「フリッツと満月の夜」松尾由美

Catégories: / / /

 [amazon]
夏休みの最後の3週間を、父と2人で海のそばの小さな町で家を借りて過ごすことになったと聞かされて驚くカズヤ。母がその間ずっと遠くで仕事なので、2人で東京にいても仕方がないというのです。カズヤは小学5年生。父は小説家で、母はデザイナー。そしてたどり着いた海辺の町は、海水浴場などではなく、小さな漁港があるだけの町。カズヤは早速、同じ小学5年生でミステリー好きのミツルと話すようになります。そのミツルがしてくれた秘密の話は、この町に住んでいた佐多緑子という大金持ちの老婦人の遺産にまつわる謎の話。彼女は亡くなる4日前に全財産を銀行からおろし、亡くなるまで一度も外出せず、訪ねてきた客もいなかったというのに、死後、そのお金は屋敷のどこにもなかったというのです。2人は早速佐多緑子の遺産はどこに消えたのか考え始めます。

ポプラ社にTEEN'S ENTERTAINMENTというYA向けのシリーズが出来ていたようですね。これはその第一回配本作品。
題名の「フリッツと満月の夜」の「フリッツ」は、表紙の絵にも描かれている猫のこと。満月の夜に一体何があるのかな~?なんて思って読んでいたんですけど... いや、確かにフリッツも満月の夜も一応重要ではあるんですけど... あんまり話の中心というわけではなかったんですね。むしろカズヤとミツルのひと夏の冒険物語という感じ。もしかして、元々はきっともうちょっと違う話になるはずだった? 書き直してるうちに路線が違う方向にズレちゃったの? って思っちゃう。このフリッツの存在こそが松尾さんらしいところになるはずだったんでしょうに、この程度じゃああんまり必然性が感じられない... せめてもう少し早く物語の前面に出てきていれば。
うーん、ダビデの星の使い方は面白かったんですけどねえ。私にはどうも全体的に物足りなかったです。残念(ポプラ社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「フリッツと満月の夜」松尾由美 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

フリッツと満月の夜 (TEENS’ENTERTAINMENT 1)(2008/04)松尾 由美商品詳細を見る 夏休みの間、小説家の父さんと共に、海の近く... » Lire la suite

フリッツと満月の夜 (TEENS’ENTERTAINMENT 1)(2008/04)松尾 由美商品詳細を見る イラストレーションは鈴木志保。ブックデザイ... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん、こんばんはー。
私も「ん?」と思いながら読んでたんですが、四季さんもやはり物足りなかったと!
そうそう、フリッツたちにもっと活躍してもらいたかったですよね。
せっかくの設定が生かされてない!
次回は、ぜひフリッツたち主体で…、と最近すぐ勝手にシリーズ化を考えてしまいます。笑

つなさん、こんにちはー。
ねね、もっとフリッツたちを中心にして欲しいですよね。
金色のピアスをつけた黒猫なんてわくわくしちゃうし
この表紙の猫だって、せっかく可愛いのにもったいないです~。
フリッツ中心でシリーズ化となると、またちょっと違った路線になりそうですが
それもまた良し、ですよね♪

こんばんは。
やっぱりタイトルに比べて出番が遅かったですよね。
次は冬休みでしょうか。
他の猫たちの名前も挙がっていたので、
次こそはって、楽しみにしています。
TBさせていただきますね。

藍色さん、こんにちは。
トラバ、ありがとうございます♪
そうですね、次はきっと冬休み!
とは言っても、今年の冬に刊行されることはないんだろうな…
いや、それ以前にシリーズ化するのかどうかもよく知らないんですが。(^^ゞ

猫たちがもっと活躍してくれると、もっと楽しくなりそうですね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.