「銀のロバ」ソーニャ・ハーネット

Catégories: /

 [amazon]
あるひんやりした春の朝。海に近い森の中にきのこを探しに来ていたマルセルとココが見つけたのは、倒れている男。最初は生まれて始めて死人を見つけたと思い、わくわくしながらも逃げ出す2人でしたが、本当に死んでいるのか確かめるために戻ってみると、男は起き上がっていました。目はまっすぐ2人を見つめているのに、「だれだ、そこにいるのは?」と叫ぶ男。男の目は見えていなかったのです。男はとても若い外国人で、脱走兵。病気でもう長くはもたない弟のジョンに会うために、イギリスの自分の家に帰ろうとしているところだと話します。

全然名前も知らない作家さんだったんですが、先日ましろさんに教えていただきました。感謝♪

本筋の物語そのものもいいんですが、兵士が子供たちに話して聞かせるロバの出てくる4つの物語がとてもいいんですよね。キリスト生誕の時にマリアをベツレヘムへと運ぶロバの物語、旱魃に苦しむ世界を救うロバの物語、戦争で負傷者たちを助ける少年とロバの物語、そしてジョンが見つけた銀のロバの物語。
ロバって、日本ではあまり馴染みがないですよね。私が知ってるのは「くまのプーさん」のイーヨーぐらいだし... しかもこのイーヨー、どう見てもイマイチ冴えない地味な存在。でも本当はすごく素敵な動物だったんですね。気立てが良くて我慢強くて足が丈夫で、骨惜しみせずに働いてくれるロバ。小麦のような香ばしいにおいと、深く優しい目をしたロバ。頑固で愚かといわれながらも、どんな動物よりも気高いといわれるロバ。ロバにキスされた赤ん坊は、ロバと同じ性質をそなえた子になると言われているのだそうです。兵士の語る話は、どれも大きく圧倒的な力に振り回される小さな存在の物語なのですが、とてもすんなりと心に入り込んでくるようなものばかり。そしてそんな圧倒的な力に立ち向かうために必要な勇気と愛情を持っているのがロバ。ああ、ソーニャ・ハートネットにとって、ロバってこんなに身近な存在なんですね。そして一見とても小さな存在の方が実は純粋な勇気や愛情を持っている... というのはココやマルセルも同じ。

第一次大戦下のフランスの海辺の町が舞台。イギリス軍の脱走兵の話なので、本当はほのぼのなんてしようがないはずなんだけど、読んでいてすごく和む物語。心が洗われるようでした。マルセルとココを見てる限りでは、近くで戦争をやってることなんてまるで感じられなくて、それが逆にちょっと薄ら寒い気もするのだけど。
ロバではないんだけど、手のひらにすっぽり収まるサイズの銀の恐竜ならいくつか持ってます、私。本を読んでる間ずっとそのイメージでした。ちょっと光沢がなくなってきてるから磨いてあげようっと。そしてソーニャ・ハーネット作品、他のも読んでみようっと。(主婦の友社)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「銀のロバ」ソーニャ・ハーネット へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.