「チェンジリング・シー」パトリシア・A・マキリップ

Catégories: / /

 [amazon]
1年前に漁師だった父が海で亡くなって以来、海を憎んでいる15歳の少女ペリ。考えることをやめて海を見つめてばかりの母を置いて家を出たペリは、港のそばの宿屋で働きながら、村から離れた海辺の小さな家に暮らしていました。ペリは幼い頃からこの家に通い、1人で住んでいた老婆に不思議な物語を聞いたり魔法を教えてもらったりしていたのです。その老婆もまた、父の死の後に姿を消していました。そんなある日のこと、その村の高台にある別荘に滞在するため、王の一家が村にやって来ます。そしてペリは老婆に会いにやって来た王の息子・キールと出会うことに。

うーん、ルルル文庫って私が買うにはちょっとツラい表紙が多いんですけど...(笑)
一見、普通のラノベレーベルにしか見えないルルル文庫ですが、タニス・リーとかパトリシア・A・マキリップとか、私にとって無視できない翻訳ファンタジーを出してくれてるのがすごいんですよね。読んでないけど、ナンシー・スプリンガーやシャロン・シンの作品もあるし。まあ、タニス・リーの「パイレーティカ」は、私にとっては物足りない作品でしたが... こちらの「チェンジリング・シー」は、なかなか可愛らしい話でしたー。
ただ、マキリップらしいイメージ喚起力がいつもよりも弱い気がします... 海と魔法で、情景が広がるモチーフはたっぷりのはずなのに... 翻訳された柘植めぐみさんは、訳者あとがきによるとマキリップの作品を読んで「翻訳家になりたい!」と思われたそうなので、マキリップの魅力は十分ご存知なのだろうと思うんですけど... ここにきてレーベルの色が出てしまったのかしら。挿絵に邪魔されたってわけでもないと思うのだけど。

それにしても、今年になってから3冊もマキリップの新作が読めたなんて! それだけでも幸せだと言わなければなりませぬ。(小学館ルルル文庫)


+既読のパトリシア・A・マキリップ作品の感想+
留守中に読んだ本(18冊)(「妖女サイベルの呼び声」「影のオンブリア」の感想)
「星を帯びし者」「海と炎の娘」「風の竪琴弾き」パトリシア.A.マキリップ
「ムーンフラッシュ」「ムーンドリーム」パトリシア・A・マキリップ
「オドの魔法学校」パトリシア・A・マキリップ
「ホアズブレスの龍追い人」パトリシア・A・マキリップ
「チェンジリング・シー」パトリシア・A・マキリップ
「茨文字の魔法」パトリシア・A・マキリップ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「チェンジリング・シー」パトリシア・A・マキリップ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こちらにも。
ルルル文庫って何ですかー!!、なんですけど、すごいですね、マキリップとかタニス・リーとか出してるんですねえ。
四季さんの更新タイトルを見て来た時に、え?これ、マキリップ??と思ってしまったんですが、やっぱり表紙が、表紙が~!笑
(おっと、でも、さらに挿絵もあるのでしょうか?)
マキリップの魅力はやっぱりイメージの喚起力なんですね。
四冊しか読んでないのになんですが、私もそこが魅力だなぁと思うのです。

ふふ、こちらにもようこそ♪
ルルル文庫、初耳でしたか~?
これね、1年ぐらい前に創刊したレーベルなんですよ。(ちなみに同時創刊でガガガ文庫なんてのも・笑)
ライトノベル大賞なんてのもやってるみたいだし、名実共にライトノベルなんですが
翻訳ファンタジーのラインナップが意外と侮れなくて。
でもね、でもね、やっぱりこの表紙はー!! そしてそうなんです、同じ絵で挿絵もー!!

可愛らしい話でしたが、コンプリートする気でなければスルーしても…(笑)
それより「影のオンブリア」をぜひぜひー!! 素敵ですよん。
こちらのイメージ喚起力はほんと素晴らしいです。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.