「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ

Catégories: /

 [amazon] [amazon]
グリム童話集に匹敵するものを、とカルヴィーノが3年かけて採取し編纂したイタリアの民話集。原書では200話が収められているようですが、この岩波文庫版には75編が収録されています。上巻が北イタリア、下巻が南イタリアのもの。

本当は、先日overQさんが紹介してらした「ペンタローネ」を読もうと思ってたんですけど...(記事
「ペンタローネ」はイタリアの詩人・バジーレが17世紀に編纂したもので、ペローやグリムにも影響を与えたそうなので、そちらから読むのが筋なんだろうとは思うんですけど、書店にあったのがこちらだけだったので...。なぜか下巻の書影しかありませんが。
さてこの「イタリア民話集」、ヨーロッパやアジアに流布しているような物語も沢山ありましたが、イタリアらしさが感じられるものも色々ありました。たとえば「皇帝ネーロとベルタ」なんて、まさにイタリアならではの登場人物ですしね。ペルセウスとアンドロメダの物語のような「七頭の竜」も、まあモチーフ的には他の地方にも見られるパターンなんですけど、ギリシャ神話を感じさせる辺りがとてもイタリアらしいです。「眠り姫」もイタリアに来ると、王子さまが来てもお姫さまは眠り続けていて、その間に子供ができてしまったり... 目が覚めてから、傍らに赤ん坊がいるのを見てびっくりするお姫さまには、私の方がびっくり。あと、地理的に近いせいか、先日読んだ「スペイン民話集」(感想)と結構近い話もいくつか目につきました。そっちを読んでいなければ、今頃「おー、こういうのがイタリアっぽいのか」なんて思ってたでしょうから、その辺りが難しいところなんですが...
私が好きだったのは「賢女カテリーナ」というシチリアの物語。パレルモの王子が、大評判の賢女カテリーナの学校に通い始めるのですが、質問に答えられなくて、ぴしゃりと平手打ちをされてしまうんですね。で、平手打ちなんてしたことを後悔させるために、王子は父王に頼んで賢女カテリーナと結婚するんです。(そんな後ろ向きな理由で結婚してどうするって感じなんですが、このパターンはスペイン民話にもありました) で、どうやっても後悔しそうにない賢女カテリーナを地下に閉じ込めておいて、自分はナポリに旅に出ちゃう。そしてナポリでカテリーナそっくりの女性を見つけて結婚して子供を作ってしまうのです。2年ほど暮らすと飽きてジェノヴァへ、そしてヴェネツィアへ。どちらでも同じようなことが起こります。そしてパレルモに帰った時...。次々に女性を見初めて結婚する割には、結局同じ女性を選んでしまっているところが情けなくも可愛らしい物語です。
包丁で身体をまっぷたつにされた男の子の話「まっぷたつの男の子」は、カルヴィーノの「まっぷたつの子爵」の元になっているのかな? なんて部分もあって、なかなか面白かったです。巻末にはカルヴィーノによる詳細な原注もあって、そっちも読み応えがあるんですよね。訳者あとがきにあるように「注を主体として読み、本文を従属的に読む」という読み方も良さそうです。(岩波文庫)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

毎日、すさまじく暑いですね。
四季さん、元気でお過ごしでしょうか。
今日は熱のせいで、自転車がパンクしました
…虫ゴム溶けた( ;∀;)

カルヴィーノの民話集は、グリムに比べると、
やっぱり時代の分だけ、はるかに近代的です。
冒頭の一話は、カルヴィーノのオリジナルのような、
モダンな味わい。
実際、文献からつぎはぎ編集してるので、
そう思っていいのかもしれません…とりわけ、オチが。
ショートショートとして、すごい傑作になってます。

この本を読んでると、
なんとなく宮崎駿のここ数作を思い出すのです。

「蟹王子」とか「まっぷたつの男の子」「プレッツェモリーナ」などは、
《魔法で助けてくれる美少年》が微妙な形で出現して、
その少年たちは、「ほんとうに愛してくれる女性」によって、
元の姿に戻ることができる
…「千と千尋」のハクや、ハウルを思ってしまう。
最新作のポニョも、この主題の新展開と言ってもいいもの。
海からくるもの、甲羅(うつほ)に包まれているのも、興味深い。

聖母マリアは処女で神の子を妊娠するのですが、
「眠り姫」や「まっぷたつ」は、この類話。
日本だと、炭焼長者や、
京都の賀茂神社の由来(流れてきた丹塗り矢で妊娠)など。
貧乏な少年(神)に長者・王様の娘が嫁ぐ、というパターンでもある。
そして、娘のはらんだ子の「ほんとうの父親」が誰なのか、
王様が大騒ぎします。

「まっぷたつ」だと、その父親は、
半分になって、片目片足。つまり、神。
ダイダラボッチ=キュクロプス。
私の考えだと、「片目=太陽、片足=雷」で、
この神様の正体は、「天」そのもの。

息子はこの父に、
金色の林檎(=太陽)を捧げる。
カルヴィーノは気づいてないけれど、
これは私にとっては、すごくホットなポイントです☆

本当に毎日暑い、いや熱いですねー。
パソコン周辺が特に熱いので、電源も入れたくないぐらい。
というか、パソコンのためにクーラーを入れようかって感じですね。
毎年夏になると決まって調子が悪くなるし…
以前旅行から帰ってきたら、パソコンが既に起動しなくなっていたことが…
去年は1週間ほど留守にして帰ってきたらデジカメが壊れてました。(苦笑)
そしてなんと自転車のゴムが溶けましたか!
それもすごいですね。ほんと日本、というか京都の夏は凄まじいー。

この民話集は、相当カルヴィーノの手が入ってるようですね。
原注を読んでいたら、名称を変えた、なんて可愛らしい(?)変更から
結末を際立たせるために展開を変えたなんていう大技まであって
ちょっとびっくりしちゃいました。
もちろんグリムなんかも採取した民話に手を入れてるわけですし
全く何もいじらないという方が珍しいと思うんですが
手を入れたのがカルヴィーノともなると、なんだか文学になってしまいますね。(笑)
きちんとした構成になっていて、すごく読みやすかったです。
その分「シベリア民話集」みたいなプリミティブな力強さはなくなってるんでしょうけど…
「シベリア民話集」と「イタリア民話集」は、手の入り方に関しては両極かも。

うわあ、「まっぷたつ」からダイダラボッチに繋がってしまうんですか。
しかも神。太陽に雷かあ。なるほど。
ゼウスの一番の武器は雷だし…
北欧神話のトールも、きっと元々は一番の神だったんでしょうし…
「まっぷたつ」が神様となると、本当に聖母マリアの話になっちゃいますね。

金色の林檎にもきちんと意味があったとはー。
私にはそこまでは読み取れません! なるほどぉ。
やっぱりoverQさん、すごいなあ。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.