「オーランドー」ヴァージニア・ウルフ

Catégories: / / /

 [amazon]
高貴な英国貴族の広大な屋敷に生まれ育ったオーランドー。エリザベス一世と血縁であり、大層気に入られていたオーランドーは美しく成長して宮廷に出仕。領地や屋敷、ガーター勲章を賜り、女王行幸の際には必ずお供することに。しかしロンドンの宮廷で出会ったロシアの姫君との恋愛、そして破局の後、オーランドーは屋敷に戻って読書に耽り、数多くの劇や詩を書くことになります。

文庫本の裏表紙の説明に

オーランドーとは何者? 36歳の女性にして360歳の両性具有者、エリザベス1世のお気に入りの美少年、やり手の大使、ロンドン社交界のレディ、文学賞を受賞した詩人、そしてつまりは... 何者? 性を超え時代を超え、恋愛遍歴を重ね、変化する時代精神を乗りこなしながら彼/彼女が守ってきたもの。...

とあるので、SF作品なのかと思って読み始めたんですが、全然そうではありませんでした。(良かったー) むしろ歴史小説ですね。でもオーランドーはエリザベス1世(1533-1603)の時代に生まれて、20世紀になるまでずっと生き続けることになるんですけど、時代はオーランドーが執筆に没頭していたり、7日間ほど目覚めないといった状態の間にごく自然に移り変わっちゃうし、周囲のメンバーもそのままなので、その時代時代の風物や流行が入れ替わるだけ。ごく自然な流れの話として読めてしまうほど。オーランドーがそれらの時代の移り変わりの生き証人となっている物語とは言えそうですが。

その300年以上に渡る時代の流れが何を表しているかといえば、オーランドーの家のモデルとされるサックヴィル家人々の歴史であり、ヴァージニア・ウルフと同時代のサックヴィル家の1人娘、そして女流作家となったヴィタ・サックヴィルの生涯なのだそうです。少年の頃のオーランドーや、まだ男性で大使をしていた頃のオーランドーの肖像画、そして女性となった後のオーランドーの写真が出てくるんですけど、その写真はヴィタの写真だし、肖像画はヴィタの祖先の肖像画とのこと。(どれも同一人物としか思えないほどそっくりですよー)
そしてこの300年は、エリザベス朝以降の英文学の流れも表しているのだそう。この英文学の流れがまたとても面白いんですよね。大学の英文学史の授業で名前を習ったり実際に作品を読んだ詩人や作家が次々と~。エリザベス朝の文学は、女性とは無縁で、シェイクスピアの劇のヒロインも演じたのは少年たち。そして男性に生まれたオーランドーが突然女性になってしまったのは、エリザベス朝が終わり、英文学に女性が登場するようになった17世紀末頃。確かにとても意図が感じられますね。
そしてオーランドーは男性の時も女性になってからも、名前は変わらずオーランドー。私としては「狂えるオルランド」(シャルルマーニュ伝説に出てくる騎士・ローランと同一人物)が真っ先に思い浮かぶんですが、やっぱりその線が濃厚のようで~。この作品でオーランドーの恋のお相手となるロシアのお姫様のポートレートは、ヴァージニア・ウルフの姪のアンジェリカのものだそうだし。アンジェリカといえば「狂えるオルランド」に出てくる異国のお姫さま! ほかにも色々な含みがあるみたい。作品そのものもすごく面白かったんだけど、そういう色々なことを教えてくれる訳者の杉山洋子さんによる解説「隠し絵のロマンス -伝記的に」もとても良かったです。(ちくま文庫)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「オーランドー」ヴァージニア・ウルフ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さん、こんにちは。

映画の「オルランド」しか見ていません。
白い魔女ことティルダ・スウィントンがタイトルロールです。
監督はサリー・ポッター。

不思議な感覚の映画だったので、
また見てみたいのですが、レンタルショップに置いてあるかしらん。

原作も読んでみたくなりました。

追伸:またお邪魔します。今年もよろしくお願いします。

きゃろるさん、こんにちは。
わあ、映画の「オルランド」もあったんですねー。
と思ったら。
クウェンティン・クリスプ! エリザベス女王役でしたか。
以前この人の本を1つ読んだことがあるんですが、ものすごく奇妙な雰囲気で
なんだこの人は…?と読みながらちょっと混乱したんですよ。
この人が出てるというだけで、映画が不思議な感覚だったの分かる気がします…
ティルダ・スウィントンは、ほんと白い魔女しか知らないんですが
実は幅の広い方なのかしら。私も見てみたいな。
きゃろるさんもぜひ原作を手に取ってみて下さい~。

こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いたしますね。^^

こんにちわ、はじめまして!つい先日映画版見て以来他の方のレビューを探しながら、ここに辿りつきました。ウルフの原作本は大昔に読んだ覚えがあるんですが、久しぶりに紐解いてみたくなりました。オルランド・フリオーゾとの関連や英国文学史の流れなど実に奥深い。映画のサウンドトラックでも時代とともに移り変わる音楽様式が分かり面白かったです。

sarahoctavianさん、はじめまして!
映画を観られたのですねー。私も観たいなと思いつつ、なかなか果たせていません…
ティルダ・スウィントンがすごく良かったようで!
確かに彼女のあの雰囲気は、貴婦人でも貴公子でもらくらくこなしてしまえそうです。

オルランド・フリオーゾ… わあ、原作を読んでらっしゃる? 確かオペラにもなってるんですよね。
音楽でたどる300年の歴史というのも楽しそうです。やっぱり観てみたいー。
DVD、再発売してくれるといいのですが。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.