「喪失の響き」キラン・デサイ

Catégories: /

 [amazon]
1986年2月。10歳の時に宇宙飛行士を目指していた両親を失い、母方の祖父に引き取られた少女・サイは、17歳になっていました。母方の祖父は元判事で、引退した後は北ヒマラヤの高地にある古い屋敷に愛犬のマットと料理人と共に暮らす日々。修道学校をやめたサイは近所に住むオールドミスのノニに勉強を習い、やがてノニが科学と数学を教えきれなくなると、家庭教師・ギヤンに数学を習うことに。そんな暮らしにある日侵入してきたのは、判事の狩猟用のライフルを狙ってやって来たネパール系の少年たち。インド、ブータン、シッキムの境界はこの辺りでは曖昧で、ネパール系インド人たちは自分たちの国または自治州を求めて集団で暴動を起こしていました。

中心となる登場人物はインド人ばかりなのに、純粋にインド人らしいインド人がほとんどいないのに、まずびっくり。サラを引き取った老判事は、元々は農民のカーストの貧しい家の出身なのに、頭の良さでケンブリッジ大学に留学したという人物。イギリスにいる間は全然イギリスに馴染めなかったのに、帰国後はまるで自分自身がイギリス人みたいな振る舞いなんです。近所に住んでいてサラの家庭教師を引き受けたノニとローラの姉妹も、経済的に豊かで、特にローラの娘がイギリスのBBCにいることもあって、すっかりイギリス贔屓。そしてそれはサイにも受け継がれています。サイはインド人なのに中身は英国人みたい。インドについてほとんど何も知らないんです。両親と暮らしていたのはロシアだし、インドに戻っても修道学校に入ってたし、両親が亡くなってからは祖父の家に来て、食事も当然のように手づかみではなくナイフとフォークを使いますしね。英国風の紅茶は淹れられても、インド風のチャイの淹れ方は知らないし。老判事の家の料理人は、先祖代々白人に仕えてきたことを誇りにしていたので、勤め始めた時はインド人の主人を不満に思っていたほど。今はアメリカに渡った息子が自慢の種。でもその息子はアメリカに不法滞在して、ニューヨークの飲食店で働いてはクビになるのを繰り返し。周囲にいるのはアジア人やアフリカ人ばかり。インドの歴史に白人がしたことは分かっていても、それでもやっぱり白人に憧れてて、同じアジア人に差別感情を抱いていたりします。みんな欧米文化に対して屈折した憧れを持ってるんです。
それでも、そのまま何もなければ良かったんでしょうけど...
ネパール系インド人たちのゴルカ民族解放戦線(GNLF)の運動に巻き込まれたことが引き金となって、それぞれの不自然さが浮き彫りになっていきます。

「喪失」とひとことで言っても、この作品には色々な喪失が登場すると思うんですけど、一番印象に残ったのは「純粋なインド」の喪失でしょうか。インドは厳格なカースト制度のある国だし、そういう意味でも問題は色々あるんでしょうけど、最初はボタンを掛け違えていただけだっただろうと思うんですよね。でも他国の介入によって、気づけば取り返しのつかないところまで掛け違ってしまっていたという現実に直面させられます。ローラが娘に言ったように、インドは最早「沈みゆく船」で、「扉は永久に開いていない」ようです。
孤独な人々が孤独なまま寄り添って暮らしながら、本質的な孤独からは目を背けているみたい。未来に対する希望も何もないままなのも、綺麗事ではないインドそのままの状況を描いたと言えるのかもしれないですね。(ハヤカワepiブック・プラネット)


+既読のキラン・デサイ作品の感想+
「グアヴァ園は大騒ぎ」キラン・デサイ
「喪失の響き」キラン・デサイ

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「喪失の響き」キラン・デサイ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

喪失の響き(ハヤカワepiブック・プラネット) (ハヤカワepi ブック・プラネット)(2008/03/26)キラン・デサイ商品詳細を見る amazon... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは。
昨日はトラバが成功したところで、力尽きてしまいました。笑
これ、感想を語り合うのも、なんだか難しい作品(でも、他の人の感想は聞きたいんだけど)ですよねえ。

「純粋なインドの喪失」は、考えてませんでしたが、そうか~、確かにそうですよね。
でも、この混沌としたところがインドなんでしょうか。
遣り切れないところも色々あったけど、それでも最後は希望だと思いたいです。

あ、トラバに関して。
昨日、「片目のオオカミ」にトラバしたんですが、不発だったんです。
もしかしたら、四季さんから先につけてくださった奴だけ、通るのかもしれないです~。汗

つなさん、こんにちは~。
あ、力尽きましたか。いや、私もよくあります。(笑)
でもほんとこの作品って、他の人の感想も聞きたいんだけど、ですよねえ。
あらすじも書きにくいんだから、ましてや感想は。(笑)

純粋なインドって何なんでしょうね? や、あんなこと書いておいて何ですが。
でもね、今の混沌としたインドになる前は、そこには純粋なインドがあったと思うのです。
その姿はもう誰も覚えてないのかもしれないけど…
希望、感じたいですねえ。

おおー、「片目のオオカミ」読まれましたか。良かったでしょ!
って、つなさんの感想を拝見する前に言ってますけど。(笑)
あ、そうか、私が先にトラバすればいいかもなんですね! 後ほどやってみますね。
何度も不発だったのに、それでも試してくださってありがとうございます。(感謝)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.