「歴史」上中下 ヘロドトス

Catégories: / /

   [amazon] [amazon] [amazon]
古代ギリシアの歴史家・ヘロドトスによる、ギリシア諸都市とペルシア帝国の争いの歴史。前5世紀、ついにペルシア帝国が大軍を擁してギリシアに攻め入ったペルシア戦争、そして当時存在した様々な国々の紹介。ヘロドトス自身が各地を歩き回って聞き集めた説話や風土習俗を元に書き上げたものであり、ヨーロッパにおける最も古い歴史書とも言われている作品。元々は全9巻として書かれており、それがこの文庫1冊に3巻ずつ収められています。

基本的には、ペルシア戦争と呼ばれるアケメネス朝ペルシア帝国のギリシア遠征の原因から結果までが描かれているし、ペルシア戦争に関する貴重な資料でもあるそうなんですが... 実際、サラミスの海戦のことなんかもすごく面白いんですが、それ以外のことも色々書かれてるんですよね。そちらの方が私にとっては楽しかったかも。たとえばアルゴー船の遠征でのイアソンと王女メディアのこととか、ペルセウスとアンドロメダのこと、トロイアのパリスがヘレネを奪って始まったトロイア戦争のことなどが、神話ではなく、歴史的な出来事として書かれているのが面白かったし~。ギリシアやペルシア周辺諸国のことが色々と詳しく説明されているんですが、その中でも特に2巻で触れられているエジプトの風物や宗教、その地理的な話もすごく面白かったです。ミイラの作り方とか、そのミイラの松竹梅的な値段による違いとか。(笑)
ヘロドトスが自分が聞いた話を紹介するというスタンスで、自分はこう考える、自分はこの意見を信じるけれど、読者がどの意見に納得するかは読者次第、というのも良かったです。ただ、ギリシアとペルシアはもちろんのこと、アフリカからインドまでものすごく沢山の国が登場するし、それに伴って人名もものすごく沢山! 到底覚え切れなくて、それだけは大変でした。(岩波文庫)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「歴史」上中下 ヘロドトス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

ホメロスはギリシア文学史の劈頭をかざる有名な叙事詩人であるが、その生涯についてはほとんどまったく知られていない。トロイア戦争と同時代とする説から、前7世紀... » Lire la suite

Commentaires(2)

こんにちは。
いつも読みませてもらっているのですが、読み逃げ状態ですみませんー。
ついについに、四季さん、ヘロドトスの『歴史』を・・・流石、すごい!
と思いながら、読みはじめたんですが、感想がとても分かりやすくて、なんか、とても親しみやすく面白そうな内容ですね。四季さんの書き方が上手い?
神話の部分、アルゴー船のところとか、パリス、そしてペルセウスやアンドロメダとか。
今度そっと図書館で見てみます。私でも読めそうなら借りたいです。

ワルツさん、こんにちは~。
そんなそんな、読み逃げでも全然構わないですよー。
読んでいただけるだけで十分ありがたいですから。
という私自身、読み逃げしてることがほとんどだし…(汗)
とはいえ、コメントがあるとやっぱり嬉しいです。ありがとうございます♪

で、「歴史」ですが、イメージ的にはものすごーく硬そうなんですけど
実際にはそんなに難しい本ではなかったですよ。松平千秋さんの訳も読みやすいですし。
神話の部分は、それほど出てくるわけじゃないし、触れてもさらっとなんですが
それでも知ってる話が出てくると、つい嬉しくなっちゃいますね。(笑)
名前も知らない民族の話が延々と続く辺りはちょっと退屈だったりしますが
その辺りさえ、さらっと読み流してしまえば(おぃ)
結構楽しめる本なのではないかと思います。
一度図書館で手にとってみてくださいませ~。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.