「気持ちよーく チクチク チク」高橋恵美子

Catégories: /

 [amazon]
こういう本の感想は滅多に書かないんですけど... 手芸家の高橋恵美子さんのエッセイです。

子供の頃から物を作るのが大好きで、手芸に限らず常に色んなものを作ってきた私なんですが、今まで針と糸の縫い物だけは相性がイマイチ、とずっと思っていたんですよね。ミシンなんて持ってないし買う予定もナシ。布を裁断するなんて大の苦手。これから先も縫い物は必要最低限しかしないだろうと思っていたんですが...。
最近、自分でもちょっと針と糸に対して気持ちが和らいでるのを感じてはいたんです。(笑)でも縫い物の本は大抵ミシンで作るのが前提。確かに布の大きさや何やかやはミシンでも手縫いでも一緒だし、基本的に「縫う」という作業も同じはず。でも、なんか億劫... だったんですよね。そんな時に見つけたのが手縫いオンリーのバッグの本。丁度18色の糸セットを入手していたこともあって(本来は違う用途のためだったんだけど)、すっかりハマってしまいましたよ! それから半月ほどで、バッグを4つと共布のポーチその他をざくざくと作ってしまったほど。
「基本からはじめる手ぬいのバッグ」と「手ぬいでチクチクやわらかいバッグ」には、「手縫い」という言葉からはちょっと想像できなかったような素敵なバッグが沢山紹介されています。しかも綺麗な色糸のステッチをポイントにして見せてしまうのが可愛くて~♪ このセンスに心がぐぐっと鷲掴みにされちゃいました。そしていざ作り始めてみると、説明がとても分かりやすくて案外すいすいと作れるし。

とは言っても、普段ならそんな風にハマってもエッセイまでは読まないと思うんですけどね。バッグの本で既に感じるものがあったせいか、こちらにまで手を伸ばしてしまいました。んんー、やっぱりいいかも。たとえばなぜミシンじゃなくて手縫いなのかという部分では、私も似たようなことを感じていたし。確かにミシンの方が丈夫に綺麗にしかも速く縫えるでしょうけど、手縫いのちくちくと縫い進める感覚の方が私には合ってると思うし、手縫いならではの柔らかい仕上がりも好き。縫いながら微妙な加減ができるところもいいし、両手の範囲内で細々と作業するのも好き。ミシンの出し入れに関しては私も億劫と思うだろうし、それで結局縫い物から遠ざかってしまうなんて、いかにもありそう。(笑)

この本の中の「色いろふきん」という章に、傍に白い布を置いておいて、残り糸がでた時にちょこちょこと刺しておくと自然に布巾が出来てしまう...というエピソードがありました。これを読んだ時にいいなあ私もやりたいなあと思ったんですが、実際にその布巾の写真を見てみると、ほんとすごく可愛い! せっかく綺麗な色の糸を使ってるんだし、私も今日からやってみようっと。(主婦と生活社)


ちなみに↓の2冊もここ数ヶ月のマイブーム。トルコの女性がかぶるスカーフにつける縁飾りのことを「オヤ」と言うんですが、左の「ビーズの縁飾り」は、そのオヤのうちビーズを使ったボンジュックオヤにヒントを得ている本。基本的にレース編みの技法で作っていきます。そして右の「トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ」は、縫い針と糸で編んでいくイーネオヤの本。どっちもものすごく可愛いんです♪
 

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「気持ちよーく チクチク チク」高橋恵美子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

うわーこの本面白そうですね。
僕もシャツを手縫いで作ろうと思ったのですが、裁断で失敗しましてそこで挫折しました☆
でもちくちくやるの好きです。ミシン使うより好きかも知れませぬ。
惜しまれるのは四季さんの製作物が見られないことです。うわーん。

それほど密度の濃くないエッセイなんですけどね。
読んでいてなんだかとっても心地良かったです。
丁度、ミシンのきちんと感じゃなくて、手縫いのふんわり感みたいな感じかな?
もし本屋さんで見つけたら、パラパラとめくってみてください。

kyokyomさんもちくちくやるのお好きでしたか♪
ブログを拝見してて、もっぱらミシンなのだとばかり思いこんでましたが
あれは学校に通ってた関係だったのかな~?
私の製作物は、ふふふ、ご想像にお任せします。(笑)

私も高橋恵美子さんの本、何冊か持ってます。
ずいぶん前の本ですけど。
手縫いで、ブラウスとかワンピースを作る本です。
本当の“手縫い”ってはじめはびっくりしましたが、
ミシン無しで作れるって、魅力ですね。

「ビーズの縁飾り」の本も面白そうですね。

honyomiさん、こんにちは!
高橋恵美子さんの本、持ってらっしゃいますか~。
ブラウスとかワンピースも全くの手縫いだけで作れるって
なんだかすごいですよね。
もちろん、ミシンがなかった頃は全て手縫いだったはずなんですけど…(笑)
ミシンと全く同じ作り方をするのではなくて
手縫いのためのちょこっとした工夫がされているのが嬉しいところです♪

「ビーズの縁飾り」、とっても可愛いんですよ。
ぜひ一度手に取ってみてください。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.