「人くい鬼モーリス」松尾由美

Catégories: / / /

 [amazon]
信乃にアルバイトの話を持ってきたのは、継父の「村尾さん」。取引先の社長に、ある10歳のお嬢様が女子高校生限定の家庭教師を探しているという話を聞いてきたのです。無事にその子の家庭教師になれた時の謝礼は、かなりの高額。しかしお嬢様はなかなか気難しいらしく、これまで面接を受けに別荘まで行った高校生のほとんどが、その日のうちに帰されてしまっているというのです。信乃は再婚したての両親を2人きりにさせてあげる意味もあって、面接を受けに行くことを決めます。そして翌日早速その少女、阿久根芽理沙に会いに行くことに。

普通なら、我侭なお嬢様の家庭教師になった女子高生が別荘地で連続殺人事件に巻き込まれて... というミステリになるはずのところなんですけど、この作品を書いてるのは松尾由美さん。そんな一筋縄でいくはずがありません。なんせ人くい鬼モーリスが殺人事件に絡んできちゃうんですから。
この「人くい鬼モーリス」は、実際には何なのかははっきりと分からないものの、この土地が別荘地になる前、普通の村だった頃は時々目撃されていた存在。芽理沙のお祖父さんもお母さんも、子供の頃に何度も見ています。お祖父さんの観察ノートによると、モーリスは自ら人を殺すことはしないものの、新鮮な人間の死体が大好物。死体を前にお祈りでも捧げるように頭を少し垂れていると、死体が光を放ち始め、数秒で死体が消えてなくなってしまうといいます。お祖父さんの考えでは、モーリスが食べてるのは生物の残留思念で、死体が消えてなくなるのは、その副作用のようなもの。そして最大のポイントは、モーリスを見ることができるのは高校生ぐらいまでの子供だけだということ。
この別荘地で起きる殺人事件では、いずれも死体が消滅してしまいます。読者や主人公たちにすれば、モーリスが食べてしまったんだろうというところなんですが、実際に推理する大人たちはそんな存在自体全然知らないし、人くい鬼の噂を聞いたとしても信じられるわけもなく...。そもそも死体と一緒に犯人の手がかりとなりそうなものも消えてしまってるだけでも問題なのに、死体を移動させられる腕力というのが犯人の条件になってしまうんだからヤヤコシイ。

読んでいても、モーリスの姿があまり鮮明に浮かんでこなかったのがちょっと残念でした。この作品は、ある怪獣のお話のオマージュになってるので、それが分かればそちらの絵が出てくるんですけど、最初はそんなこと分からないですしね。それに終盤、ちょっと唐突だなーとか、ツメが甘いなーと思ってしまう部分も... 本当ならもっと強烈に面白い作品になったんじゃないかって思ってしまうー。それでもモーリスの存在というファンタジックな存在が現実的なミステリと上手く絡み合っていて、これはこれでなかなか面白かったです。(理論社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「人くい鬼モーリス」松尾由美 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

人くい鬼モーリス (ミステリーYA!)(2008/06)松尾 由美商品詳細を見る 装画・挿絵は加藤木麻莉。ミステリーYA!。ネタバレありです。 わたし... » Lire la suite

人くい鬼モーリス (ミステリーYA!)(2008/06)松尾 由美商品詳細を見る 「バルーンタウン」シリーズが有名な松尾さん。「フリッツと満月の夜」(感... » Lire la suite

Commentaires(4)

こんばんは。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
ファンタジーを上手く活かしたミステリでしたね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さん、こんにちは。はじめまして… でしょうか?
トラックバックありがとうございます。
ほんと、ミステリとファンタジーが面白い感じに組み合わさってましたよね。
…「バルーンタウン」以来の松尾ファンとしては
もっと強烈でも良かったのに、と思ったりもするんですけど…(笑)
レーベル的には、これが丁度いいバランスなんでしょうね。

後ほどお伺いさせていただきますね♪

確かに惜しい部分もありましたよね(あの動機って!)。
それでも、何も話さない、何を考えているかも分からない、モーリスの姿が
なんだか魅力的でしたよね~。
私がちょっと引っかかったのは、「秘書の佐倉」だけが呼び捨てだったことと、
別荘の管理人が嫌な奴だったことです。
あんな上流階級的な別荘地の管理人って、そんな嫌な奴じゃ務まらないんじゃ?
と思ってしまいました。
いや、本筋には関係ないんですけどね。笑
面白くは読んだのですが、なんか、こういうことが気になってしまうんですよ
ねえ。

うん、ちょっと終盤惜しかったですよね。(確かにあの動機って!)
それでも印象深い作品になってるのは
やっぱりあのモーリスの魅力によるものなんでしょうね。
あ、秘書の佐倉。そうでしたっけ。すっかり忘れてます…^^;
別荘の管理人は確かにイヤなヤツでしたね!
あんな仕事をしてるうちに、自分も上流階級の一員のような気がしてきて
それで勘違い野郎になったのかなーなんて思ったりもしましたが…
で、多少イヤなヤツでも別荘は別荘で日常の場じゃないので、見過ごされてたのかと…
なんて全然違いますかね。(笑)

ということで、バルーンタウン、ぜひぜひ♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.