「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

Catégories: /

 [amazon]
夏も終わったある日。るるこはおねえさんと一緒に隣町のおばさんのところに遊びに行くことになります。その時るるこがかぶろうとしたのは、大好きなむぎわらぼうし。でもおねえさんは、もう夏も終わったし、そんなむぎわらぼうしをかぶって行くなら、るるこのことは連れていかない、と言うのです。

もろりんさんに教えていただいた絵本。伊勢英子さんも竹下文子さんも大好きなのに、特に伊勢英子さんの本は全部読みたいと思っていたのに、なんとなくしばらく遠ざかってしまっていて、読むのは久しぶりです。
今は夏といえば暑いというだけで、早く秋になってくれないかなーなんて思ってるだけなんですが、子供の頃の夏のわくわくを思い出すようなお話でした。そして夏の終わりの時のあの微妙な感じも。そうそう、夏の終わりを感じる頃って、なんだか物寂しくなるんですよね。帽子もなんだけど、夏服が仕舞われてしまうのを見るのがなんだか寂しくて。特に子供の頃って毎年のように成長するから、お気に入りだった服もどんどん着られなくなっちゃうし。
そしてこの本では、いつもの伊勢英子さんの絵とはタッチが少し違うと聞いてたんですが、ほんとに違う! びっくりしながら読んでいたら、そこにいきなり目の前に現れた夏の海。お日さまの陽射しが眩しくて、波や水しぶきがきらきら光ってる、まさに夏の海。ああ、やっぱり伊勢英子さんの絵は素敵だなあ。(講談社)


+既読の竹下文子作品の感想+
「風町通信」竹下文子
「木苺通信」竹下文子
「星とトランペット」竹下文子
「窓のそばで」「星占師のいた街」竹下文子
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ

+既読の伊勢英子作品の感想+
「ルリユールおじさん」「絵描き」いせひでこ
「旅する絵描き パリからの手紙」伊勢英子
「グレイがまってるから」「気分はおすわりの日」伊勢英子
「マキちゃんの絵にっき」「ぶう」伊勢英子
「カザルスへの旅」伊勢英子
「はじまりの記憶」柳田邦男・伊勢英子
「1000の風 1000のチェロ」「雲のてんらん会」いせひでこ
「空のひきだし」いせひでこ
「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ
「大きな木のような人」「ルリユールおじさん」いせひでこ
「にいさん」いせひでこ
「ざしき童子のはなし」「よだかの星」「風の又三郎」「水仙月の四日」宮沢賢治・伊勢英子

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「むぎわらぼうし」竹下文子・いせひでこ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんばんは♪
読書メーターのほうではありがとうございました(^_^)

むぎわらぼうし、さっそく取り寄せて読んで下さったのですね。
嬉しかったです。
ルリユールおじさんの絵も素敵だけれど、
こちらの絵のタッチも力強くてまぶしくって、いいですよね~。

子供の頃はじめて海に行ったとき、空気も海も全部がまぶしく輝いていて、
ガラス細工の世界に来たみたいって思いました。
この絵本のいちめんの海のページをひらいたとき、
そのときの情景がよみがえってきて、言葉がでなかったです。

四季さんは竹下文子さんの作品、色々読まれているのですね^^
リストを参考にさせていただいて、私も読んでみたいと思いました♪

そして「小鳥たちが見たもの」という本もとても気になっています。
なんだか手に取るの、どきどきしてしまうんですが。。。

もろりんさん、こんにちは!
こちらこそありがとうございましたー。
この本を登録してるのって、私ともろりんさんだけなんですね。(笑)

>子供の頃はじめて海に行ったとき、空気も海も全部がまぶしく輝いていて、
>ガラス細工の世界に来たみたいって思いました。

ああ、すごくよく分かります。あの眩しい感じ。
今回絵のタッチが違うのにはびっくりしましたけど
この力強いタッチで夏の圧倒的な感じが伝わってきて、すごく良かったです~。
海で遊んだ後、秋に移り変わる辺りもとても素敵でしたし。

竹下文子さんのお話も良かったですよね。
この方の作品、きっともろりんさんお好きだと思います~。
なかなか入手が難しいのも多いんですが、ぜひ読んでみて下さいね。
そして「小鳥たちが見たもの」もぜひぜひ。
激しく動揺してしまったんですけど、それだけ心を揺さぶる作品だと思います。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.