「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ

Catégories: / / /

 [amazon]
派遣使として訪れた都市のことをフビライ汗に語り聞かせるマルコ・ポーロ。最初は東方の言葉にはまるで無知で、身振り手振りで伝えることしかできなかったマルコ・ポーロも、徐々に韃靼人や周辺の諸民族の言葉に慣れ親しみ、いつしか精緻詳細をきわめる報告をするようになっていたのです... 「東方見聞録」のマルコ・ポーロがフビライ汗に架空の都市のことを語るという趣向の作品。8章に分かれて55の架空の都市のことが語られていて、各章の最初と最後にマルコ・ポーロとフビライ汗の会話があります。

これが「見えない都市」という題名なんですけど、見えないどころか、文字を追うごとにそれぞれの都市の情景が頭の中に次々に鮮明に浮かび上がっていくようで、その濃密さに息苦しくなってしまいそうなほどなんです。すごいですね、これは。でも読み始めてすぐに一体いつの時代の都市のことなのかと考えさせれることになります。一昔前の華やかな都市を思わせる描写の中に登場するのはアルミニウムづくりの塔であったり、摩天楼であったり、整備された上下水道だったり... 海をゆく交通手段といえばまず帆船だった大航海時代に、蒸気船や飛行船、地底列車が。それぞれの都市の姿もすごくユニーク。高い柱の上にそそり立つ都市であったり、奈落の底の上に宙吊りになっている都市であったり、壁も床も天井もなく水道管だけが縦横無尽に張り巡らされている都市であったり。人間同士の様々な関係をより堅固にするために戸口から戸口へと糸を張り渡していき、通り抜けられないほど張り巡らされると、その都市を捨ててまた別の場所に都市を再建することを繰り返していたり。
そのまま物語が生まれてきそうな都市も多いんですけど、読んでいるとなんだか既に世界は終わってしまっていて、どこかからその亡霊のような残像を眺めてるような気がしてきます...。

でも、こんな感じで情景が立ち上がってくる作品は大好きだし、今回はそれだけで面白く読んでしまったんですが、本当はこれらの都市の描写を通して、様々なことが語られているんですよね、きっと。マルコ・ポーロとフビライ汗の会話もとても暗示的だし。...この会話がまたすごくいいんです。時間を置いてもう一度読み返したら、その時はまた全然違うものが見えてきそうな気がします。まるで詩のような物語。(河出文庫)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 マルコ・ポーロがフビライに語る様々な都市の記憶。語るうちに記憶は錯綜し曖昧になり、それはいったいどの都市について述べているのか、... » Lire la suite

Commentaires(2)

お久しぶりです。
これは私も大変好きな作品です。ですが、全く理解できた気がしません。
理解しなくても、この詩のような散文のような不思議な文章に引き込まれてしまう、そんな作品ですよね。
私見ではこれまで読んだカルヴィーノ作品ではこれと「冬の夜、ひとりの旅人が」が双璧と言えそうです。

ところで実は昨夜TBを飛ばした後コメントを書こうとしたのですが、ここのブログ、メールアドレスを入れないとコメントできないシステムになっているんですね。
私のところもスパムコメントが多いので気持ちはわかりますが、これは正直どうかと思います。まともなコメントをする人でもメールアドレスを知らせる気がさらさらない人のほうが多いのではないでしょうか。私もそうですが。

ちなみに私が入力したメアドは以前使っていたもので現在は使用できません。

piaaさん、こんにちは。お久しぶりです。
コメントとトラックバックありがとうございます。
piaaさんもこの作品がお好きでしたか。
仰る通り、読んでいるとどんどん引き込まれてしまう作品ですね。
これまで読んだカルヴィーノの作品では「宿命の交わる城」「不在の騎士」が
特に好きで気に入ってるのですが、この作品もその仲間入りです。
「冬の夜、ひとりの旅人が」は未読なので、近いうちにぜひ読んでみたいです。

メールアドレス関しては、以前書き込んで下さった時も必須だったと思うのですが
その時も不快な思いをさせてしまっていたのでしょうか。申し訳ありません。
ただ、この設定は当分変更するつもりはないので…
掲示板の方はメールアドレス不要ですので、もしよろしければご利用下さい。
そこまでして書くつもりはないぞ、と言われてしまいそうですが。(笑)
http://relieur.net/board/neatly.cgi

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.