「カモメに飛ぶことを教えた猫」ルイス・セプルベダ

Catégories: / / /

 [amazon]
南に向けて6時間も飛びっぱなしだったカモメたちの一団は、見張り係がみつけたニシンの群れを目指して急降下。しかし銀色の翼のケンガーが4匹目のニシンをとりに海に潜った時、見張り係の警告の叫び声が。ケンガーが海面に頭を出した時、既に仲間たちの姿はありませんでした。警告は、海に原油が広がっていることを知らせるものだったのです。羽に原油がべっとりとついたカモメは、魚の餌食になるか餓死するさだめ。ケンガーはなんとか飛び立つことに成功するものの、やがて力尽きてハンブルクの一軒の家のバルコニーに墜落。そこにはゾルバという黒い猫がいました。自分の命が長くはないことを悟ったケンガーは、自分の産む卵をゾルバに託すことに。そして卵を食べないこと、ひなが生まれるまで卵の面倒をみること、そしてひなに飛び方を教えることをゾルバに約束させます。

ゾルバ、大佐、秘書、博士、向かい風といった猫たちと、フォルトゥナータと名づけられたカモメとの友情物語。「港では、一匹の猫の問題は、すべての猫の問題だ」「港では、一匹の猫が名誉にかけて誓った約束は、港じゅうのすべての猫の約束じゃ」という言葉のもとに、死んでいったカモメのケンガーとの約束は厳重に守られることになります。でも何でも載ってる博士の百科事典にも、カモメの育て方は載ってないんですよね。猫たちのカモメのヒナ育ては、全く手探り状態でスタート。ゾルバは綺麗な石みたいだなと思いつつも卵を温め続け、やがて生まれたヒナにハエを取ってやり、人間たちに見つからないように場所を移し、ヒナを狙わないように野良猫と下水管のネズミに話をつけます。フォルトゥナータをという名前になったヒナは、猫たちの愛情に包まれて育つんです。自分も猫だと思いたくなるほどまでに。
この猫たちがすごくいいんです。なんていうか男気があってカッコいい。私は本当は動物モノってあんまり好きじゃないんですけど、これは良かったなあ。とてもシンプルな物語なんですけど、とても力強くて愛情もたっぷり。ヨーロッパでは「8歳から88歳までの若者のための小説」という副題で刊行されたと聞いて納得です。確かに一見童話のような作品だし、すぐ読めてしまう短さなんですけど、これは単なる子供向けの作品ではないですね。子供も大人もそれぞれに楽しめる作品。なかなかいいものを読みましたー。(白水uブックス)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「カモメに飛ぶことを教えた猫」ルイス・セプルベダ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 ハンブルグに住む黒猫ゾルバが昼寝をしていると、重油まみれになったメスのカモメが落ちてくる。ゾルバは瀕死のカモメがこれから産み落と... » Lire la suite

Commentaires(2)

これは私も大好きな作品です。
ハードボイルドなゾルバがいい味出していますよね。

私のブログの記事のTBを飛ばしていますが、
http://piaa0117.blog6.fc2.com/blog-entry-367.html
こっちの記事もどうぞ。

piaaさん、こんにちは!
お好きでしたか~、この作品。
最初は児童書なのかなと思って読み始めたんですけど
おもいがけずいい味を出しててびっくりしました。
ほんと、ゾルバは「ハードボイルド」という言葉がぴったり!

わ、ゾルバ普及計画ですか!(笑)
そちらにもゆっくりお伺いいたしますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.