「ギスリのサガ」

Catégories: /

 [amazon]
10世紀に実在した人物・ギスリのサガ。ノルウェーで騒ぎを起こしてアイスランドに殖民することとなり、やがて義兄弟の敵討ちのための殺人のかどで追放刑になりながらも10年以上生き延びたギスリの生涯の物語です。
このギスリのサガに関しては、以前「アイスランド・サガ スールの子ギースリの物語」で読んでるんですが(感想)、そちらを読んだ時の方が面白く読めたような気も...。父の名前を子にもつけたりと、同名の登場人物がものすごく多いのでヤヤコシイのは相変わらずなんですが、以前読んだ時にすごく印象に残った判官贔屓のような哀愁が、こちらでは感じられなかったんですよねえ。文章中に長い訳注が入っていて読みにくかったのも大きいのかも。ほんの一言の注釈が文章中に括弧にくくられて書かれてるんなら分かりやすいし、実際「ヘイムスクリングラ」ではその辺りが読みやすかったんですけど、こちらでは1ページの半分が注釈になってる、なんてところもあったので...。
でも新しい発見もありました。サガ文学のサガって、英語の「say」と語源が一緒なんですって。知らなかった! 「物語る」とか「歴史」という意味なんだそうです。それに「王のサガ」「伝説のサガ」「アイスランド人のサガ」「ストゥルルンガサガ」というサガ文学の4つの括りは知っていたけど、具体的な作品名はあまり知らなかったので、その辺りはとても勉強になりました。こういう基本的な情報が意外となかなか得られなかったりするんですよね。ありがたいです。(北欧文化通信社)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ギスリのサガ」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

 サガとsayの語源が一緒。
 言われてみればなるほどと目から鱗が落ちるお話ですね。サーガのもとはそういうことだったんだ、と妙に腑に落ちました。
 

樽井さん、こんにちは!
すっかりお返事が遅くなってしまってごめんなさいー。

そうなんです、サガとsayの語源が一緒って、びっくりですよね。
言われてみれば、sagaとsay、たしかに似てるんですけど…(笑)
「サーガ」という言葉自体は、小説やゲームで一般的になってますが
気が付く人ってほとんどいないだろうな、なんて思いますね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.