「日本の色辞典」吉岡幸雄

Catégories: /

 [amazon]
日本の伝統的な色の辞典。
色の名前とその由来、それらの色の元になる自然界の原料、その組み合わせや染め方、色と色との微妙な違いのこと、歴史の中でのその色の扱われ方や著者の考察・推論などが、色見本と共に紹介されていきます。

「辞典」ですし、最初は本当に辞典のように自分の興味のある色についてその都度ピックアップして読もうと思っていたんですが、説明の文章の思わぬ読み応えに、結局最初から最後まで通して読んでしまいました。いやあ、勉強になるし、何より面白い! 日本の色らしく、万葉集や古事記、源氏物語や枕草子など日本の古典文学からの記述も多いです。その中でも特に目立つのは源氏物語。この本に引用されている源氏物語の中の色にまつわる文章を見ていると、平安時代の雅びな文化を再認識してしまいますね。やっぱり平安時代の貴族って物質的にも精神的にも豊かだし、美意識も高いなあ。色の名前ももちろん素敵だし、そんな色に心情を託すのも素敵。色という視点から源氏物語を改めて読んでみたくなってしまいます。あとは、もちろん中国絡みのエピソードも多いですし... でも中国ならお隣だし、歴史的にも付き合いが長いので分かるんですが、ヨーロッパやアジア諸国、たとえば古代ギリシャ・ローマ、古代エジプト、さらにはアンデス文明やマヤ・アステカ文明にまで話が及ぶにつれ、著者の見識の豊かさに驚かされてしまいます。そして古代ギリシャ・ローマ帝国の帝王の衣服の象徴的な色となった帝王紫、貝からとる紫色の話については、リンゼイ・デイヴィスの密偵ファルコシリーズにも書かれていたので、なんだか嬉しくなってしまったり。
実際に著者の工房で染められたものが見本として採用されているようです。それぞれの色の見本はもちろんのこと、日本の四季を豊かに表現する襲の色目の美しいこと! それぞれの色に縁の品々の写真などもオールカラーで収められているので、眺めているだけで楽しめますし、じっくりと読めば一層楽しい1冊です。(紫紅社)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「日本の色辞典」吉岡幸雄 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

たら本のレスで紹介しようと思ったのは、この本です。
見ていても楽しいし、読み物をして深いし、いいですよね。
文化も学べるし。
こんな早く四季さんが出会うとは思ってもみませんでした。
これも縁かしら

あらー、この本だったんですか!
本を見た時になんとなくピンと来たんですよ。
そういう時はまず外すことがないんですが、ほんとすごいですね、この本。
見るだけでも楽しいのに、読み物としてもすごく深くて。
今ものすごーく源氏物語が読みたくなってます。
その時はもちろんこの本も傍らに置いておきたいですね。

これ、サイン本持っています。
百貨店のギャラリーで(たぶん吉岡氏個人の)染色展をやっていたのを
見たことがあるのです。
実際に染められた布はとても素敵だったのだけれど、
お値段も素敵でとてもじゃないが手が出なかったので、
かわりに本を買って、本人にサインもしてもらったのです。
買ってからもうずいぶんになりますが、まだ全部読んでいません。
思い出した時に数ページ読んでうっとりして、
また次回・・・という状態です。

わあ、サイン本ですか。いいですねえ。
でもサイン本もいいですけど、それより染色展!
素敵だったのですね~。いいないいな。見てみたい。
でもそうでしたか、お値段も素敵でしたか。そ、それは…(笑)

>思い出した時に数ページ読んでうっとりして、
>また次回・・・という状態です。

この本は、そういう読み方が正解かも~。
という私も、他の色の名前が出るたびに進んだり戻ったり。
他の本に出てきた色を思い出しては確かめてみたり。
じっくりゆっくり楽しみたい本ですよね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.