「いのちのパレード」恩田陸

Catégories: / /

 [amazon]
かつて早川書房の異色作家短篇集に大きく影響され、今も尚影響を受け続けているという恩田さん。異色作家短篇集のような無国籍で不思議な短編集を作りたいと考えて「奇想短編シリーズ」と銘打って雑誌に連載していたという作品15編を集めた短編集です。

最近こういった国内作家さんの本を読む機会がめっきり減ってしまって、恩田さんの新作にも以前のようには手が出ない私。新刊が出たら「すぐ読みたい!」と思う作家さん、減りましたねえ。一時に比べると本当にわずかになってしまいました。多分、読みすぎて飽和状態になってしまったんでしょう。恩田さんの作品も今のところは細々と追ってるけど、いつまで続くか... そういう時に短編集を読むのってキケンなんですけどね、本当は。短編集は基本的に苦手なので、下手するとそれっきりになってしまいそうで。

さてこの「いのちのパレード」。一旦読み始めると、ほんと読みやすくてびっくりしてしまうんですが、こういう国内作家さんの読みやすさがまたクセモノなんだよな、なんて最近は思うようになりました。ひねくれてるな。(笑)
ええと、この中で私が一番好きだったのは「夕飯は七時」。こういうのは好き~。そんなアホなと思いつつ、思わず想像してニヤニヤしちゃう。これはやっぱり例の一族の話に繋がってるのでしょうか。あと「かたつむり注意報」も良かった。こういった雰囲気は好きですねえ。「SUGOROKU」なんかも結構好きなタイプ。でもその他は... うーん、まずまず楽しめたのもあったんだけど、面白さがよく分からないのも結構あったりして... それにやっぱり短編集のせいか、途中で息切れしてしまって困ります。一旦息切れしちゃうと、どうやっても進まなくなるんですもん。そういうのって短編がどうこういう私の嗜好だけでなく、きっと途中で集中力を途切れさせてしまうような作品があるせいなんだろうなと思うんですが。
いくつかの作品で、あれ、これってもしかして...? なんて思ったりしたので、どの作品も何らかの作品へのオマージュなのかもしれないですね。そういうのが分かると、また楽しさが違ってくるのかも。(実業之日本社)


+既読の恩田陸作品の感想+
「夏の名残りの薔薇」恩田陸
「小説以外」恩田陸
「ユージニア」恩田陸
「蒲公英草紙」「光の帝国」恩田陸
「酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記」恩田陸
「ネクロポリス」上下 恩田陸
「エンド・ゲーム」恩田陸
「チョコレートコスモス」恩田陸
「中庭の出来事」恩田陸
「朝日のようにさわやかに」恩田陸
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
「いのちのパレード」恩田陸
「猫と針」恩田陸
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「いのちのパレード」恩田陸 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、お久しぶりです。こんにちは!

今年の7月まで色々と忙しかったのですが、一段落してようやくまたブログをするゆとりが出来ました。本当に長い間ご無沙汰していましたが、たらいまわしで知り合う事が出来た方のブログは変わらず拝見していました。
先日picoさんに教えて頂いて知ったのですが、きれいさっぱり消したはずの以前のブログアドレスがそのまま誰かに使われてしまっているようでビックリしちゃいました!

私も恩田さんの作品は『蒲公英草紙』以降何となく読めていません。『夜のピクニック』が文庫化されて書店で見かけた時は何度か手に取ったのですが結局買いませんでしたし。私の場合他に好きな作家さんが出来たりしてそちらの作品を追っかけていたりしているというのもあるかもしれません。

読むにくい本も困りますが、あまりにサラサラっと読めてしまう本というのも何だか張り合いがなくって困りますね(^^ゞ
どこか自分の心に引っかかってくるものがあると、ページをめくる手が止まったりしますもんね。

久しぶりにコメントさせて頂くのに長くなってしまいましたm(_ _)m

わあー、みらくるさんじゃないですか!
お久しぶりです~。お元気でいらっしゃいました?
みらくるさんがいらっしゃらなくて寂しかったんですよ。
えーー、全く同じアドレスで、ですか! それはビックリ。
削除してしまえばまた登録できるのかもしれないけど…
そうするんなら、せめてもっと間を空けて欲しいですよねえ。
しかも、ええと「ilobooks」でしたっけ、それで登録とはー。

「なんとなく読めない」ってありますよね。うんうん分かります。
読んでみればきっと結構楽しめるんだろうなと思いつつ、どこか食指が動かなかったり…
そうそう「あまりにサラサラっと読めてしまう本」というのも困るんですよねー。
以前、翻訳家の青山南さんが、ある程度の速さで読めればどんな本でもある程度楽しめる、
みたいなことを書いてらしたのを読んだことがあるんですが、それってまさに私の状態で。
さーっと読んで「わー、楽しかった」で終わってしまって、でも後に何も残ってなかったり。
やっぱりせっかく読むからには、どこか心に引っかかってくるものが欲しいですね。

みらくるさんは、7月に既にブログに復帰されていたんですね。
またネットでお話できるなんて、すごく嬉しいです~。
後ほど、そちらにもお邪魔させていただきますね♪
またどうぞよろしくお願いします。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.