「アルケミスト 錬金術師ニコラ・フラメル」マイケル・スコット

Catégories: / /

 [amazon]
夏のサンフランシスコだというのに、全身灰色の小柄な男が厚手の黒いウールのコートに黒い手袋、帽子、サングラスという姿の3人の男たちを連れて書店に入っていくのを見て、怪訝に思うソフィー。その書店はソフィーの双子の弟・ジョシュがバイトをしている店で、ソフィーがバイトをしているカフェの真向かいにあるのです。その頃、書店の地下室では、ジョシュが突然漂ってきたペパーミントのにおいと腐った卵のにおいに吐きそうになっていました。しかし外の新鮮な空気を吸おうと階段を上るほどにそのにおいはきつくなり、1階では店主のニック・フレミングと灰色の男が対決していたのです。

アイルランドを代表する作家の1人だというマイケル・スコットの、全6巻になる予定のシリーズ1作目。...というのは読み終わってから知ったことで、読む前も読んでる最中もこの1冊で終わるのかと思っていたんですが... 本のどこにも1巻だなんて書いてないし! ページ数がどんどん残り少なくなって、これで本当に決着が付くのか?って心配してしまったじゃないですか。そういうのは先にちゃんと書いておいて欲しいなー。(小野不由美さんの「黄昏の岸 暁の天」を読んだ時とまるで同じ状態だ)

というのはともかく。
ここに登場するニコラ・フラメルとその妻・ペレネル、そして敵となるジョン・ディー博士の3人は実在の人物で、この本の中に書かれている業績も史実そのままなのだそう。そしてこの3人の他にも、アイルランドの神話の影の国の女王・スカアハや戦争の女神・モリガン、ギリシャ神話や古代エジプトの神話などに登場する三つの顔を持つ女神・ヘカテー、エジプト神話の猫の頭に人間の身体の豊穣の女神・バステト、あとは有名なライオンの身体と人間の顔を持つスフィンクス、そして北欧神話に登場する宇宙樹・ユグドラシルなどが登場します。この物語の中で重要な役割を担う「アブラハムの書」というのも、実在した書物なのだそう。
世界中のいわゆる神々と呼ばれる存在が人間よりも先に存在して地球を何万年にも渡って支配していたエルダー族という種族で、同じエルダー族が違う場所では違う名前で神として信仰されていたという部分は面白かったし、人間が絡んだ部分が神話や伝説として残っているという部分も良かったんですが、ちょっと節操がなさすぎるのではないかという印象も...。でも勢いがあってなかなか面白かったし、読み応えもあったので(なんだかんだ言っても、神話の小ネタが楽しいのね)、続きが出たら読む予定~。(理論社)


+既刊シリーズの感想+
「アルケミスト 錬金術師ニコラ・フラメル」マイケル・スコット
「マジシャン 魔術師ニコロ・マキャベリ」マイケル・スコット

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「アルケミスト 錬金術師ニコラ・フラメル」マイケル・スコット へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.