「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子

Catégories: /

 [amazon] [amazon]
アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」シリーズゆかりのウィンダミア湖やコニストン湖、ピーターラビットのニア・ソーリー村、ワーズワースのグラスミア。あるいはコッツウォルズの村々やノーフォークの川、ダービー観戦、ウィズリー・ガーデン、そして再び湖水地方。そこで出会った人々や美しい景色、訪れた街や入ったお店、食べたもののことなどを綴った旅行記です。

大人になってからランサムを読み、「どんなものでも欲しい」というほどランサムに夢中になったという高柳佐知子さん。ホテルの朝食のポリッジを食べながら、嵐の翌日にディクソンおばさんが持ってきてくれた熱々のおかゆを思い出したり、ティールームにあった"Stieky Ginger-bread"を食べて、ナンシーとペギーの家のコックのお得意の「とびきり黒くて汁気たっぷりのねばつくフルーツケーキ」はこういうものだったのかと納得したり、他にも登場していた食べ物を見つけては食べてみたり買ってみたり。アーサー・ランサムの遺品を集めた博物館に行ったものの、向かいの別の博物館にあるアーサー・ランサムの部屋を見るまでは気もそぞろだったり。そのわくわくぶりが読んでいて微笑ましいところです。私も大学の時にイギリス北部にしばらく滞在していたので... とは言ってももっぱらヨークシャー地方だったので、位置的に少しズレてはいるんですが、羊もいっぱいいたし、ピーターラビットそっくりのウサギも可愛かったし、ワーズワースの家や湖水地方に足を伸ばしたりと、高柳さんと結構同じところを見てるので、読んでてほんと懐かしくなっちゃいました。イラストを見ながら、ああ、ほんとこんな風景だったなあって。高柳さんほどのランサムフリークではないんですが、ツバメ号とアマゾン号のシリーズは小学校の頃から愛読してましたしね。

ランサムやピーターラビット以外にも、電車に乗ってきた老婦人を見てフィリップ・ターナーの「ハイフォースの地主屋敷」に出てくるミス・キャンドル=トイッテンを思い出したり、本屋にミス・リードの「村の学校」「村の日記」「村のあらし」といったシリーズが並んでいるのを見つけて喜んでいたりと、さすが本好きさんといった感じなんですが、この作品はどちらも未読... 読んでみなくっちゃ。そして高柳さんが泊まられたホテルの部屋に置いてあったという、ウェインライトの湖水地方のガイドブックというのが見てみたい! イラストはもちろん文字も全部手書きの全7巻。初めて出版されたのが1950年代という古い本なのに、高柳さんが行かれた1990年前後でも、どこの本屋さんでも一番目立つところに置いてあったというのが、またいいんですよねえ。

「イギリス湖水地方を訪ねて」の表紙が出ませんが、どちらも高柳佐知子さんのイラストの表紙に、題字も同じレイアウト。双子のような本です。そして「イギリス湖水地方を訪ねて」は文字通り湖水地方ばかりの旅の話、「風のまにまにイギリスの村へ」では他のイギリスの田舎町へも足を伸ばしつつ、なんと3回目の湖水地方の旅にもなっています。3度目の正直なのか(笑)、ハリ・ハウに泊まったり「カンチェンジュンガ」に登ったり! いやあ、いいですねえ。私もまた行きたいなあ。(河出書房新社)


+既読の高柳佐知子作品+
「エルフさんの店」高柳佐知子
「ティスの魔女読本」高柳佐知子
「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子
「ハイウィロウ村スケッチブック」高柳佐知子
「ケルトの国に妖精を探しに」高柳佐知子
「アリゼの村の贈り物」高柳佐知子
「ナチュラル暮らしの手作り工房へ、ようこそ」高柳佐知子
「庭が仕事場」高柳佐知子
「不思議の村のハロウィーン」高柳佐知子

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「イギリス湖水地方を訪ねて」「風のまにまにイギリスの村へ」高柳佐知子 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.