「中国百物語 中国昔話大集III」話梅子編・訳

Catégories: / /

 [amazon]
中国昔話大集の3冊目。今回は百物語形式で、短い物語が99話収められています。
1つだけご紹介しますね。21話「虎皮」。オチまで書いてしまってるので、この先は興味のある方だけご覧下さい。(最後の最後のオチだけは反転しないと読めないようにしてますが)


中国のこういった志怪小説には、動物の精や幽鬼の女性が登場することが多いんですけど、この話に登場するのは虎。旅をしていた男性がある宿に泊まると、突然虎が現れるんです。その男性が物陰に身を潜めていると、虎はするっと虎の皮を脱いで美しい娘になっちゃう。びっくりした男性が出てきて娘にわけを尋ねると、家が貧しくて結婚相手が見つからないから、夫になってくれる人を探してるのだという答。相手が美しい娘なものだから、男性は「じゃあ結婚しよう」ってことになります。で、虎の皮を枯れ井戸に投げ捨てちゃう。
ここまではいいんですが...
数年後、2人はまたこの宿に泊まることになるんですね。今度は息子も一緒に。で、枯れ井戸をふと覗いてみると、昔捨てた虎の皮がまだ残ってるんです。そして「お前が着ていた皮がまだあるよ」「まあ、懐かしい。せっかくだから拾ってきて下さいな」「ちょっと着てみますわ」なんて会話があるんですが...
この奥さん、虎の皮を着た途端、虎に戻ってしまいます。そこまでは予想通り。でも...
夫と息子に「躍りかかってその体を食らい尽くすと、いずこへか姿を消した」(←反転してください)

ひえーっ。そうくるか!
いや、ここまで来たら、こうなるしかないかも知れませんが... 中国物は結構読んできましたが、このパターンはちょっと珍しいかも。いやいや、やっぱり中国物は面白いです。百物語といえば怪談なんですけど、中国の怪談はあっけらかんとしててあまり怖くないとこが好き~。(アルファポリス文庫)


+既読の話梅子作品の感想+
「游仙枕」「大器晩成」話梅子編・訳
「中国百物語 中国昔話大集III」話梅子編・訳

| | commentaire(8) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「中国百物語 中国昔話大集III」話梅子編・訳 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(8)

おー、これは第1集だけ読みました。
99話!本当に百物語なんですね(・ー・)
(中国には「百物語」ってあるんでしょうか・・?)

中国の物語は発想がすごいと思います。大好きです◎
オチが…読みたくないけど気になる…笑
うーん、第3集先に買おうかな。。

最近になって、前と別の場所に本のブログ作りました。
すっかり事後ですみませんが、、リンクさせて頂いてもよいですか?
(http://d.hatena.ne.jp/liquidfish/)

liquidfishさん、こんにちは~。
そうなんですよ、本当に百物語になってます…
でも全然怖くないです。(笑)
いや、中国には百物語はないんじゃないですかね? 日本特有のものじゃないかと。
あとがきには特に触れられていませんでしたけど
百物語というテーマで話を集めただけじゃないかと思います。

中国の話はほんと面白いですよね。
ワケ分かんない!って話でも、オチが何もないまま終わっちゃう話でも
なぜか楽しませてくれるんですよねえ。
南伸坊さんの「仙人の壺」「李白の月」は読まれてますか? これも面白くて!
もし未読ならオススメです。^^ (既に読まれてたらゴメンナサイ)

あ、本のブログも作られたんですね。
リンク、ありがとうございます。もちろんオッケーです!
こちらからもBlogPeopleのリンクに入れさせていただきますね。

南伸坊さん未読です!
お勧めありがとうございます♪♪
最近は四季さんの紹介から知って、白水Uブックスなど開拓中です^^

liquidfishさん、こんにちは~。
おお、未読でしたか。それならぜひぜひ♪
どちらかというと「仙人の壺」の方が、よりオススメかも。
liquidfishさんにも楽しんでいただけるといいなあ。
白水uブックスも大好きです。^^

 ご無沙汰しております。
 一進一退で完治とはいきませんが、ブログのほうには少しずつ復帰しています。中国ものはいいですねぇ。色々な王朝ができて1000年くらい時間があいていても、物語ごとには違和感がないような時間の流れがゆるやかな中では怪異もまた日本とは大きく違いますよね。
 南しんぼうさんの「仙人の壺」、発掘で出て来たら是非読み返したくなってきました。

樽井さん! 大丈夫ですか?
ブログを拝見して、少しは元気になられたのかなあなんて思いつつ
樽井さんのところはコメントが多いので、控えておりました。
引越しの方も色々あっったみたいだし、猫ちゃんも大変そうでしたね。
あまり無理なさらないで下さいねえ~。
でも遊びに来ていただけて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。^^

中国物はほんといいですよね。大陸ならではのおおらかさでしょうか。
志怪小説は子供の頃から大好きなので、
久々に読むと、ああ、やっぱりいいなあ、基本だなあって思うんです。
「仙人の壺」、樽井さんも読まれてるんですね♪
あれは面白かったですよね~。
南しんぼうさんまで仙人のように見えてきて大好きな本です。^^

 中国もの、ミステリとかちょっとずつ発掘されてきています。しんぼうさんはまだですけれどね。中国のものは、山海経とか見ても面白いですよねぇ。六韜とかも、あぁこれが虎の巻なのねと思ったり、興味がつきません。 
 あ、コメントの話ですが、じゃんじゃん書いていってやってください。
 樽井は基本的ににぎやかなのが好きなので、サイトはお返事山積みなくらいがベストなので。ではではまた遊びにきます〜。
 

わあ、良さそうなのがあったら、またご紹介下さいね。>中国物
うんうん、山海経も面白いですね。なんでこんなの思いつくの!って思っちゃう。
しかもあの挿絵が素晴らしい~。(笑)
あ、「六韜」は読んだことないんです。兵法関係は全然かもしれません。
「三略」も「孫子」も「呉氏」も読んでない…

コメント、そうですか、山積みぐらいの方がお好きですか。
じゃあ、また遠慮なく書き込ませていただきますね!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.