「モノ書きピアニストはお尻が痛い」「ショパンに飽きたら、ミステリー」青柳いづみこ

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
プロのピアニストでありドビュッシー研究家でもあるという青柳いづみこさんのエッセイ。「モノ書きピアニストはお尻が痛い」は、音楽雑誌などに掲載された文章を集めたもの。「ショパンに飽きたら、ミステリー」は、古今東西のミステリ作品に描かれた様々な音楽シーンを、鋭い視点で解説したもの。こちらは再読です。

以前読んだ「ショパンに飽きたら、ミステリー」がすごく面白かったので、「モノ書きピアニストはお尻が痛い」も楽しみにしてたんです。でも「ショパンに飽きたら~」が本を読みたくて堪らなくなる本だとすれば、「モノ書きピアニストは~」は音楽が聴きたくて堪らなくなる本かな。一番よく話がでるのはやっぱりドビュッシー。でもドビュッシーのピアノ曲っていったら、私は「2つのアラベスク」しか弾いたことないし、あんまりよく知らないのです。ちょっと勿体なかったかも。

面白いなと思った部分はいくつかあったんですが、読み終わってみて一番印象に残ってるのは、水の女の文学とその音楽の話や、ラヴェルとドビュッシーの話とか、その辺り。右に画像を出したのは書籍の「水の音楽」なんですが、これとセットでCDの「水の音楽 オンディーヌとメリザンド」も出てるんですよね。水をテーマにドビュッシー、リスト、ラヴェル、ショパン、フォーレを弾いたという1枚。青柳いづみこさんのピアノ、聴いてみたいなあ。「ピアノは、水に似ている」と書いてらっしゃるんですが、ピアノで水の音を表現できるのは、既にに相当練習を積んでる人だけですよね。「リストのダイナミックな水は、指のバネをきかせ、ひとつひとつの音の粒をきらめかせる。そこに手首の動きを加えると、ラヴェルの神秘的な水になる。対してドビュッシーの澱んだ水を弾くときは、指の腹を使い、すべての響きがないまぜになるように工夫する」そうですけど!
あ、↓の部分も面白いなと思ったところ。

楽器の奏者には、楽器特有の顔がある。小さいころからたくさんの音を操る訓練を受けてきたピアノ科は、頭脳明晰学力優秀で、なんでもてきぱきやっつける。いっぽう、ある程度の年齢になって始める管楽器科は、学校の勉強はイマイチかもしれないが、楽器に対する愛情は群を抜き、変に管理されていないのでその分人間的だ。その違いが、顔や態度に出る。(P.108)

あー、分かる気がする!(笑)

そして続けて「ショパンに飽きたらミステリー」も再読してしまいました。やっぱり面白い~。1年中実技レッスンや実技試験、コンクールやオーディションなどに神経を尖らせてる演奏科の学生にとって、ミステリは手軽で最上の気分転換で、クラシックの演奏家にはミステリファンが多いのだそう。言われてみると、私の周囲で声楽やピアノをやってる人にも、確かにミステリ好きが多いです。でもコンサート前のピアニストの気分はほとんど殺人者って...(笑)
一番好きなのは、ヴァン・ダインのシリーズ物の主人公ファイロ・ヴァンスのピアノの腕前に関する話。「カナリヤ殺人事件」ではブラームスの「カプリッチォ第一番」という曲を弾いているヴァンス。それを読んで「素人としてはよく弾けるほうだろう。私立のお嬢さん音大くらいには合格するかもしれない」と書いてます。でもこれには続きが。

...と思って「ドラゴン殺人事件」を読んだら、これがすごい!「未解決の知的問題に深くとらえられた」ヴァンスは、苦悩に満ちた様子で、夜中の三時に、かのベートーベン至高のソナタ第二十九番「ハンマークラヴィーア」の長大なアダージオを弾きはじめるのである。お嬢さん音大だなんて言って、ゴメンナサイ。(P.33)

こんな調子で進んでいくんですよ。楽しいです♪(文春文庫・創元ライブラリ)


+既読の青柳いづみこ作品の感想+
「モノ書きピアニストはお尻が痛い」「ショパンに飽きたら、ミステリー」青柳いづみこ
「水の音楽 オンディーヌとメリザンド」青柳いづみこ
「ボクたちクラシックつながり」青柳いづみこ
「ピアニストは指先で考える」青柳いづみこ
「指先から感じるドビュッシー」青柳いづみこ
「ピアニストが見たピアニスト」青柳いづみこ
「六本指のゴルトベルク」青柳いづみこ

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「モノ書きピアニストはお尻が痛い」「ショパンに飽きたら、ミステリー」青柳いづみこ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さん、こんばんは。

『ショパンに飽きたら、ミステリー』とても面白そうですね!
私は、ミステリーのガイド本などを読むのが好きで、ちょっと前には貝谷郁子の『料理で読むミステリー』を楽しく読みました。
『ショパンに~』は、ミステリーの音楽シーンを解説した本なのですね。
本を読みたくなる本とは、ちょっと危険ですね^^
でも、これは是非読んでみたいです。文庫のようですし♪
買いたい本リストに加えておきます☆

みらくるさん、こんにちは~。
「ショパンに飽きたら、ミステリー」はオススメです!
確かに読みたい本が増えてちょっと危険ではありますが、ぜひぜひ♪
あとね、ミステリーのガイド本がお好きなら
由良三郎さんの「ミステリーを科学したら」もオススメです。
こちらはミステリーの犯行現場を科学的に検証していくんです。
…なーんて書くととっつきにくそうですが、たとえば毒薬の味とかね、
青酸カリの一般認識の間違いとか、そういう話を楽しく書いてる本なんです。
残念ながら今は本が入手できなくなってるんですが
もし図書館や古本屋にあったら、一度手に取ってみてください。
どちらもミステリーに対する愛情がたっぷり詰まった本です♪

四季さん、こんにちは!

『ショパンに飽きたら、ミステリー』読みました^^
青柳さんのミステリー好きが伝わってくる本で、紹介されていたミステリーを一冊も読んだことのない私でも楽しく読むことが出来ました。
これは確かに読みたい本が増えますね♪
四季さんがオススメして下さった由良三郎さんの『ミステリーを科学したら』、この本の中でも紹介されていて気になりました。
本を好きな人が書いた「本に関する本」(ややこしい^^;)って、読むだけで楽しいですね。

みらくるさん、こんにちは!
わあ、早速読まれたんですね。
みらくるさんにも楽しんで頂けたようで、すごく嬉しいです~。
そうそう、青柳いづみこさんって本当にミステリがお好きですよね。
楽しんで読んでるワクワク感がこっちにまで伝わってくるような気がします。
うんうん、本好きの人が書いた本に関する本って楽しいですよね!
…あれもこれも読みたくなってしまうのがコマリモノではありますが。(笑)

「ミステリーを科学したら」も、もしあればぜひ手に取ってみて下さいね。
こちらも由良三郎さんのミステリ好きが伝わってくるような本です♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.