「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
畑を分割しないことが鉄則の農家では、長男以外の息子たちにそれぞれ仕事を見つけることが必要。そして7番目の息子である父の、さらに7番目の息子のトムは、魔使いの弟子になることになります。7掛ける7の子には素晴らしい能力があるのです。とは言え、畑や村や町を悪い魔女や魔物から安全に保ち人々を守るという大切な仕事を果たしながらも、人に忌み嫌われる魔使いという仕事に胸中複雑なトム。そして師匠となる魔使いが迎えに来たのは、トムが12歳の春のことでした。トムはウォータリー通り13番地の幽霊屋敷での試験に合格し、魔使いとして本格的に学び始めることに... という「魔使いの弟子」とその続編「魔使いの呪い」。

いやー、面白い! 最初この本を探そうとした時「魔法使いの弟子」って検索しちゃったんですけど、「魔法使い」ではなくて「魔使い」というのがポイントだったんですね。魔女とか、ボガートみたいな魔物は存在するんですけど、魔使いはあくまでも「魔使い」。魔法なんて使えないし、魔女やボガートには魔法でも力でもなく、それまで培ってきた知識と経験を駆使して立ち向かうんです。例えば魔女を拘束するのに必要なのは銀の鎖。ボガートを拘束するには、巨大なオークの木のそばに決められた大きさの穴を掘って塩(ボガートを焼く)と鉄(邪悪な力を失わせる)を混ぜたものを穴の内側に満遍なく塗り、穴の中に血を入れた皿を置いておびき寄せ、ボガートが穴の中に入ったところを分厚い石板(もちろんこの裏にも塩&鉄は塗ってある)ですかさず蓋をするという仕組み。1作目を読んだ時にそんな簡単にいくのかしら、なんて思ったりもしたんですが、私の疑問は早くも2作目の序盤で解決されてました。他にも誰か同じことを思った人がいたのかしら。(笑)

「魔使いの呪い」の解説が上橋菜穂子さんなんですが、その中でトムのことを「とても真っ当で、ぶれない」と書いてらっしゃるのを見て、ああ、ほんとその通りだなあと思いましたよ。最初、どの辺りで思ったんだったかしら... 「魔使いの弟子」で、師匠が「ボガートは何種類いると思う?」と聞いた辺りだったかしら。ほんと、真っ当。その真っ当さはおそらく作者の真っ当さなんでしょうけど。そしてその真っ当さが、話をよくある展開とはまた違った展開にしてて、それが面白いんですよね。そしてこのシリーズは「魔使いの秘密」「魔使いの戦い」へと続きます。そちらも楽しみ!(創元ブックランド)


+既読のジョゼフ・ディレイニー作品の感想+
「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー
「魔使いの秘密」ジョゼフ・ディレイニー

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「魔使いの弟子」「魔使いの呪い」ジョゼフ・ディレイニー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.