「神の家の災い」ポール・ドハティ

Catégories: / /

 [amazon]
1379年6月。ジョン・クランストン卿はランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの豪華な晩餐に招かれます。甥のリチャード2世の摂政を務めるジョン・オブ・ゴーントは野心の強い人物。この晩餐は、巨万の富を築いているクレモナの領主を接待するためのもの。国王を始めとするこのえり抜きの賓客たちと共に、なぜ自分が招かれているのかと不思議に思うクランストン。しかしその時、イタリア人の持ち込んだ不思議な謎が解けるかどうかという賭けを持ち出されたのです。それは、イタリア人の持つ郊外の館の「緋色の部屋」で4人もの人間が死んだ謎。イタリア人は、謎が解けない方に千クラウンを賭けるといいます。まんまとジョン・オブ・ゴーントの思惑に引っかかったことを悟りながらも、クランストンはその賭けに応じることに。

14世紀イギリスを舞台にした、検死官クランストン卿とアセルスタン修道士のシリーズ第3弾。
今回は「緋色の部屋の謎」、聖アーコンウォルド教会の敷石の下から発見された白骨死体の謎、そしてフラックフライアーズの修道院での連続殺人事件の謎と大きな謎が3つ。その中でも一番重要なのは「緋色の部屋の謎」。期限は2週間、解けなければ千クラウン払わなければならないんですから。でも連続殺人鬼を放置しておくわけにもいかないし、白骨死体のせいで奇跡騒ぎが起きてしまうし、どれも早急に解決しなくちゃいけません。

大酒飲みで大食らいで、所構わずげっぷやおならをしているクランストン卿。(これでも貴族!) モード夫人の「あなたって大口ばかりたたいて、大食らいでーー取り柄は、心が大きいことだけだわ。ときどき誰よりも賢くなることがあるけれど、それ以外のときは」という言葉がぴったり。本当はとても切れ者だし、実は権力には負けないまっとうな精神の持ち主なんですけどねえ。わざと酔いつぶれる寸前の酔っ払いという仮面をかぶってそれを隠しているみたい。彼が唯一恐れているのは、小柄なモード夫人だけ。夫人と生まれたばかりの双子の息子たちを溺愛する、いいお父さんです。そんなクランストンに比べると、アセルスタンは堅実でやや地味に見えるんですが... でもクランストン卿と比べたら誰でも地味に見えてしまうかも。アセルスタンもいい味出してます。今回は特に純な一面を見せてくれますしね。そんな2人が事件の捜査に乗り出すんですが、推理の部分で活躍するのはもっぱらアセルスタン。クランストンはほとんどのことをアセルスタンに任せっぱなしです。でも最後に見事なところを見せるのがクランストン。
このシリーズの大きな特徴である14世紀末の英国の風俗描写は相変わらず。排泄物の臭いが今にも漂ってきそうです。そんな不潔なロンドン下町の描写と対照的なのが、ジョン・オブ・ゴートの豪華極まりない晩餐会。リチャード2世とジョン・オブ・ゴーントの関係もとてもリアルでいいですねえ。歴史がどうなったのか知ってる読者としては、色々ニヤリとさせられちゃう箇所が~。そして一見穏やかに見えるけれども、実は権力欲が渦巻いている修道院の世界も面白いし。そんな歴史的な面白さも味わえるミステリです。(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「毒杯の囀り」ポール・ドハティ
「赤き死の訪れ」ポール・ドハティ
「神の家の災い」ポール・ドハティ

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「神の家の災い」ポール・ドハティ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

神の家の災い ポール・ドハティー/古賀 弥生 訳 東京創元社 987円 Amazonで購入 書評 /ミステリ・サスペ... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん、こんにちは。
ポール・ドハティーはいつ出るのかなとおもっていたら、出ているんですね。
しかも去年。見落としてました。
このシリーズは登場人物がなかなかに魅力的ですよね。
アセルスタン修道士の道ならぬ(?)恋心もなんだか気になるし。
なるべく近いうちに読みたいです。

nyuさん、こんにちは。
そうなんです、去年出てたんです!
今回も面白かったですよー。
謎が3つあると、さすがにちょっと忙しいし
あれ、いつの間に解けちゃったの?って感じもありましたが(笑)
ちらっと垣間見える政治的な部分も楽しかったですし~!
それにやっぱり、クランストンとアセルスタンの2人がいいんですよね。
アセルスタンに関しては、次がどうなるのか気になりますっ。
…という流れですので、お楽しみに♪

こんにちは。
私も献本で初めてこの作品を読んだのですが、面白かったです。
特にクランストンが最高ですね(笑)
取り柄が心が大きいこと、だなんて人、なかなかいないですよね。

あ、fumikaさんも読まれてたんですね!
このシリーズなら、3作目から読んでも大丈夫そう。
ぜひ1、2作目も読んでみてくださいね。
そうそう、普段はただの酔っ払いなのにね。>クランストン
いい人なんですよね~。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.