「阪急電車」有川浩

Catégories: / /

 [amazon]
宝塚、宝塚南口、逆瀬川(さかせがわ)、小林(おばやし)、仁川(にがわ)、甲東園(こうとうえん)、門戸厄神(もんどやくじん)、西宮北口。片道15分ほどの短い阪急今津線を舞台にした人間模様。

阪急電車の今津線が舞台の作品。以前からともっぺさんにオススメされてたものの、図書館で借りようと思ったら大人気。ようやく読めましたよ。いや、本当は書店に本が並んだ時から気にはなってたんですよね。だって、関西に引っ越して以来、ずっと阪急沿線に住んでる私。途中で何度か引越ししたとはいえ、相も変わらず阪急沿線。そして阪急の今津線といえば、私が中学高校の間毎日のように乗っていた路線なんですもん。今ではほとんど乗ることもないんですけどね。これで気にならない方が嘘でしょう~。でもよく知ってるだけに、本筋とは関係ない妙なとこで突っ込んでしまいそうという不安もあって。オススメされるまでは読むつもりはなかったんです。

で、実際に読んでみて。
いや、もう、懐かしい! 初っ端から清荒神ですか。しかも宝塚中央図書館って! ここが建てられた時のことだって覚えてますよぅ。他にも懐かしくなってしまう風景ばかり。燕が巣を作った駅の「今年もやって参りました。お騒がせしますが、巣立ちまでどうぞ温かく見守ってください」という貼り紙にも見覚えがあるし...。登場する人たちの学校もすぐ分かりますね。あれ、ここが出てるのにあそこは出さないの? とか思ったりもしましたが。
でも、案の定突っ込みたい部分も色々と... まず言葉。大阪と神戸の丁度中間というあの土地の言葉は、大阪とも神戸とも違うものだと私は認識してるんですが...? 西宮北口を「西北」なんて言うのも初耳。私は「北口」としか言わないけど、今はそういう言い方するのかしらん。それに、あのほのぼの和やかな今津線に、あんな下品なオバサンも逆ギレ男もいませんよー、とかね。(競馬のある日だけは、電車の中の雰囲気が変わるんですけどね) でも、あそこの小学校(知る人ぞ知る私立の名門お嬢さん学校)があんな扱いされてるのにはびっくりしたけど(だから外見的な描写が変えられてるのね)、うん、こういうこともあるでしょう、と思うし。それに「えっちゃん」の話も、いかにもありそう! 実話と知って思いっきり納得。(笑)

ま、気になる部分もあったんですが、結局あれですね。そんなの全部を乗り越えて、もう可愛すぎ! 身悶えしてしまうぐらい。(笑) そうでなくても、こんな風に色んな人の人生が交錯していくタイプの話って大好きなんです。普通に見える電車の中に潜む様々なドラマ。おばあちゃんも彼も彼女もいい味出してたし、うふふ、楽しかったです。(幻冬舎)


+既読の有川浩作品の感想+
「海の底」有川浩
「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩
「阪急電車」有川浩

| | commentaire(10) | trackback(6)

Trackbacks(6)

「阪急電車」有川浩 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

阪急電車posted with amazlet at 08.05.02 有川 浩 » Lire la suite

 懐かしい。  まずは、その一語に尽きました。  タイトルの阪急電車、わけても物語の舞台のすべてといっていい阪急電車今津線は自分にとってもずっと使い続け... » Lire la suite

阪急電車(2008/01)有川 浩商品詳細を見る 目次 宝塚駅 宝塚南口駅 逆瀬川駅 小林駅 仁川駅 甲東園駅 門戸厄神駅 西宮北口駅 ... » Lire la suite

私は、大阪時代たぶんのべ15年位は「阪急沿線」に住んでいた。[画像]21歳で大阪に越したとき以来、一時的にJR沿線だった時代もあるけど、ほぼ大阪では阪急で... » Lire la suite

阪急電車有川 浩幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、有川浩『阪急電車』を紹介します。阪急今津(北)線(宝塚駅ー西宮北口)沿線で起きる一駅ごとにエピソ... » Lire la suite

有川浩の短編集「阪急電車」を読んだ。 読みやすく、多くの人が高く評価するのがよくわかる。    映画化決定!!主演: 中谷美紀 さん 2011年公開<文庫... » Lire la suite

Commentaires(10)

四季さん☆こんばんは
沿線にお住まいだったとは、うらやましい~!
自分が良く知っている所が出てくるって、とっても嬉しいですよね。
それだけに突っ込みたくなる気持は当然ですよ!(*^_^*)
この本みたいな楽しさって、じわじわっと幸せな気持にしてくれるので大好きです。

こんばんは。
ひょっとして四季さんと自分は近くに住んでいたことがあるのかも知れませんね。自分も宝塚線、今津線をよく利用していました。清荒神のあの図書館ができたときのこともよく覚えています。あれは確か、阪神タイガースがかつて優勝した年でしたっけ?  
 ちかぢかこの小説の舞台の、その甲東園、門戸厄神に引っ越します。
 ただ、、西北という表現、自分にとっては地元ならではでよく使う言葉だったのですけれど、言いませんでした? 西北って。
 

Rokoさん、こんにちは~。
有栖川有栖さんとか高村薫さんとか関西の作家さんも何人もいらっしゃるし
これまでも知ってる場所が舞台になってたりすると、おお~♪だったんですが
ここまでのご当地本というのは初めてだったかも。
やっぱりよく知ってる場所のお話というのは嬉しいですね。
これで有川さんがこの辺りの出身の方だともっと良かったんですが…(笑)
ほんと、幸せが伝わってくるような作品ですよね。
電車の中の空気までこちらに流れてくるようでした。^^

樽井さん、こんにちは~。トラックバックありがとうございます。
ほんと、どこかですれ違ってるかもしれないですね!(笑)
ええと、タイガースが優勝した年って日航機の年でしたよね?
図書館はそれよりもう少し前だと思うのですが、いつなんでしょう。謎です。
宝塚市立図書館のサイトを見たんですが、分かりませんでした。
わ、「西北」言われてましたか。私の周辺では言ってる人が全然いなかったんですが
うちの学校だけだったのかしら~。

と思って検索してみたら、Wikipediaで疑問が氷解しました。
>駅の通称はもとは単に「北口」だったが、最近は「西北(にしきた)」と略称される事も多い。
だそうです。
樽井さんが使ってらしたということは、元々どっちの言い方もあったんでしょうね。

四季さん、こんにちはー。
そうそう、なにはともあれ、ものっすごく楽しいし、可愛い本でしたよねー。
この可愛さのあまり、このあと、有川さんを三冊続けて読んじゃいましたもん♪
折り返す構成も心憎かったですよねえ。

西は名古屋にまでしか住んだことがないので、実はいつも関西弁が謎なのです。
いつも一括りにしがちなんですが、やっぱり微妙な違いがあるんですねえ。

つなさん、こんにちはー。
ほんともう可愛くて楽しくて!
うんうん、あの折り返しがまた良かったですよね。
今まで読んだ有川さんの作品で一番好きかも~♪

関西弁には私もあまり詳しくないんですけど、地域によって全然違いますね。
大阪だけでも普通の大阪弁、船場言葉、北部の摂津弁、南部の河内弁や泉州弁とありますし…
大阪北部は転勤組も多いので大阪色がそれほど濃くないんですが、南部は濃いですよー。
丁度「河内のオッサンの唄」という歌があるので歌詞をどうぞ♪
http://www.biwa.ne.jp/~full/kawachi.html
(あ、動画で探した方が楽しいかも?)

テレビの漫才師の言葉なんかは、大阪弁をさらにデフォルメしてるような感じかな。
普通の大阪弁とはまたちょっと違うかと… 芸人言葉?
たとえば「でんねん」「まんねん」なんて、私はギャグでしか使いませんし。(笑)

今津線自体は、宝塚から西宮北口までぜーんぶ兵庫県なんですけど
位置的に大阪北部の摂津弁と神戸弁がぶつかって(?)、またちょっと違う感じなんです。
もう少し神戸弁に近い感じで書いてもらってたら、違和感も少なかったかもですが…
そういうのは、地元民以外にはなかなか難しい部分ですものね…。

こんにちはー。
実は私もつい最近読んだんです!
11月最初の読了本がこの作品で。
これは恋をしろってことなのかしら?なんて思ったり(笑)

私は関西には詳しくないのですが、なんだか和やかな沿線みたいで羨ましいです。
乗ってみたいなー阪急線♪

 こんばんは。 
 そうですねぇ。確かに関西弁と一口にいっても、大阪も神戸もかなりその中でも言葉って違いますもんねぇ。自分も大阪人ながら、神戸弁と京都弁のブランドっぽいしゃべりだと常々言われますからねぇ。
 ちなみに、新居は門戸厄神になりましたので、近所の喋り言葉のチェックをしたいと思います^^

>fumikaさん
わあ、fumikaさんも読まれたところだったんですね♪

>これは恋をしろってことなのかしら?なんて思ったり(笑)
うふふ、いいですねえ。
図書館にも電車の中にも出会いの場があるんですものね。
最初の2人みたいな出会い、いいですよねえ。

阪急沿線は基本的に周辺の他の路線より和やかだと思うんですけど
その中でも今津線は特に和やか度が高いような気がします。
一度、ぜひぜひ♪

>樽井さん
神戸弁は分かるんですけど、京都弁もですか?(笑)
あ、敬語を話そうとすると京都弁っぽくなったりするから
そういうことなのでしょうか~?
でも言葉を文字で表すのって難しいですよね。
以前有栖川有栖さんの講演会に行った時に
大阪弁を文字にしてしまうと、なんだか物足りない気がして
普段使わないような「でんねん」「まんねん」を使いたくなることもある…
みたいなことを話してらしたんです。
分かるなあって思いました。

門戸厄神は今はどんな感じなんでしょう。
私にとっては、神戸女学院のイメージが強い駅です~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.