「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ

Catégories: /

[amazon]
1818年12月24日の朝。オーストリアのザルツブルグに近い小さな町・オーベルンドルフの聖ニコラ教会にやって来た若いオルガン奏者・フランツ・グルーバーは、オルガンの音が出ないのに気付きます。パイプオルガンのパイプの革製のふいごに、ネズミが小さな孔をあけてしまっていたのです。困り果てたフランツ・グルーバーと若い助任司祭・ヨゼフ・モールはその夜のミサのために、ギターの伴奏で歌を歌うことを思いつきます。そしてヨゼフ・モールがその日作った詩に、フランツ・グルーバーが曲をつけることに...。クリスマスの賛美歌「きよしこの夜」を作り上げることになったヨゼフ・モールとフランツ・グルーバーの物語。

本当はクリスマスの頃に読むつもりにしてたんですけど、うっかりしててちょっと早くなってしまいました。
クリスマスになると世界中で歌われる「きよしこの夜」は作者不詳とされてることも多いんですが、実は19世紀のオーストリアの田舎町で作られた曲だったんですね! しかもパイプオルガンの故障から生まれた曲だったとは。記念すべき最初の演奏は、グルーバーによるギターの伴奏に合わせて歌うモールとグルーバーと12人の子供たちの歌。でも評判こそ決して悪くなかったものの、教会のミサにギターなんてとんでもない!と考える気難し屋の老司祭によってモールは更迭されてしまうし、2人にとってはあまりいい思い出とはならなかったみたい。
でもそのまま忘れ去られてしまうはずだったこの曲は、パイプオルガンの修理屋が楽譜をもらったことによって、次第に広がっていくことになります。2人が作者だと名乗らなかったせいで、一時はミヒャエル・ハイドン(有名なハイドンの弟)の作曲と思われたこともあるようですが、楽譜探しを依頼されたザルツブルグの聖ペトルス・ベネディクト派修道院に偶然グルーバーの末の息子がいたせいで、本当の作者が判明したんですって!
表紙の画像が出ないんですけど、この本がまたとても素敵なんです。黒地の表紙の中央に天井画(多分)が配されて、その上下に金色の字で「The Story of Silent Night」「Paul Gallico」と書かれている、とてもシックな装幀の本です。(大和書房)


+既読のポール・ギャリコ作品の感想+
「トマシーナ」ポール・ギャリコ
「セシルの魔法の友だち」ポール・ギャリコ
「マチルダ ボクシング・カンガルーの冒険」ポール・ギャリコ
「われらが英雄スクラッフィ」ポール・ギャリコ
「幽霊が多すぎる」ポール・ギャリコ
「猫語の教科書」ポール・ギャリコ
「ハリスおばさんパリへ行く」「ハリスおばさんニューヨークへ行く」他2冊 ポール・ギャリコ
「七つの人形の恋物語」「スノーグース」ポール・ギャリコ
「トンデモネズミ大活躍」「ほんものの魔法使」ポール・ギャリコ
「ポセイドン」上下 ポール・ギャリコ
「ザ・ロンリー」ポール・ギャリコ
「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ
Livreに「ジェニィ」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「「きよしこの夜」が生まれた日」ポール・ギャリコ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.