「ソーネチカ」リュドミラ・ウリツカヤ

Catégories: / /

 [amazon]
兄に冴えない容姿をからかわれて育ったソーネチカは、幼い頃から本の虫。7歳の時から27歳になるまでの丸 20年間というもの、のべつまくなしに本を読み続け、やがて図書館専門学校を卒業すると、古い図書館の地下にある書庫で働き始めることに。そんなソーネチカがロベルトに出会ったのは、第二次世界大戦勃発後に疎開したウラル地方のスヴェルドロフスクの図書館でのことでした。それまでは一生結婚する気などなかった47歳のロベルトは、ソーネチカに運命を感じて結婚を申し込むことに。

主人公は、幼い頃から本が大好きで読んでばかりいたというソーネチカ。彼女がここまで自分のことを客観的に受け止められるようになったのは、本を沢山読んで育ったことに関係あったんでしょうか。13歳の頃の失恋も関係していたんでしょうか。もちろん元々の性格というのも大きいんでしょうね。でもここまで幸せな人生を送れたのはソーネチカだからこそ、というのだけは間違いないです。ロベルトとの結婚後に何度も「なんてこと、なんてこと、こんなに幸せでいいのかしら...」とつぶやくことになるソーネチカ。経済的には貧しくとも、どれほどの困難が先行きに待ち受けていようとも、今の状態に感謝して、周囲の人々にも愛を惜しまない女性。これほど精神的に豊かな女性って、なかなかいないでしょうね。修道院のシスターにだって、ここまでの女性はなかなかいないんじゃ...。そしてそれこそが、彼女の幸せの源。
そんなソーネチカに晩年降りかかった出来事は、他の人間には災難としか言いようのないものなんですが、ソーネチカにとってはそれもまた神に感謝すべきもの。こんな風に物事を受け止めることができれば、どれほど幸せか...。実際、ソーネチカの幸せな一生はソーネチカ自身が獲得したもの、と言い切ることができます。彼女には本当の強さがあるし、大きな愛情の持ち主には、おのずと大きな愛情が返ってくるものなのでしょう。幸せとは人にしてもらうものでも、人に頼ってなるものではなくて、自分自身でなるものだ、ということを改めて認識させられます。静かな余韻が残る幸せな作品です。(新潮クレストブックス)

| | commentaire(6) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「ソーネチカ」リュドミラ・ウリツカヤ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)posted with amazlet a » Lire la suite

 本の虫のソーネチカ。容貌のぱっとしない一人の女性の一生を描いた、リュドミラ・ウリツカヤ著『ソーネチカ』(新潮クレスト・ブックス)。物語は、第2次世界大戦... » Lire la suite

本の虫で容貌のぱっとしないソーネチカは、一九三〇年代にフランスから帰国した反体制的な芸術家ロベルトと結婚し、当局の監視の下で流刑地を移動しながら、貧しくも... » Lire la suite

Commentaires(6)

四季さん☆こんにちは
幸せは誰かに貰うものではなくて、自分が作るものなんですね。
頭では分かっていても実行するのは難しいです。(-_-;)
広い心を持つソーネチカに一歩でも近づきたいものです。

Rokoさん、こんにちは!
今朝はTBだけ送りつけちゃってごめんなさい。
コメントする時間がなくなっちゃって… さっき仕事から帰ってきました。

ソーネチカみたいになるのって、ものすごく難しいですよね。
やっぱり誰だって自分が可愛いですもん。
あんなことがあったら納得できないのが普通だし、そうでなかったとしても
自分に言い聞かせてようやく納得するのが精一杯じゃないかと…
それだけにソーネチカに憧れてしまいますね。

四季さん、こんばんは。
読んでから何年も経ってしまったけれど、
確かに覚えていることは、ソーネチカってすごい人!ということ。
本を読むことでそれが培われるのだったら、
わたしももっと本の虫になれば…なんて思ってみたり。
それから、ちょっとだけ「少女パレアナ」を思い出しました。
ポジティブですよね。生き様、考え方、物事への視点…
自分には無理だなと思うと同時に、彼女の人間的な魅力が光ります。

ましろさん、こんにちは。
本を読むというのは、人にとってどういう意味があるんでしょうね。
これまであまりにも当たり前のように本を読み続けてきてしまったので
改めて考えてみても、本が自分に及ぼした影響というのは分からないんですけど
でも何も残ってないはずはないですものね。(と信じたい)
私も本を読むことによって、少しは人間的に成長していればいいんですけど…!

「少女パレアナ」… ああ、確かに! このポジティブさが共通していますね。
ソーネチカのすごいところは、ゲームとして始めたパレアナとは違って
同じことをまるで意識せずにやってしまっていることでしょうかー。
幸せになるのに相応しい女性ですね。^^

四季さん、こんにちは♪
TBさせていただきました。

特に本好きの女性が読まれたら深く心に残る作品だと思います。

図書館での夫との出会いも本好きから結びついているので、ソーネチカは本に係わることすべてを前向きにとらえるようにしているのでしょうね。

一見おとなしくて控えめだけど凛としたところが魅力なんでしょうね。

本当にロシア文学っていつ以来だろう。
多分高校以来だと思います『罪と罰』
クレスト・ブックスに感謝しなくっちゃ。
そうそう、訳者の沼野さん『ペンギンの憂鬱』も訳してはるので楽しみです。

トラキチさん、こんにちは~。
TBありがとうございます♪

ほんと、本好きの女性としては(笑)深く心に食い込んでくる作品でした!
ソーネチカの本の読み方にもすごく親近感を覚えたし…
自分が本好きで良かったと思えるような作品ですね。
まあ、それで自分がソーネチカの境地に近づいてるかといえば疑問ですが~。
でも本を読むことによって、私も日々何かを得てると信じたいですね。

ロシア文学といえば、とにかく名前が長くて覚えにくいイメージですが
最近のはそうでもないみたいですね。有難いことです。(笑)
「ペンギンの憂鬱」もとても読みやすい作品でしたよ。
作風もね、もしかしたら親近感を持たれるんじゃないかしら~?
ぜひ楽しんでくださいね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.