「カレワラ タリナ」マルッティ・ハーヴィオ編

Catégories: / / /

 [amazon]
フィンランドの国民的叙事詩・カレワラ。これは「イーリアス」と「ラーマーヤナ」と並ぶ世界三大叙事詩の1つでもあります。でも紀元前8世紀半ば頃にホメロスが作ったとされる「イーリアス」や、紀元3世紀頃にヴァールミーキが書いた(編纂した?)「ラーマーヤナ」とは違って、今読める「カレワラ」は、19世紀にリョンロットという人が様々な伝承歌謡を採取して、1つの物語となるように並べたもの。だからストーリー的には、「イーリアス」や「ラーマーヤナ」にやや劣るという欠点もあるんですね。私は好きなんですけど、なんでこれが世界三大叙事詩とされてるのかは、ちょっと疑問...。同じヨーロッパ圏から選ぶなら、例えば「古エッダ」「ニーベルンゲンの歌」辺りの方が妥当な気もするんだけど。
フィンランド人にとって「カレワラ」とは、カンテレという楽器の伴奏に合わせて吟唱するものなので、散文では書かれることはなかったそうなんですが、20世紀になって元ヘルシンキ大学教授のマルッティ・ハーヴィオ博士が「カレワラ物語」としてのカレワラを出版することになります。その訳がこの本。「タリナ」とは物語という意味なんだそうです。私は以前にきちんと叙事詩として訳されてる岩波文庫版の「カレワラ」を読んでるので、本当は散文訳は読まなくても良かったんですけど、でも北欧文化通信社の活動を応援する意味でも読んでみることに~。
ということで、カレワラを読むのはこれが3度目。(絵本を入れれば4度目・笑)
岩波文庫版に比べると、どうしてもかなり簡易版になっちゃってるし、私が大好きな「事物の起源」を唱えることによって魔法をかけるという部分もすごくあっさりしちゃってて残念なんですけど、それだけに頭の整理や復習にはぴったり。まとまりが良くて、とても読みやすかったです。これはカレワラ入門に最適かも。そしてカレワラ入門といえば、岩波少年文庫でも最近「カレワラ物語」というのが出てるんですよね。もしや「カレワラ」人気の兆候が?! そちらは岩波文庫と同じ小泉保さんの訳。これを読むまでは、「カレワラ物語」の方はいいやって思ってたんですけど、そちらもやっぱり読んでみたくなってきちゃいました。どう違うんだろう。同じような感じなのかしら。
あと、カレワラを題材にシベリウスが多数作曲していて、そちらもなかなか素敵です。(北欧文化通信社)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「カレワラ タリナ」マルッティ・ハーヴィオ編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

はじめまして。偶然「カレワラ タリナ」を本日購入しました。以前、第三文明社から出ていたものを読んでいたので実質的には再読です。・・・多少、改訂されているようなのですが、あまりそんなにかわっていないような。

岩波少年文庫の「カレワラ物語」は読みましたが、若干「カレワラ・タリナ」の方が格調が高い気がします。カレワラは10年前に出版150周年で、日本でも記念冊子や岩波文庫の久々の復活などもありましたが、残念ながら日本での人気はイマイチのようですね。

はじめまして! コメントありがとうございます。
わあ、レグルス文庫の時の「カレワラ タリナ」も読んでらっしゃるんですね。
それほどの改訂はなさそうでしたか… それを伺うとなんとなく安心します。(笑)
そして、岩波少年文庫版も読んでらっしゃるのですねー。
こちらの方が格調が高そうとなると、岩波少年文庫版はもういいかなという気もしてきますが…(笑)

でもね、岩波少年文庫版が出たことで、興味を持った方もいるみたいなんですよね。
やっぱりそちらも読んでブログで感想を書いて、知名度アップに励むべき?!なんて思ったり。
いえ、別にどこの回し者でもないのですが。(笑)

こんにちは。
岩波少年文庫「カレワラ物語」は未チェックでした!
早速買ってこようと思います。

フィンランドではさすがにカレワラ大人気なんですけどねー。
カレワラを題材にしたヘヴィメタル作品もあるくらい。
曲名も「トゥオネラの白鳥」とかつい顔が綻んでしまいます。

カレワラがケルト神話と違って人気がないのは,
ケルト神話における井村君江さんのような存在がいない為だと思います。
宣伝者の重要性を感じさせます。

森山さん、こんにちはー。
わわ、森山さんのチェックから漏れていたとは思いもしませんでした。
思わぬところでお役に立てたようで嬉しいです。^^
これ、去年の11月ぐらいに出たんですよね。
同じ岩波少年文庫の「北欧神話」は構成がちょっと面白かったし、
こっちの「カレワラ物語」も何か趣向が凝らしてあればいいのになと思うんですが
岩波文庫の訳の小泉保さんなので、正統派路線なんでしょうかね、やっぱり。

カレワラのモチーフでヘヴィメタルとはびっくり! そうなんだー。
「トゥオネラの白鳥」ですか。と聞いて今想像してるのは「天国への階段」なんですが…(笑)
もっとハードな感じの曲なのかしら。

確かに宣伝者は必須ですね。もしくは北欧(ゲルマン)神話におけるワーグナーみたいな存在か。
フィンランドと聞いても北欧神話?って思う人の方が圧倒的に多いはず
私もブログで感想を書いて、微力ながら宣伝に努めることにします。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.