「ポイズン」上下 クリス・ウッディング

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
黒の湿地帯の奥深く、水生植物が鬱蒼と茂る暗くよどんだ沼の上にあるガル村に住んでいたのは、ポイズンという名前の少女。ポイズンの家は沼の端の小屋で、一緒に暮らしているのは父親と継母のスナップドラゴン、そしてまだ幼い妹のアザレア。そして年に1度の「魂見の夕べ(ソウル・ウォッチ・イブ)」の日。ポイズンが雪のようなきらきら光る粉のせいでぐっすり眠らされている間に、妹のアザレアがベビーベッドから攫われていたのです。攫ったのはスケアクロウ。後には妖精の取替え子(チェンジリング)が残されていました。ポイズンは妖精王から妹を取り返すために村を出ることに。

かつては人間の王国だったこの世界も、今や妖精族やゴブリン、トロールがあちらこちらに点在し、人間が森や沼地、山の中に隠れ住むようになっている時代の物語。物語の始まりは、よくあるような妖精物語なんです。主人公のポイズンは、「毒」という名前を自分でつけてしまうような少女。自我が強く好奇心が旺盛で、妹のアザレアが攫われたのをきっかけに外の世界に出て行くことになる少女。読み手は、一筋縄ではいかないポイズンに最初は反感を持ったとしても、物語が進むにつれて徐々に感情移入して... というパターン。でもこれは、妹を無事に取り戻してめでたしめでたし、という物語ではないんです。
途中で、3度ほど「もしや」と思った部分が本当にその通りで、逆に驚いたというのはあるんですが... それでも定石通りには収まらない物語に最後までわくわく。これはもうネタバレなしに語るのは難しいんですけど、物語が好きな人ならこういうことを考えたことはあるんじゃないですかね? 私自身、自分がなんとなく思い描いていた物語をそのまま本にしてもらえたような感覚でしたし。でもごく普通の妖精物語を読みたい人には、この作品はあんまり向いてないのかも...。YAのレーベルから出ている作品なんですが、むしろ大人のレーベルから出してもいいぐらいかも。個人的な好みを言えば、こういう構造の物語は大好きです。この作家の他の作品も俄然読んでみたくなっちゃいました。面白かった!

この作品挿絵もすごく素敵なんです。全ページの下にペン画(だと思う)の挿絵がずーっと入っていて、それがまた作品世界の雰囲気を盛り上げてました。この絵を描かれたのは橋賢亀さんという方で、サイトも見つけました。→コチラ。ひかわ玲子さんの「アーサー王宮廷物語」(感想)も荻原規子さんの「ファンタジーのDNA」(感想)も、菅浩江さんの「ゆらぎの森のシエラ」も、表紙はこの方が描かれてたんですかー。知らなかった! カラーと白黒とでは、ちょっと雰囲気が変わりますね。白黒の方が小悪魔的な魅力が強くなるような気がします。(創元ブックランド)


    

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ポイズン」上下 クリス・ウッディング へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.