「対訳 ペレアスとメリザンド」メーテルランク

Catégories: /

[amazon]
森で狩をしていたアルモンドの王子・ゴローは、獲物を深追いして森で迷ってしまいます。獲物を見失い、猟犬ともはぐれたゴローが出会ったのは、泉のほとりで泣いていた美しい少女。メリザンドだと名乗る少女の服装は王女のようで、かぶっていたという金の冠は泉の中に落ちていました。メリザンドに惹かれたゴローは彼女を連れて城に戻り、結婚するのですが...。

青柳いづみこさんの「水の音楽」を読んだ時に気になっていた本です。(記事) 本当は普通の本が読みたかったのに対訳しか見つからず... しかも対訳といえば英語かと思いこんでたんですが、なんとフランス語でびっくり。いえ、メーテルランクはベルギー人なので、当然といえば当然なんですが。...この「メーテルランク」、知らないなあって思う方も多いと思いますが、実は「青い鳥」のメーテルリンクなんです。こういう本でフランス語の勉強ができたらいいですよねえ。今回は所々原文を見る程度で、結局日本語の文章を追ってしまったので勿体なかったんですが。
右の画像は、ドビュッシー、シベリウス、シェーンベルク、フォーレの4人のそれぞれの「ペレアスとメリザンド」が入っているというCD。聴いてみたいなあと思って。音楽だけでなく、絵画の題材にもなってるのかもしれないですね。この本にもすごく素敵な挿絵が挿入されていました。カルロス・シュワップ画で、元々はパリで発行された限定版のための挿絵なのだそう。文庫だと小さくなってしまうし、色彩も分からなくなってしまうのが残念。でもこれもとても素敵で、元の美しさが想像できます。

青柳いづみこさんの本にも書かれていたのですが、この作品には確かにメリザンドが「水の女」だという記述はないんですね。それでもメリザンドが最初に登場するのは森の泉のほとりだし、城の外苑の泉の場面や海辺の洞窟の場面、城の地下にある水の溜まった穴などなど水の場面が、それぞれとても印象的なんです。それにとても意味深長。ゴローとの出会いの場面の会話からして、謎めいています。メリザンドはどうやらいじめられて、どこかから逃げ出してきたらしんですが、詳しくは語ろうとしません。生まれたのはこの国ではなく、ずっと遠いところ。王女のような服装をして、泣いているうちに「あの方に頂いた」金の冠を水に落としてしまった、しかしその冠はもう欲しくない。そしてその後の「どうしてそんなに、じっと、ごらんになるの」「目を見ているのです。ーー少しも目を閉じないのですか」という会話もなんだかイミシン。やっぱり人間じゃないみたい。水の精みたいですよね。まるで水の王と結婚していたような感じ。そしてこのメリザンドの性格ときたら。何かといえばすぐ泣くし! 気分のムラは激しいし! すぐ「どこかへ行ってしまいとうございます」なんて言うし! それにしては主体性のない流されやすい人なんですよね。これはやっぱり水そのものー。

この本の途中、鉛筆で「ちょい苦しい訳!」なんて書き込みされてました。(図書館の本に書き込みなんてしちゃいけません!) でも確かにそこも「ちょい苦しい」けど、私にはもっと気になるところが! 序盤でゴローの母親が自分の息子のことを話題に出してるんですけど、「あれはいつも本当に慎重で、くそ真面目で、意志も強い男でしたのに...」なんて言ってるんですよ。「くそ真面目」って! 仮にも一国のプリンセスの言葉とは思えません!!(岩波文庫)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「対訳 ペレアスとメリザンド」メーテルランク へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、これ、とってもお得なアルバムですね。
私はフォーレとドビュッシーしか聴いたことありませんでした。
ぜひ、シェーンベルクやシベリウスの「ぺリアスとメリサンド」も聴いてみたいです。
早速アマゾンでポチっとしてしまいましたよん。(*^。^*)(ありがとうございますー)

ドビュッシーにとっては唯一のオペラで気に入ってます。それに、フォーレ大好き!ですし。今まで聞き比べたりしていました。
フォーレは、TVののダメで、「シシリエンヌ」がよくかかりましたね。ロマンチックな曲♪

ストーリーは大まかに知っているのですが、四季さんのようにきちんと読まれるとさらに味わえなぁと、尊敬しちゃいます!
そういえば、水や泉、海とか、やけに水が登場するのですが、青柳さんがおっしゃるように水の音楽とは思いませんでした。改めて聞いてみます。

>対訳
と言って、フランス語とは。
四季さん、それを読まれたのですね!

ワルツさん、こんにちは~。
わあ、早速ぽちっとされたとは。
私は聴いてみたいと思いつつ、まだカートに入れただけなんです。
どんな感じなんでしょうね。素敵だといいのですが~。(どきどき)
でも4人の曲が一度に聴けるなんて、それがすごいですよね!
(さすがにドビュッシーのはオペラではないようですが…)

という私はドビュッシーのオペラもシェーンベルクもシベリウスも知らなくて
フォーレだけだったりします…(オハズカシイ)シシリエンヌ、素敵な曲ですよね♪

「ペレアスとメリザンド」、お話もとても良かったですよ~。
フランス語は今回ほとんどすっ飛ばしてしまいましたが(あらら)
これが読めると素敵でしょうね。
対訳って、勉強するのにとっても便利かも。って改めて思いました。
しかも戯曲だから、基本的に台詞ばかりだし。
しかもこんなに趣味(私の)に走ったお話だし。(笑)
とっくの昔に絶版なのが残念ですが… 古本で探してみようかな。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.