「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ

Catégories: /

 [amazon]
1985年に、ハーヴァード大学で6回の講義をすることになり、カルヴィーノが選んだ主題は「次の千年紀に保存されるべきいくつかの文学的な価値」。カルヴィーノの急逝により、その講義が実現することはありませんでしたが、これは事前にカルヴィーノが書き上げていた、6回のうちの5回分の講義の草稿を本にしたものです。

以前カルヴィーノの「なぜ古典を読むのか」を読んだ時に、題名通りの内容は最初の1章だけで、後はバラバラの文章の寄せ集めなんだなあーとちょっとがっかりしてた時に、overQさんがこっちの本の方がまとまった文学話になってますよ!と教えて下さった本。それから随分時間が経ってしまいましたが、ようやく読めましたー。

カルヴィーノが21世紀の文学に必要だと考えていたのは、「軽さ」「速さ」「正確さ」「視覚性」「多様性」。この5つのキーワードを通して、ギリシャ神話やオウィディウス、ルクレーティウスといった古代の文学から20世紀の文学までを考察しながら、カルヴィーノの目指してきたところを示しつつ、それが同時に21世紀以降の文学への提言ともなっている論です。こういうキーワードで文学を考えるのって、斬新だし面白いですね。これは案外文学以外にも広く通じるキーワードなんじゃないかしら。そしてこの本から感じられるのは、文学に対するカルヴィーノの真摯で愛情たっぷりの態度。
どれも面白かったんだけど、一番印象に残ったのは最初の「軽さ」かな。常々カルヴィーノの作品には、身ごなしの軽さを感じてましたしね。そんなカルヴィーノが小説を書き始めてすぐに気づいたのは、小説の素材となる様々な出来事と、文章を活気付かせる軽妙さの間に大きな隔たりがあるということ。それからは常にこの重さ、とりわけ物語の構造や言葉から重さを取り除こうとしてきたといいます。ここでの「軽さ」とはもちろん軽薄さではなくて、思慮深い軽やかさ。文章に取り付いて世界をじわじわと重苦しく不透明にしてしまう重さから逃れるためには、別の視点、別の論理、別の認識と検証で世界を見直さなければならないというんですね。カルヴィーノが作家として発表した1作目が、パルチザンでの体験を元にしたという「くもの巣の小道」ですものね。そういった経歴の持ち主だということも、大きな要因なんでしょう。
書かれていなかった6回目は「一貫性」になるはずだったようです。これはメルヴィルの「書記バートルビー」に触れる予定だったということしか分かってなくて... もう読むことができないなんて、とっても残念。(朝日新聞社)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.