「ピアノ調律師」M.B.ゴフスタイン

Catégories: /

 [amazon]
デビーは2年前に両親を亡くし、祖父に引き取られた少女。おじいさんのルーベン・ワインストックは世界一のピアノの調律師で、デビーもピアノの調律師になりたいと思っていました。しかしデビーのおじいさんは、デビーに世界一のピアニストになって欲しいと考えていたのです...

なぜおじいさんはそこまでピアニストに拘ってたのかな? 調律の仕事をしてるからピアノはとても身近な存在だし、地味な調律の仕事に比べて、ピアニストは華やかなイメージがあるんでしょうけど... おじいさんには調律の仕事の大変さがよく分かってるからこそだとしても、ピアニストには調律師以上に浮き沈みが激しくて大変な苦労が待ってると思うんですが。もしかしたらおじいさん自身が昔ピアニストに憧れてたのかな? 調律師になりたがるデビーにおじいさんは苦い顔。
でもデビーにとっては、ピアノを弾くことよりも、おじいさんのやってる調律の仕事の方がずっと魅力的。そりゃそうですよねえ。世界一の調律師のそばで、ずっとその仕事ぶりを見てるんですもん。私もピアノを調律してるのを見るのは大好き。子供の頃から、家のピアノの調律を飽きずに眺めてましたよ。なかなか時間が合わなくて見る機会はないのだけど、1年に1度は調律しなきゃいけないですしね。普段は隠されてるピアノの中を見られるというのもわくわくしたし、どんどん音が整っていくのもまるで魔法の技みたい。
もしかしたら、デビーにはまだ花開いてないピアノの才能があるのかもしれません。でもどんな才能があるとしても、「好きなこと」には負けますよね。「好きなこと=才能=仕事」なんて幸運な人は滅多にいないんだから、結局どれかを選ばなくちゃいけないわけで... そこで「好きなこと」を選べるというのは、ものすごく幸せなこと。

シンプルな絵もとても素敵。朝起きた2人が「フフフフーン」と今日の調子を確かめるのもいいな~。でも序盤で「今日は半音高いようだよ」なんて、既に調律師としての訓練が始まってるようにも見えるんですけど~。(笑)(すえもりブックス)

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ピアノ調律師」M.B.ゴフスタイン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 陰影のないシンプルな線に惹かれて手に取った絵本、M・B・ゴフスタイン著、末盛千枝子訳『ピアノ調律師』(すえもりブックス)。あたたかでやわらかで優しくて、... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季っち、こんにちは。
祖父と孫娘の二人暮らしってなんとなく殺風景なイメージがあるけど、
音楽があることで生活に潤いが感じられるのがいいですね。

おじいさんがデビーをピアニストにさせたいのは、
可愛い孫には裏方の仕事より、
スポットライトが当たって万人に認められる人生を歩ませたいんだろうなーと。
そして、やっぱりおじいさんも元々はピアニスト志望だったのかも、と。
たとえ有名じゃなくても知る人ぞ知るみたいな職人の仕事、
かっこよくて素敵だと思うんですけどねぇ。

親心(祖父心)と孫の夢が微妙にかみ合わないけど、
根底にはお互いを大好きな気持ちがあるというのが、
あったかい気持ちになります。

sa-kiっち、こんにちは~。
ほんと音楽があるだけで全然違いますね!
生活の潤いでもあり、2人の接点でもあり、ですね。

んんー、やっぱり段違いに華やかですものね。>ピアニスト
でも、あの作中のピアニストみたいになれれば素敵なんですけど
そんなのものすごく難しいわけじゃないですか。
才能がなければ容赦なく蹴落とされちゃうし。
元々相当の才能の持ち主で、しかもたゆまざる努力が必要でしょう?
可愛い孫にそんな苦労をさせたいの…? なんて思ったり。
それにそうなんですよね、職人の仕事もかっこ良くて素敵なのに!
でもおじいさんにとっては、自分の仕事の良さを
見つめなおす機会となって、それもまた良かったですよね。

うんうん、お互い大好きだからこそですよね~。
あったかくていいお話でした。^^
素敵な作品に出会わせて下さってありがとうございます♪

四季さん、こんばんは。
TB届いているでしょうか?

この作品、シンプルで大好きなのです!
タイトルもシンプル。画もシンプル。ストーリーもシンプル。
シンプルだけれど、伝えたいことがぎゅっと濃縮されている気がして、
しばしゴフスタイン作品にはまりました。
好きなことを仕事にできるって、素敵ですよね。
わたしもできることなら、そういう仕事がしてみたいものです。
でも好きなことはあくまでも趣味だからよいのかな…という気もします。
仕事が趣味になるのって、どんなだろう…?
それはさておき、ピアノの調律師って素敵な仕事だと改めて思いました。
出てくる道具のひとつひとつが、なんだかとってもいとおしくなります。

ましろさん、こんにちは~。
TB、届いてます! ありがとうございます。
ほんとシンプルなだけにストレートに伝わってくる作品ですね。
ゴフスタインの作品を読んだのは、今回初めてなんですが、
絵本なのにしっかり読み応えもあって、他の作品も読んでみたくなりました。

調律師の仕事も素敵ですよね~。元々ものすごく職人好きなのです、私。
職人の技が見れる機会があれば、すぐ夢中で見入ってしまうし
自分自身、どちらかといえば職人気質に近いと思ってて。
芸術家には到底なれそうにないですけど、職人にならもしかしたら…?(笑)

趣味を仕事にすることの難しさ、というのも確かにありますよね。分かります。
分かるんですけど… それでもやっぱり私は「好きなこと=仕事」がいいです。
好きなだけに、他のこと以上にしんどい思いをすることが多いかもしれないですけど
基本的に「好き」パワーで乗り切れると信じて… 甘いですかね?(笑)

でも実際、私の場合「好きなこと=仕事」か、その延長線上がほとんどなんです。
やっぱりね、楽しさとか遣り甲斐が全然違いますよ!
「仕事イヤ~行きたくない~」なんて、まず思わないですしね。^^

とは言っても。いくら好きでも才能のなさを痛感させられるタイプの仕事だとツラいかも…
やっぱりモノによりますかねえ?

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.