「暁の密使」北森鴻

Catégories: / /

 [amazon]
明治31年(1898年)。仏典の研究のために清国へと渡った能海寛(のうみゆたか)は漢口の街に到着。準備を整え人夫を雇って出発した能海に接近してきたのは、英国商社のジャーデン・マセソン社のトーマス・ヤンセン。あくまでも日本の仏教を立て直すために原典を求め、そのために東本願寺法主からダライ・ラマ13世への親書を携えて拉薩を目指しているつもりの能海でしたが、外の人間たちからは、彼は日本政府の意を受けて西蔵を目指す密使だと見られていたのです。能海は知らないうちに、「グレートゲーム」に巻き込まれていくことに。

日清戦争と日露戦争の間の時期を背景に、清や西蔵(チベット)、そしてそれらの国々を巡るを各国の思惑を描いた骨太な歴史ミステリ。能海寛はもちろんのこと、河口彗海や寺本婉雅、成田安輝など実在の人物たちが登場します。
能海が本人も知らないうちに歴史の一駒にされていたという設定はとても面白かったし、チベットのラサへと向かう厳しい道のりもとても迫力があって、英国のジャーデン・マセソン社のエージェントの介入、能海を助ける山の民や清国人たちとのやり取りもなかなか良かったんですけど、これだけのことを描きあげるには枚数が足りなかったのではないかしら? このページ数にしてはかなりよく描き込まれてると思うし、能海もなかなかいい感じなんですけど、全体から眺めた時にどこか物足りないものがありました。最後も、ある程度は歴史物の宿命とはいえ、後味があまりにも良くないですしね... なんでこんな幕引きにしちゃったのかしら。このラストで作品全体の印象も変わってしまうんだけどなあ... ここまできちんと作り込んできてるのに、なぜ?(小学館文庫)


+既読の北森鴻作品の感想+
「共犯マジック」北森鴻
「蜻蛉始末」北森鴻
「親不孝通りディテクティブ」北森鴻
「螢坂」北森鴻
「瑠璃の契り」北森鴻
「写楽・考」北森鴻
「暁の密使」北森鴻
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「暁の密使」北森鴻 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 明治時代といえば、仏教にとって受難の時代だろう。廃仏毀釈の嵐が吹き荒れ、仏教は存亡の危機に瀕していた。そのような中、仏教最高のために、経典を求めて、チベ... » Lire la suite

Commentaires(2)

 こんばんは。
 この作品、気になっておりましたが、後味があんまりよろしくないようですねぇ。北村さんの作品だけに、しっかりとカキコミの上で上質のドラマを展開したうえでなおかつ読後感がいいのを期待していたのですが(どんだけ無理な注文をするんだから)、ちょっときびしそうですね。
 テーマ的には、とても惹かれるものがあるんですけれどね〜。
 

樽井さん、こんにちは。
ねね、このテーマ、惹かれますよね。お仲間です。^^
まあ、最終的にはちょっぴり物足りなく感じてしまったんですけど
それは私が醒めない夢を求めてしまったせいとも言えるかも…
後味がそれほど良くないと覚悟していれば、大丈夫な気もします。
文庫で429ページという枚数でここまで描き上げるのは、さすが北森さんですし!
上下巻にしてもいいぐらいの作品でしたよん。
実際にそうなると、ちょっと手を伸ばしにくくなっちゃうんですけどね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.