「彼方なる歌に耳を澄ませよ」アリステア・マクラウド

Catégories: / /

 [amazon]
1779年、55歳でスコットランドのモイダートから新世界へと渡っていった男がいました。それはキャラム・ムーア。ケープ・ブレトンに行けば土地が手に入るというゲール語の手紙を受け取っていたのです。航海中に妻は病死するものの、12人の子供たちと長女の夫、そして犬は無事に新大陸に辿りつきます。そして「赤毛のキャラムの子供たち」と呼ばれる子孫たちが徐々に広がっていくことに。そしてその曾孫のさらに孫の時代。矯正歯科医をしているアレグザンダーは、かつては誇り高い炭鉱夫だったのに今は酒に溺れる兄・キャラムを週に一度訪ねるのを習慣にしていました。

寡作なアリステア・マクラウドの唯一の長編。短編を2冊読んで、この長編を読んでいるわけなんですが、短編の名手と言われるだけあって長編よりも短編の方がいいのかしら、なんて思いながら読んでたんです。長編好きで短編が苦手の私にしてはちょっと珍しいんですが、短編の方が読みやすかったし。でも最後まで読んでみると、やっぱりいいですね。色んなエピソードがいつの間にかその情景と共に脳裏に刻み込まれていたのを感じました。これがアリステア・マクラウドの底力なのかも。

スコットランドからカナダへとやって来たキャラム・ムーアとその子供たち。そして幾世代を経てもそれと分かる「クロウン・キャラム・ムーア(赤毛のキャラムの子供たち)」の一大叙事詩。語り手となっているのは、現在矯正歯科医をしているアレグザンダー。彼も双子の妹も今は裕福な暮らしを送ってるし、「ギラ・ベク・ルーア(小さな赤毛の男の子)」なんて呼ばれた頃の面影はあまり残ってません。ゲール語も理解するけれど、祖父母の世代にとってのゲール語とはまた違うし、ハイランダーとしての彼らは失われつつあるんです。時が流れているのを実感。でも読んでいると、まさに「血は水より濃し」だと感じさせられられる場面がとても多くて。
一族のルーツとその広がりを描くことによって、キャラム家の持つ底力と言えそうな強さや、歓び、哀しみが滲み出してくるみたい。何度か登場する犬のエピソードのような、情が深く真っ直ぐながらも不器用なその生き様。そしてやっぱり読んでいて一番印象に残ったのは、犬のエピソードですね。特にスコットランドからカナダへと向かおうとする彼らを追いかけてきた犬の話。あとは一働きしてくれた馬に燕麦をやる話とか... あと好きだったのは、まるで正反対の気質を持つ父方の祖父と母方の祖父のエピソード。2人とも本当に素敵だったなあ。(新潮クレストブックス)


+既読のアリステア・マクラウド作品の感想+
「灰色の輝ける贈り物」アリステア・マクラウド
「冬の犬」アリステア・マクラウド
「彼方なる歌に耳を澄ませよ」アリステア・マクラウド

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「彼方なる歌に耳を澄ませよ」アリステア・マクラウド へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

こんにちは。
この本、夕べ読了したのですが、まだなんだか余韻でぼーっとしている感じです。よかったです~。
わたしも短編が好きだったので、長編どうかなあと思ったのですが・・・ほんとアリステア・マクラウドの底力ですねえ・・・
一族の物語に圧倒されました。
それから、そうそう、犬の話も、馬に燕麦も、わたしも印象に残っています。そして二人の祖父の関係、ほんとに素敵でした。
アリステア・マクラウド、3冊読んでしまって・・・もうおしまい?と思ったらなんだか寂しくなってしまいました。

ぱせりさん、こんにちは。
これ、いいですよねえ。
読んでる時は、なかなか作品の中に入れなくて苦労したんですが
読み終えてみると、読んでる時に思ってもいなかったほど鷲掴みされたのに気づきましたよ。
途中で諦めなくて良かった!(いや、かなり危なかったんです、実は)
私がこの本を読んでから3ヶ月ちょっと経つわけなんですが、今でも全然色褪せてないのがすごいです。

でもそうなんですよねえ。もうこれでおしまいなんですよね。
これ以上ないなんて、ほんと悲しいし寂しいです。もっともっと読みたかったですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.