「仮面の大富豪 サリー・ロックハートの冒険2」上下 フィリップ・プルマン

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
1978年。ケンブリッジ大学での勉学を終え、今やロンドンのシティの金融界の心臓部に財政コンサルタントのオフィスを構えているサリー。その日、そのオフィスを訪ねてきたのは、引退した教師のミス・ウォルシュ。彼女はその前の年にサリーのアドバイスで海運会社への投資を行い、老後の蓄えの3000ポンドでアングロ-バルト海運会社の株を買っていました。その後アングロ-バルト海運会社は順調に業績を伸ばしていたのですが、わずか1年後、突然倒産してしまったのです。ミス・ウォルシュはこれは実は詐欺なのではないかという疑問を抱いていました。

サリー・ロックハートの冒険シリーズの第2弾。「マハラジャのルビー」から6年後。サリーは22歳になっています。写真家のフレデリックやジム・テイラーたちが周囲にいるのは相変わらずなんですが、状況的にはかなり様変わり... まあ、サリーに関しては予想通りなんですけどね。フレデリックは写真だけでなく探偵業にも手を出しているようだし、ジムは劇場の裏方として働きながら脚本家になろうとしてました!
前回よりもサリーが魅力的に感じられて、それが今回一番良かったかな。上巻では、サリーのところに持ち込まれた話と、フレデリックたちに持ち込まれた話が、当時大人気だったという降霊術も絡みながら、徐々に繋がりを見せていきます。そのほかにも、議会を通過したばかりの「妻財産法」なんていうのも絡んでくるし、労働者階級が中心となっていた前作とは違って今回は上流階級が絡んでくるのも面白いところ。ブラム・ストーカーの名前まで! そして下巻に入るとさらに物語の展開は速くなって、中盤から終盤にかけてば、まるで次々に引火して爆発していく爆弾のような感じでした...。私としては正直あまり嬉しくない展開だったりするんですけど、ま、面白かったです。
次の作品は3年後とのこと。25歳のサリーはどうなっているのかしら~。(創元ブックランド)


+シリーズ既刊の感想+
「マハラジャのルビー サリー・ロックハートの冒険」フィリップ・プルマン
「仮面の大富豪 サリー・ロックハートの冒険2」フィリップ・プルマン

+既読のフィリップ・プルマン作品の感想+
「黄金の羅針盤」上下「神秘の剣」上下 フィリップ・プルマン
「琥珀の望遠鏡」上下 フィリップ・プルマン
「かかしと召し使い」フィリップ・プルマン

| | commentaire(4) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「仮面の大富豪 サリー・ロックハートの冒険2」上下 フィリップ・プルマン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

物語りから受けるイメージと↑このイラストからのイメージの乖離が数少ない不満だな前作以上に江戸川乱歩風を強く感じさせてくれるし読み応え感が強いのは1個人では... » Lire la suite

 ここまでは、本書の物語が始まる前の話。本書の物語は、サリーが顧客の訪問を受けるところから始まる。サリーが薦めた投資先の海運会社の貨物船が沈没し、その後会... » Lire la suite

Commentaires(4)

はじめまして^^

今私ちょうど「マハラジャのルビー」を読んでいるんです♪
たまたま感想に行き当たり参考にさせていただきました^^
続編もおもしろそうですよね♪♪

とってもいろいろな本を読まれているので、
その他の感想も、とても参考になります♪

またお邪魔させていただきます^^

ふぅらわさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。^^

「マハラジャのルビー」も面白かったですよねえ。
そしてこちらは、さらにパワーアップ?!という
なかなかすごい展開なんです。ぜひ読んでみてくださいね。

参考になりそうですか? それは嬉しいです。
ふぅらわさんは、特にどんな本がお好きなのでしょう。
またお気軽に遊びにいらしてくださいね。^^

こんにちは、YO-SHIです。

この本を読みました。文字通り、爆発するような
ストーリー展開でしたね。
そして、ちょっと不満と喪失感が残る展開と結末。
個人的には、ローザに活躍してほしかったなぁ。
次回作に期待ですかね。
 

YO-SHIさん、こんにちは。

今回はすごかったですよね!
なんでこんなことになっちゃうんだろーと思いつつ
最後まで目が離せない展開でした。
次回こそは、ローザが出るといいですね。
でもね、彼があんなことになっただけに
ここはもう彼女が出るしかないと思うのですが…
どうなるんでしょうか?!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.