよー。
ぜひ一度ラインナップを見てみてください。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.