「ヘイムスクリングラ」スノッリ・ストゥルルソン

Catégories: /

 [amazon]
スノッリ・ストゥルルソンの書いた北欧王朝史「ヘイムスクリングラ」。この中には「ユングリングサガ」「ハルヴダン黒髪王のサガ」「ハラルド美髪王のサガ」「ハーコン善王のサガ」「灰色マントのハラルド王のサガ」が収められています。

先日森山さんに、こんな本が出てました!と教えていただいた本。スノッリ・ストゥルルソンといえば、私は「古エッダ」(要するに北欧神話です... 記事)しか読んだことがありませんでしたが、13世紀にアイスランドの詩人で、この「ヘイムスクリングラ」が「古エッダ」と共に代表作となっています。そして訳者は北欧研究の第一人者の谷口氏。とくれば、そりゃもう読まずにはいられないでしょう!

驚いたのは、この本では北欧の民族の起源をアジアとしていること。そして北欧神話の主神オーディンを実在の英雄として捉えていること! アジアの東の地にアーサランドあるいはアーサヘルムと呼ばれる国があり、その首都がアースガルズ、支配者がオーディンだったんですって。アースガルズは北欧ではなかったのか...! そしてそのオーディンが後に人々を北欧まで導くことになったんですね。このオーディンは常勝の偉大な戦士。その祝福を受けると人々は無事に旅ができるし、窮地に陥った時にその名を呼ぶとオーディンの救いが得られるものとされていたんだそうです。そこから信仰の対象となっていったというわけですね。オーディンの妻はフリッダ、フレイとフレイヤがアースガルズに来ることになったことも、ミーミルの首から様々なことを聞き出したことも、フレイがゲルズと結婚したことも、史実として語られているのが面白いです。
とは言え、神話と共通する部分は最初の方だけ。その後は名前も知らない王の話が続いて、エピソードもそれほど豊富ではないし、正直それほど面白くないです。書き残すといことのが大切だったのだろうと思うので、それはそれで構わないのですが。でも例えば「アイスランド・サガ スールの子ギースリの物語」(感想)や「アイスランドサガ」(感想)でも出てきたハロルド美髪王の時代になると、そちらの話と繋がってまた面白くなります。...要は、面白くない部分は、ひとえに自分の知識不足のせいだったというわけなのね。(苦笑)

この本1冊で、「ヘイムスクリングラ」のまだ4分の1なのだそう。順次刊行されるそうなので、ぜひ追いかけたいと思います。「スノッリのエッダ」の全訳も読みたいな。北欧文化通信社で出してくれないかな。(北欧文化通信社)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ヘイムスクリングラ」スノッリ・ストゥルルソン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.