「ホフマン短篇集」ホフマン

Catégories: / / /

[amazon]
今まで会った人物の中で一番風変わりだったのは、H町のクレスペル顧問官。学識があり経験豊かな法律家で、有能な外交官でもあり、ヴァイオリン製作にしても超一流。しかしその奇行ぶりは、常に町中の人々の噂の種になっていました... という「クレスペル顧問官」他、全6編の短編集。

「黄金の壷」がどうもすっきりしなかったホフマンですが、こちらは面白かったです。「黄金の壷」はモチーフ的にはとても好きなはずなのに今ひとつだったのが我ながら解せないんですが...。(その後他のバージョンで読んだら面白かったです! 訳が合わなかっただけみたい)
訳者池内紀さんによる解説「ホフマンと三冊の古い本」に、ホフマンの作品ではしばしば鏡や望遠鏡が重要な小道具として登場するとありました。そして「砂男」の「コッペリウス」と「コッポラ」という2つの名前は、どちらも「眼窩」を意味する「コッパ」からきているとも。確かに気がついてみれば、鏡や望遠鏡だけでなく、目玉や眼鏡、窓といったものが、ホフマンの作品では常に異界への扉のように存在してます。その異界に待っているのは「死」。でもその「死」は物質的な冷たい死というよりも、幻想的な詩の世界への生まれ変わるためという感じ... 現実的で常識的な人々にとっては、狂気と破滅にしか見えなくても、そちらの世界に足を踏み入れた人にとっては、それは理想郷なんですよねえ。そしてホフマンは、そのどちらの世界でも生きた人なんですね。だからホフマンの作品の結末には、ちょっと異様な雰囲気を感じさせられることが多いんだろうな。ホフマンの描き出す幻想的な情景はとても美しいんですが、それは薄気味悪い不気味さと紙一重。
どれも面白かったんだけど、私が特に気に入ったのは、山の鉱山の幻想的な情景の美しさが際立っている「ファールンの鉱山」。これはどこかバジョーフの「石の花」のようでもありました。...なんだかんだ言って、幻想的な情景に惹かれてしまう私です。そして「砂男」は、バレエ「コッペリア」の原作となった作品なんですね。でもストーリーはかなり変えられていて、「砂男」の狂気を秘めた悲劇は、すっかり明るく楽しい喜劇となっちゃってます。同じ作品とは思えないわー。(岩波文庫)


+既読のホフマン作品の感想+
「クルミわりとネズミの王さま」ホフマン
「悪魔の霊酒」上下 ホフマン
「黄金の壷」「スキュデリー嬢」 ホフマン
「ホフマン短篇集」ホフマン
「黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ」ホフマン

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ホフマン短篇集」ホフマン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは。ちょっとお久しぶりです☆

ホフマンと「見る」こと。
小説は、誰がその出来事を見ているかってことが、すごく重要ですよね。
語り手…視点人物である、何者でもない、第三者。
小説の書き方、方法論はつねにその存在=非存在に思いあぐねてきたようなもの。

物語が口頭で語られる場合は、その語ってる当人(=うそつきw)がまさに「語り手」。
出来事を「見てきたように」語ればいい。
見てきたように語ることができればできるほど、「いい嘘のつき手」(by村上春樹)となれます。
口承の世界では、語り手は物理的に存在します。

でも、小説という、印刷術が生み出した、新しい語りのジャンルだと、そうはいかない。
むしろ、黙読する読み手こそが、語り手と同一化してしまうという、奇妙な現象が起きます。

思うんですが、映画が登場して、この難問に決着をつけたような気がします。
映画のカメラは、その出来事の現場に存在しながら、けっして映像には映らない。
…「その場にいないこと」になっている。

たぶん、これが、小説がずうっと探していた究極の視点。
不可解なことに、映画のほうが、形式的には、小説よりも理想的な小説とさえいえる。
これは、写真が絵画に与えたのと似たような、巨大なインパクトを小説に与えたと思います。
…なんというか、そのことをはっきり意識するのが、怖くてできないような(゚ー゚;
以降、(本場ヨーロッパの)小説は「内面」(=精神分析)に向かわざるをえなくなっていく。
20世紀初頭の「意識の流れ」とか…小説の語り口がすごく難解なものになっていったのは、そのせいだと思う。

小説のカタリ…印刷物のカタリに再び力を取り戻すには、ホフマンとポーはすごく重要な存在。
ホラー、ファンタジー、SFという、「営業的に」今も成り立つ小説の元祖です。
日本だと、戦前の江戸川乱歩の語り口がすごくホフマンに近くて、その観点から、もっと注目されるべきだと思っています。

乱歩も、「見る」ことにこだわった人。
ホフマンや乱歩の主題は「のぞき」でした(笑)
「のぞき」こそ小説の究極の視点=カタリ。
その場にいながら、その場にいない(ことになってる)人。
乱歩は、「のぞきからくり」とか、「人間椅子」とか、「屋根の穴からのぞく散歩者」とかを執拗に描いた。
あるいは、変装して、その場にいないはずの人物を、その場にしのびこませる。
明智小五郎は、じつは二十面相の変装の、ひとつのバージョンなんだと思ったりします(~_~;)
ほんとは、でも、すべてを「見る」存在としての神が、究極の名探偵なんですが。

そう、「探偵」という視点人物。
ホームズでも明智でも金田一でも、事件の現場にいながら、事件そのものには係わらない人。
存在(事件)の外側からそれを観察して、謎を解く。
つまり、小説というジャンルが生み出した存在=非存在が探偵。
「のぞきの天才」であり、神なんです。

ホフマンとポーが、探偵小説の元祖といっていいと思います。
探偵を、存在じゃなく、不在にしてしまえば、それは神秘となって、ホラーやファンタジーになる。
そこでは、「犯人」はつかまらず、むしろ「謎」となって、神(探偵)と区別のつかない魔になる。
そして、神と魔のあいだの闘争…どっちつかず…という形で、カタリのサスペンスが持続されます。

また、探偵を事件の内部にめりこませると、神であり人であるような存在=非存在としての、悩める「人間」を描くことが可能になる。
ハードボイルドがまさにそうで、あのジャンルがフォークナーやヘミングウェイのような20世紀文学に深く影響したのは、マーロウやスペードら、視点人物の「在り方」のせい。ハムレットのようだもの。
そうそう、シェイクスピアが、文字として読まれるようになって、その価値が「発見」されたのは、あの語りが小説的だったからです。源氏物語もそうだと思います。

…あー、なんかまた、長くなっちゃいました。
この続きは、うちのブログで記事にしますわね(* ^ー゚)ノ
まあ、これでほとんど、説きつくせてるかなあ。
小説というジャンルは、ひとつのサイクルを終えていて、このあと、その灰の中から生まれるであろう鳥は、べつな姿かたちをもった生き物に違いないです。
言葉とヒトが切り離しえない関係にある以上、文芸とか文学とかいうものは、ヒトが生きる限り、つねに更新されていくはず。

overQさん、こんにちは~。
実はホフマンはまだイマイチ分かってなくて(読み込み不足)
ホフマンの作品を現代にそのまま持ってくると、何かものすごく肝心なもの、
当時なら何もしないでも読み手に伝わっていたはずのなのに、現代の読者には
あまり伝わらないまま終わってしまってる部分があるんじゃないかと思ってしまうんですが…
確かに乱歩は覗き見ることにすごく拘ってますね。
初めて「屋根裏の散歩者」を読んだ時は衝撃的だったし…
それほど沢山読んでないんですが、他の作品も確かに常に覗き見てるなあって思います。

実は私「信用できない語り手」というのをちゃんと意識したのってかなり最近なんです。ここ2~3年。
一度それに気がついてしまうと、何をそんなに信用してたのか不思議になるほどなんですが
ほんと気がついてみると、この世の小説には「信用できない語り手」がいっぱい潜んでいるんですね。
なーんて言ってる私みたいな読者がいるからこそ、簡単に語り手と同化してしまうという
奇妙な現象があちこちで起きてしまうわけなんでしょうけど。(笑)

映画でもヒッチコックの「裏窓」みたいに視点を逆手に取った作品もありますけど
あれは逆に小説の手法を取り入れたって感じなんでしょうか。
小説に映画的手法を取り入れた作品もありますけど、そのほとんどはかなり客観的な作品のような気がする…
確かに「存在しない」というのが、映画ほど理想的に行われてる例って他になさそうですね。
観客は自動的に客観的な立場として設定されるんですもん。
登場人物に感情移入はしても、同化はしない。

名探偵=神というのは、ほんとその通りですね。
神こそが、その名探偵の出した真相を事実だと決められる人でもあるわけで。
でも

>探偵を、存在じゃなく、不在にしてしまえば、それは神秘となって、ホラーやファンタジーになる。
>そこでは、「犯人」はつかまらず、むしろ「謎」となって、神(探偵)と区別のつかない魔になる。

これは全然考えたことありませんでした。でも考えてみると確かにその通りですね… す、すごい。
うわー、目からウロコです。

続きの記事、楽しみにしてますね。この話、overQさんの1つのテーマでもありますよね。^^
口承文学から、文字に書き残す文学になって、そして映画が登場して。
次に灰の中からよみがえる不死鳥は、どんな姿をしてるのでしょうか?
(あれ、それは既に不死鳥ではないのかしらん)

あ、でも世界最古の推理小説は「オイディプス王」だと思います。^^
この場合、探偵=神ではありませんが。探偵=犯人=目撃者、かな?

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.