「六つのルンペルシュティルツキン物語」ヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデ

Catégories: / /

 [amazon]
「うちの娘は藁から金糸を紡ぐことができます」と言ったことが王様の耳に入ったことから、窮地に陥った貧しい粉屋の娘は、城の一室に藁の山とともに閉じ込められ、3度謎の小人に助けてもらうことに... というのはグリム童話のルンペルシュティルツキンの物語。しかし、そもそも金糸を紡ぐことができるのなら、粉屋は貧しいはずがないのです。そんなヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデの疑問から生まれた6つの「ルンペルシュティルツキン物語」のバリエーション。

なぜこの物語を書こうと思ったか、というまえがきからして面白いです。昔話というのは矛盾があるもので不条理なもの、と子供の頃から悟ってたし、そういうものとして読んでたんですが、改めてその矛盾点を突かれるととっても新鮮。なぜ王様と貧乏な粉屋が話をすることになったのか、金が紡ぎだせるというのに粉屋が貧乏なままなのを王様は疑問に思わなかったのか、金を紡ぐことなど出来もしないのになぜ粉屋は娘を城に送り出してしまうのか、小人は自分で金糸を紡ぎだせるのになぜ報酬として金の指輪とネックレスを受け取るのか、なぜ小人は子どもを欲しがるのか、なぜ名前当てゲームという小人が一方的に不利な取引をすることになるのか、などなど。
「ルンペルシュティルツキン」と同じパターンの「トム・ティット・トット」をファージョンが語りなおした「銀のシギ」は子供の頃に本を持ってましたが(祖母の家に置いてるので、今もありますが)、こんな風に一度に6つも読めちゃうというのがすごいです。基本ラインが同じである程度の枠があるからこそ、そのバリエーションに作者のセンスが出るし、違いが際立ちますね。6つの物語に登場するのは、賢い娘だったり馬鹿な娘だったり、人の言うことを聞こうとしない娘だったり、強引な娘だったり。それに合わせて王様や粉屋、そしてルンペルシュティルツキンの造形もがらっと変わります。そのバランスが絶妙なんですね。それぞれに可愛らしくて良かったんですが~、この6作品の中では私はロマンティックな「藁を金に」が一番好きだなあ。ルンペルシュティルツキンも一番素敵ですしね。でも「金にも値する」の王様の鮮やかな処理も皮肉たっぷりでなかなかカッコいいです。こういう王様って素敵。ふふふ。(創元ブックランド)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「六つのルンペルシュティルツキン物語」ヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季っちこんにちは~。
これは面白い試みの本ですね。
昔話なんてどれも、ご都合主義で突っ込みどころがあるものだから、
子供心にそういうものだと無理矢理納得することを覚えたものです(笑)
(実は、世の中の不条理を教えるのが昔話の役割だったりして)
多少想像力を働かせて、自分だったらこういう設定や展開にするのに~、
と考えるのもせいぜい1パターン。
それが6パターンも考えてしまうなんて。
疑問点をそのままにしておいては、何も生まれないってことですね。

細かいストーリーは忘れちゃったので、自分の感想を読み返したら、
私も「藁を金に」が一番気に入ってたみたい。
やっぱり主役はイケてるほうが楽しいですよね♪

sa-kiっち、こんにちは~。
ねね、そうですよね、そんなものだと思っちゃってるから
いまさら疑問なんて持たなかったんですけど
(確かに世の中の不条理を教えるのに役立ってるかも・笑)
そこで敢えて正面から向き直って考え直してみるのって新鮮ですよね。
それでこんな風に矛盾点をつぶしたお話を作ってしまうっていうのが面白いです。
しかも6つも!
こんな風なバリエーションだったら、案外思いつくかも?なんて思いましたが
考えるの自体は、ものすごく楽しそうですよね♪
でも明らかにセンスの良し悪しが出てしまうでしょうし…
そもそも最初に思いつくような人じゃないと作家にはなれないんでしょうね。(笑)

sa-kiっちも「藁を金に」でしたか~。
そうそう、やっぱり主役はイケてる方がいいですよね。
その方が想像してる方も楽しいです。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.