「海の上の少女 シュペルヴィエル短篇選」シュペルヴィエル

Catégories: / / /

 [amazon]
大西洋の沖合いの6000メートルもの深さの海面に浮かぶ小さな村。村を通るただ1本の道に沿って色褪せた赤煉瓦の家や店が並び、沢山の小窓がある鐘楼が立つこの村には、木靴をはいた12歳の少女がたった1人で暮らしています。船が近づくと少女は激しい眠気に襲われ村全体が波の下に沈むため、船乗りの誰1人として、この村を望遠鏡の隅にすら捉えたことがないのです... という「海の上の少女」他、全20篇が収められた短篇集。

日本では最初に堀口大學が紹介して以来、詩人たちのアイドル的存在だったというシュペルヴィエル。聖書のエピソードを膨らませたりアレンジした作品もあれば、ギリシャ神話をモチーフにしているものもあり、フランスの普通の人々を描いた作品もあり、どこか分からない場所の物語もあり、収められている20編はとてもバラエティ豊かです。でもそこに共通しているのは、透明感のある美しさ。どの作品も散文なんですけど、詩人だというだけあって詩的な美しさがありました。
特に印象に残ったのは、大海原に浮かぶ村を描いた幻想的な表題作「海に住む少女」。そして娘の溺死体が海に流れ着く「セーヌからきた名なし嬢」。読んでいると情景が鮮やかに浮かび上がってきます。美しいなあ...。そして驚いたのは、死を感じさせる作品がとても多いこと。大半の作品が何らかの形で「死」を描いてるんですね。「死」そのものというよりも、「生」と「死」の境界線上かも。「死」とは関連していなくても、たとえば「少女」と「女」、「人間」と「人間でないもの」みたいな何らかの境界線上で揺らいでる印象が強いです。それはもしかしたら、フランスと生まれ故郷のウルグアイとの間で揺れ動いていたシュペルヴィエル自身だったのかしら、なんて思ってみたり。
それと思ったのは、作品を自分の方に引き寄せて読むのではなくて、作品の方に歩み寄らなければならないということ。そこに書かれているがままを受け入れ、味わわなければならないというか... 絵画的な美しさが感じられることもあって、まるで静まりかえった美術館で絵画を眺めているような気分になりました。 (みすず書房)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「海の上の少女 シュペルヴィエル短篇選」シュペルヴィエル へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは。
この本、私も大好きな本です^^
そして、たくさんのお話が入っているこの本で、好きなお話は「海の上の少女」と「セーヌから来た名なし嬢」・・・えらぶお話まで私とおなじだなんて、うれしくてゾクゾクしてしまいます!あともうひとつ、私は「牛乳のお椀」も好き(・・・とブログには書いてました。笑)

>作品を自分の方に引き寄せて読むのではなくて、作品の方に歩み寄らなければならないということ。
わあ・・・この本はたしかにそうかもしれませんね!
そんな四季さんの読みとり方、とてもすてきです♪(うっとり)

ことりさん、こんにちは~。
わあ、ことりさんもお好きな本でしたか!
しかも、この2つの作品が特にお好きだなんて。(嬉)
あ、「牛乳の碗」も好きですよ~。すごく印象に残る作品ですよね。
それも書こうかと思ったぐらいです。結局書きませんでしたが。
やっぱり、いいなと思うものが似てるんですね♪(うふふ)
でもあの牛乳ね、なんで壜じゃダメだったんでしょうね?
そういうものなのねと一度は納得したのですが、やっぱり気になります。(笑)

いやん、そんなすてきだなんて。(照)
なんというか、感情移入をするより、そこにあるままを愛でたいというか… って変?(笑)
とっても素敵な本ですよね。読んで良かったです♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.