「ハリー・ポッターと死の秘宝」上下 J.K.ローリング

Catégories: / /

 [amazon]
ハリー・ポッターシリーズの最終巻。私が読むのはもっと先になるかと思ってたんですけど、思いがけず手元に回ってきたので、早速読んでしまいましたー。
いやあ、シリーズが進むにつれて話は暗くなるし、ハリーはヒステリックになるし、読み続けるのがかなりツラくなってたんですけど、最後はなかなか良かったですね。読んでて楽しかったし、予定通りとはいえ、きちんと大団円になってくれて「ほっ」。特に良かったのは、前巻のあの出来事の裏にあったことや、あの人がどんな気持ちを秘めてたのかちゃんと分かったこと。これは良かったなあ。まあ、逆に言いたいこともいくつかあるんですけどね... ちょっと殺しすぎでしょ、とかね。それだけ大変だったっていうのは分かるんだけど、なんだか無駄に死にすぎたような気がすごく。あとは、クリーチャーやダーズリー一家のその後が知りたかったので、何も触れられてなかったのがちょっと残念だったり。特にダーズリー一家。あの後何もなかったのかしら。でもいきなりあんな説明聞かされても、理解できない方が普通ですよね。いくら嫌な人たちでも、そんなヒステリー起こしちゃダメだってば。>ハリー
よくよく考えてみると、魔法界の人たちってマグルと共存してるわけでもなく、ひたすら秘密にしてるわけでもなく(うちに魔女が生まれた!って喜ぶ人もいるわけだし←普通なら最初はパニックになると思うんだけど)、何をやってるんだ?何がしたいんだ?とか思ったりもするのだけど... 最初のうちにそういう説明ってありましたっけ。それとも、それは言わないお約束?(笑)
このシリーズで何が好きだったかって言ったら、魔法的な小道具ですね。これは楽しかったな。「アズカバンの囚人」でハーマイオニーが使ってた道具のように、時には、ちょっと都合良すぎるでしょ!って物もありましたが、組分け帽子とか可愛いですしね。今回は杖。杖の薀蓄をオリバンダー氏に嫌ってほど聞きたいかも、私。(静山社)


+シリーズ既刊の感想+
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」上下 J.K.ローリング
「ハリー・ポッターと死の秘宝」上下 J.K.ローリング
(それ以前の感想は残っていません)

| | commentaire(10) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」上下 J.K.ローリング へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻) 7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。 「不死鳥... » Lire la suite

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)/J. K. ローリング J・K・ローリング 松岡佑子訳 ... » Lire la suite

Commentaires(10)

えーい、三連投失礼します、こちらにも。
いつもは図書館本中心なんですが、ハリポタだけは、発売日にきっちり買って読んでるんです。
(しかし、いつも記事にし損なうんですが)
ほんと、見事な大団円でしたね。
しかし、やはり殺しすぎ!
読み終わった後、ちょっぴりどんよりしてしまいました。

わー、オリバンダー氏の蘊蓄。はーいはーい、私も聞きたいです!笑

読まれたんですね~♪
わたしはハリポタは個人的に好きじゃない!と思いつつ読んでいたのに、うっかり最終巻は泣きそうになりましたよ!w
「そばにいて」ってところと、あとラスト近くでハリーがある相手の名前を呼んで語りかける部分で。ああ、ハリー、大人になったね!!と思って。w

確かに死にすぎだしご都合主義だし冗長な部分が多すぎましたが(言い過ぎ)、でもここまできれいにまとめられると、「けっこういいシリーズだったかも…」とか思っちゃいます。w

「終わりよければすべてよし」ですね~。

こんばんわ。TBさせていただきました。
私も読むのはもっと後になるかと思ったのですが、意外と早かったです^^;
全7巻は長かったような、あっという間だったような…ですね。
最初、ハリーは可愛いなぁと思っていたのですが、5巻くらいからイライラすることも多くなりましたね^^;
そこでなんでそういうことするの!とか、そんなに怒る事ないでしょ!とか^^;
微妙に親の心境になりました^^;
最後は良かったねって思いました。

>つなさん
三連投、ありがとうございます♪
あら、つなさん、ハリポタはご自分で買ってらしたのですか!
でも確かにハリポタの記事を読んだ覚えは…(笑)
発売日にきっちり買ってらしたなんて、うわー、なんだかとってもびっくりです。(笑)

それにしても無事終わってくれて良かったです。
大人気になっても、話を引き伸ばしたりしないで予定通り終わったとこもスバラシイ~。
でもほんと今回は殺しすぎでしたよね…
ハリーが身につまされるだけで、それ以上の意味がないように思えてしまったところも何とも…

お、つなさんも。ではぜひご一緒に~♪>薀蓄
実は私、1巻の頃からその手の話を聞きたくて堪らなかったんです。(笑)

>ちょろいもさん
読みましたよ~♪
私もちょろいもさん同様、このシリーズは好きじゃなかったし
あまりにもてはやされ過ぎることに逆に反発してしまったんですが…
もっと面白い作品だっていっぱいあるでしょ!って。
だからサイトの方にも感想を書いてないんですよね。普段なら面白くなかった本のことだって書いてるのに。
毎回きっちり本を貸してくれる人のおかげで、全部読んでしまいましたよ!(笑)
や、言いすぎじゃないです。他にもたとえば(以下略)
でもほんと「終わりよければすべてよし」ですね!

と、コメントのお返事を書きつつ…
ちょろいもさんが書かれた2箇所を読み返してしまった私です。(笑)

>苗坊さん
TBありがとうございます~。
ほんと7巻は長かったようなあっという間だったような~、ですね。
一気に読む時間が取れて良かったです。
そうそう、最初はハリーも可愛かったのに、途中からすごかったですよね。
思春期と言ってしまえば、それだけのことなんですけど(笑)
ダーズリー一家に対しても、そりゃ意地悪され続けたのは可哀想だけど
仮にも育ててくれた人なんだから… ってずっと思ってましたよ。
でもほんと、無事に大きくなってくれて良かったです。
…って、確かに私も微妙に親の心境になってますね。(笑)

読了お疲れさま。

これはもう、4巻以降の次第に分厚くなる頁と、
記憶の彼方に消えた登場人物たちとの闘いですよね。
(あ、単に自分の健忘症との闘い?)

すっかりダークサイドに飲み込まれていくかのように見えて、
起死回生のハリーに思わず、誤解していてごめんなさい!
その言葉は同じくあの人にも。

ダースリー一家と言えばペチュニア伯母さん、
彼女の存在にもう少し意味があると思っていたのに、
少しがっかりでした。

それにしても、7巻まで人気を維持したとは
やはりJ.K.ローリングの実力ということなのかしらん。

気がつけば“The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)”
がamazonの買い物籠に入っている自分は、
ローリングの魔法に支配されているのでしょうか・・・。

きゃろるさん、こんにちは。
4巻以降、本当に上下巻必要だったのはどれだけあるんだろう?
なーんて思ったりもするんですけど(笑)
それでもきちんと最初の予定通り7巻に収めたのは、すごく評価してるんです、私。
そうですね、7巻まであの人気ぶりを維持してたというのもすごいことですね。
シャンナ・スウェンドソンのシリーズですら、売り上げが落ちたりするのにー。
(そのことに実は相当びっくりしたらしいです、私・笑)

確かにペチュニア伯母さんはそうですね。
ダーズリー一家、6巻ぐらいで随分と思わせぶりな感じじゃありませんでした?
その割にあっさり、でびっくりしました。
でもあの人に関しては、ほんと良かったですよね。
信じてはいたけれど!
なかなか信じきるのも難しい状況になってしまっていたので。

おー、吟遊詩人ビードルの物語、買われますか!
私もこの題名にはものすごくソソられてるんですけど… だって「吟遊詩人」!
でも洋書で読むほどではないかなー。
何はともあれ、無事に読了してほっとしました。(^^ゞ

私もこの間読了しました。
作者はこの巻が書きたくて長いシリーズを書いたのではと思うくらい、今回初めて満足しながら読みました。
そう思うと、それまでの巻は、引っ張りすぎって感じもします。こんなに何巻にもしなくてもいいような。。(^^ゞ
翻訳の方が力を入れたというあの章は良かったですが、何となく、「賢者の石」からうすうす予測してました。
>ダーズリー家
ホント、そう言われるとどうなったのでしょう。彼らって中途半端な扱いでしたね。

あと、クィデッチって、シリーズで何度も出てきてちょっと嫌だったです。(笑)

ワルツさんも読了でしたか♪
うんうん、最終巻はなかなか良かったですね。
本当に最後まで読み続けられるか自分でも危ぶんでたんですけど
無事にゴールに辿り着けてほっとしましたよ。(笑)
長かったですものねえー。ほんと、ここまでの冊数は必要なかったですよね。
全7巻というのは、パブリックスクールが7年制だからと聞いたんですが
せめて途中の上下巻を全部1冊ずつにしてくれれば~。

クィディッチ、鬱陶しかったですね!
だって結局のところ、シーカーがスニッチを取れば、それで勝ちですよね?
(と言い切るのは乱暴かもしれないですが)
他のメンバーなんて必要ないんじゃん! って突っ込みまくりましたよ。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.