「『ニーベルンゲンの歌』を読む」「ジークフリート伝説」石川栄作

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
先日「アイスランドサガ」に入っている「ヴォルスンガサガ」を読んだところなので、この2冊が目についたのは、私の中ではとってもタイムリー。ジークフリート伝説に関しては「エッダ」(感想)「ヴォルスンガサガ」(感想)「ニーベルンゲンの歌」(感想)「ニーベルングの指環」(感想)と読んできたわけなんですが、その4つの作品、大きな流れは同じでも、細かい部分ではかなりの相違点があるんです。ジークフリートの設定からして、孤児だったり王子だったりと様々。この4作の中ではワーグナーの「ニーベルングの指環」だけ成立年代がかなり離れているし、これに関してはワーグナーの創作ということで構わないんですが... 他のものに関しては、どれが原型がどんな風に変化していったのかとか全然知らなかったんですよね。でもこの2冊を読んですごーくよく分かりましたよ。「ニーベルングの歌」の前半と後半ではクリエムヒルトとハゲネの造形があまりに違うのも以前から気になってたんですが、そのわけも分かりました。そもそも「ブリュンヒルト伝説」と「ブルグンド伝説」という2つの伝説があって、それが合わさって前編と後編となってたんですね。2つの違う伝説が合体させられてしまったのなら、雰囲気が変わってしまったわけもよく分かります。しかも「ティードレクス・サガ」だなんて、まだ私が読んでないシグルズ伝説のサガがあったようで!
この本を読むと、元となったジークフリート絡みの伝説やその内容、その伝説が広がって変化していき、「ニーベルンゲンの歌」ができ、他の作品ができていく様子がよく分かります。そしてそれらを土台にして書かれることになった沢山の戯曲のことも。
2冊続けて読んでしまって、しかもすぐに感想を書かなかったので、どちらがどうだったか分からなくなってしまったんですけど... 重複してる箇所も結構ありますしね。でも全体的には「『ニーベルンゲンの歌』を読む」の方が良かったかな。「ジークフリート伝説」には北欧のエッダやサガが取り上げられているところが、私にとってはポイントが高かったんですが、「『ニーベルンゲンの歌』を読む」の方が、「ニーベルンゲンの歌」や「ニーベルングの指環」について詳細なんです。作品の構造や解釈について色々と新しい発見があったし、より理解が深まったような気がします。(講談社学術文庫)

| | commentaire(2) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「『ニーベルンゲンの歌』を読む」「ジークフリート伝説」石川栄作 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

先日もこのエントリー(↓)でお話したとおり、今年の年初はワーグナーのリングで幕開... » Lire la suite

さて、今日は先日ご紹介した「ジークフリート伝説」の前に石川栄作教授が書かれた「『... » Lire la suite

Commentaires(2)

こんにちは♪  さすが四季さん。  この本も読了されていましたね。
KiKi も再読・・・ではあったのですが、今回エントリーを書いたので TB
させていただきました。  この後、「ニーベルンゲンの歌」
「『ニーベルンゲンの歌』を読む」等々、このエントリー内のリストに載せて
ある本に関してもエントリーを書いていく予定です。  そうしたら又、
TBさせていただきますね♪  とりあえず本日はTBのご挨拶まで。

KiKiさん、こんにちは~。
やっぱりこの辺りの話は楽しいですね。
いくら読んでも構わないぐらい… とは言っても
どっちがどっちか区別がつかなくなっちゃってるなんて
ぼやぼや読んでるのが丸わかりですね。おはずかしい。

KiKiさんのエントリーを拝見するのが楽しみです。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.